フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

音楽

2011年11月20日 (日)

荒井由美を聴く

此方では昨日から今日の昼過ぎまで、雨が降り続いた。何というか、強くは降らないんだけども。しとしと小雨というよりも、雨の方も結構本気で。ジャカジャカ降らせて頂きましたよ、ええ。と、いうような雨だった。
11月も中旬を過ぎて、師走まであと10日余りとなればこんな雨は「冷たい雨」ということになるのだろうか(実際はそんなに寒くなかったのだが)。冷たい雨といえば、いま、何故だか(妻がレンタルCDをコピーしただけだが)通勤途上の私の車の中は「ハイファイセット」のCDが流れていたりする。この中に「冷たい雨」があって、何度も歌詞を聴くうち、なんだか憤慨してくるのだった。・・と、ここで強引に今日のテーマに持って行くのだけれど。

ユーミンこと、荒井由美(名義)のヒット曲で、いろんな歌手がカバーしている。知らない人のためにその歌詞を要約する。

冷たい雨
<ちょっとした諍いがあって、冷たい雨の中、街をさまよった彼女は、もうそろそろ許してくれてもいい頃だろうと、彼の部屋に戻った。そして、ドアを開けると、そこには、な、なんと、彼の靴と、誰か知らない赤い靴があったのだ・・。>

まあ、なんですね。いくらフィクションの歌詞だとしても、端的に言うと「ひどい男がいたもんだな」という感想がすぐに浮かぶ。女ひとり、冷たい雨に打たれて・・町をさまよう・・。ということは。今日みたいに2日間降り続くということもあろうかと思う。が、しかし、彼女は「もう許してくれてもいい頃」だと思ったというから、彼との事の発端は、恋人同士のありがちな、そんなに大した問題では無かったはずだ。ということは、その日のうちに部屋に戻ったんであろう、と推察されるのだ。

ところが、あろうことか。その男はもう既に、赤い靴を履いた女を、部屋に連れ込んでいるのだった。何ということだろうか。そういうことだったのか。
そもそも、赤い靴の女の子は、異人さんが連れってしまうものだ。
だいたい二股かけるにしても、どこか他の場所で浮気の相手と逢瀬を楽しんだ方が良かろう。私はそう思う。もし、これに憤慨した彼女が、ラジオかテレビの「人生相談」にこの問題を持ち込んだとしたならば。

「彼女、電話切らずにそのまま待っててね」と、(みのもんた)みたいな司会者が言い。

「あんさん、そんな男、別れてしまいなはれ」と回答者が言うような事案である。きっと、そうだと思う。

「だけど信じられない・・」と彼女は述懐するのだが、信じられないどころか、これはテレビとかが、近所の人にインタビューし「そういえば昨日、夜中に男女の争う大きな声が聞こえたんですね」と隣に住む住人が証言する、ちょっとした事件になり、この後、新聞の社会面にもそのことの顛末が記載される事態に発展しても決しておかしくないと思う。・・などと、この歌をボヤいてしまったけれど(笑)。真剣に読んでは駄目ですよ。ヒマ、ヨタ記事ですからね。


70年代よく聴いた、荒井由美の詩は「海を見ていた午後」なんか、今でも素晴らしい、と個人的的に思ったりする。

>坂を上った山手の「ドルフィン」

って、私は行ったことがないけれど。

>静かなレストラン

だそうで。

>晴れた日には「三浦岬」も見える

眺望が素晴らしいし。

>ソーダ水の中を貨物船が通り

これなんか、言えませんよ、アータ。

>紙ナプキンにはインクがにじむから

うんうん。

>忘れないでって、やっと書いた

・・そうかあ。と、ここでジーンとする。

主人公のモノローグみたいだが、実はその場面を俯瞰している。
つまり、映画のワンシーンなのですね。映画監督として詩を書いているような。
今さらながら、彼女は天賦の才に恵まれている人だなと思う、今日の雨の日だった。

2011年5月21日 (土)

写真

高校時代にポール・サイモンの「ひとりごと」というLP!アルバムを購入した。ポール・サイモンのソロアルバムだ。
特にS&Gが好きだったわけでもないし、自分でも今となっては理由はサッパリわからない。

(There Goes Rhymin' Simon)

Kodachrome:

エンディングでデキシー風のアレンジがされていてなかなか凝った曲だ。このアルバムはその他にも私が好きな(Take Me To The Mardi Gras )という曲でデキシー風アレンジがなされている。

なぜだか、この歌が最近頭の中で浮かび上がる。「ママ、ドント、テイク、マイ、コダクローム、オウエイ」と英語が苦手な私でも発音がハッキリ聞きとれる。ベットの下に隠していたエロ本を、母親が掃除する時に発見されてしまい、きちんと揃えて布団の上におかれていたこと。ふと、そんな気恥かしい青春を思い出す。

それは自分で撮影した「ナイスブライトカラー」でもないし「サマーズグリーンサニーデイ」のきれいな写真でもないけれど、時に思春期の少年の入って欲しくない領域に立ち入る母親という存在。それが共通な体験として感じるからだろうか。

ニコンのことをアメリカ人は「ナイコンカメラ」と言うんだとか。そんなことを考えながら聴いていた。

余談だが、Rhymin’というテーマを、のちに日和見漫画家弘兼憲史の嫁ハンになる「東京ラブストーリー」の漫画家・柴門ふみが新人の頃「ライミン・フーミン」という単行本を出している。彼のファンだから柴門(サイモン)なのかどうか知らないけれど。

2011年2月18日 (金)

温故知新とはいいますが

ナニゲにテレビ(スカパー)をつけると、90年のモントリオールジャズフェスティバルにおけるライオネル・ハンプトンっていう人のコンサートライブを見た。

馬鹿にされるのを承知で白状するが、音楽に無知な私はまったく知らない人だった。番組説明を見ると世界的なビブラフォン奏者だ、とのこと。自身のビッグバンドを率いてのステージだ。

これがエンターテイメントに徹していてホント楽しいステージですっかり見入ってしまった。しかもジャズに疎い私でもいつか耳にしたことがあるスタンダードばかりですんなり入っていける。

ハンプトン氏は1908年生まれで、この当時82歳だったそうで、ビブラフォンは立って演奏するのがシンドかったのか後半はドラムを演奏していた。だが歌って踊っての精力的なステージは、お歳を考えてもエンターテナーとしてのこだわりを感じた。

この人はドラムの演奏も素晴らしくて、打楽器奏者というのはこいうものかとも思えば、その後調べるとルイ・アームストロングとの共演がきっかけでドラマーからビブラフォンを演奏するようになったとか。アームストロングで有名な曲を演奏していたのもなるほどとうなずける。

Mack The Knife

Sweet Jorge Brown

Sing Sing Sing

It’s a Wonderful World

こう書くととタイトルを知ってました風な、生意気なもの言いだが、一生けんめいメモしました(笑)。でも曲そのものは何度も聴いていて脳裏にこびりついているものばかり。

とくに、“Mack The Knife”なんて曲は何度も聴いているがタイトルを初めて知った(恥)。そういえばこの曲、ウチにあるジャズのオムニバス盤CDに入っていた。この人で有名でしたね。「死体」などが出てくる歌詞なのに、その明るいメロディがアンバランスで印象的です。

エラ・イン・ベルリン完全版(+4)

エラ・フィッツジェラルド  Wikipedia

(引用はじめ)

エラ・フィッツジェラルドは1917年4月にヴァージニア州ニューポート・ニューズに生まれ、ニューヨーク州ヨンカーズで成長した。内縁の関係であった両親は彼女の誕生後間もなく関係を解消している。母はエラを連れて別の男性とニューヨークへ出た後、妹をもうける傍ら、彼女を孤児院に預けた時期もあった。さらに14歳の時には母が心臓発作で死亡し彼女は孤児となった。

境遇の劣悪化にともない、学業への関心は薄れ、やがて売春宿マフィアの下働きをするようになる。警察による補導や少年院送りを繰り返しながら、ホームレス生活をし 辛酸を味わう。

(中略)

晩年のエラは糖尿病により盲目となり、1993年には手術で両足を切断、表舞台から距離を置く。1996年6月15日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで死去。亡骸はロサンゼルスにある、イングルウッドの墓地に埋葬された。

(引用ここまで)

こうやって、そのことがきっかけで「ジャズの巨人」たちをいろいろと調べると音楽そのものだけじゃなく、その人となりや「壮絶」という表現が良いのかどうか分からないが、その激しい人生にも思いを馳せる今日この頃だった。

2011年2月11日 (金)

臆面

「君の瞳に恋してる」と訳した人には素直に敬意を表するのです。

Can’t Take My Eyes Off Of You

なかなか言えません、「君の瞳に恋してる」なんて。
あなた言えます?実際に女性の前で。

ま、偏屈な私に言わせると、「そんなことを臆面もなくシャーシャーと言えるのは稀代の結婚詐欺師かなんかだろよ」という身もフタもない言い方になってしまうのですな。

ところでこの唄、私は82年にヒットした曲を聴いて好きになったのですが、調べますと原曲は67年にフランキー・バリーという人が作ったそうですね。知らなかった。知らなかったついでにもうひとつ。私はついさっきまでクインシー・ジョーンズ作曲・プロデュースだと思っていて(汗)。

まあ、それはともかく。当時のディスコ調にアレンジされたノリの良いテンポとメロディーが好ましい曲であります。長らく民放の占いコーナーで流されていたことでも有名です。

このユニットは3人ですが、おそらく想像するところいわゆる「企画もの」なんでしょうか。今も活動してるんでしょうか、してないでしょうねえ。
しかし後ろでコーラスとダンスを担当しているオトコ二人がなんとも言えず。

私にはその振り付けやポーズがなんとなく、山上たつひこの「喜劇新思想体系」に出てくるマッチョ男を思い出させるのですね。

2010年12月27日 (月)

哀愁する

正月用にいも焼酎「黒霧島25度 紙パック」を購入。
焼酎はアルコール度数25度という商品が多いけれど、以前に38度という、いも焼酎をを飲んだことがある。これぞ「いも焼酎」という感じで、すこぶる旨かったなあ。・・正月用といいながら、すでに飲んでしまった。あと、姉から貰ったエビスビールがあるので来年の正月はリッチだ。

関係ないけど、久しぶりにCDを購入。小野リサの「コンプリート・ベスト」
寒い今こそ、ボサ。ここ何日かテレビを見ず音楽を流した。

一般テレビの「雑音」とは違い、音楽を流すと薄汚れている我が家の部屋も違う空間になったように感じるのが不思議。テレビをつけても音楽専門チャンネル。・・で、音楽関連。

スカパーのミュージック・エアを何の気なしに見ていたら、2005年に行われた野口五郎の35周年ライブをやっていた。野口五郎を別に見たくはなかったが、番組解説を見れば「あの、サンタナも認めた、ギターテク」とあった。
それはともかく、その後サンタナの「smooth 邦題(恋はメラメラ)」が始まる。なんとなく「哀愁のヨーロッパ」が聴きたくなる。

理由は定かではない。
私の場合、この曲はしたたかに飲んだ後ふらつく足でさまよった大阪の夜を思い出す。

チョ―キングがたまりません。

2010年10月 9日 (土)

トートツに懐メロ

この曲が流行った1971年は日本はイケイケの状態で。もうオリンピックをやったし、進歩と調和の万博もやっちゃいました、文句ある?もはや戦後ではない・・一億総中流なんていう言葉に踊らされていた時期。

マチャアキの声が若いですね。スパイダースで三枚目路線だった彼が解散後ソロになり、二のセンの歌を唄いヒットしました。
今回、作詞が北山修だったというのを初めて知った。

ワタシャ、高一の夏、この歌を口ずさみながらチャリンコでガッコに通ってましたな。ヤローばっかのガッコに行ってたせいか、女子高生とすれ違うと自意識が過剰に反応し、どういう態度を取ればいいのか困惑するばかり。

どういう態度も何も、道路を通行しているだけなのにバカじゃね?とは言えないところが、ウレシハズカシ思春期のなせる技。しかしガキだと思って侮ってはいけない。その視線は彼女の顔だけ、しっかり確認しているのであった。その子がかわいい子だったりすると、もう大変である。「俺のこと好きになったりして・・」などと妄想モードに突入するのですな。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

あくる日、道路わきで人待ち顔の彼女。そこへ私がやってくる。
「あの・・、これ・・、読んでください」と手紙らしきものを差し出す彼女。見るとかわいいイラスト付きである。

ぶっきらぼうに「え、あー」と受け取り、立ち去るオレ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

なんて、ありえないことばっかりが頭の中に渦巻いている時代でありましたな。あー恥ずかし。

「さらば恋人」でして「さらば変人」ではありません。

2010年8月 2日 (月)

若い輝きが懐かしい

もう暑くて。

懐かしい音楽でもどうでしょう。

♪薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて

海に向いたテラスでペンだけ滑らす・・・

なんか、いいですなあ。

普段、地を這うような生活なもので、自分に有りようがないシチュエーションに憧れます。

2010年2月19日 (金)

ちょっと、いっぷく

まだまだ寒い日が続きます。

東京は今月の雪日が過去20年間で最多だったそうですね。

こちらでは平野部には、少し降った程度で積もりませんでした。

038

熱燗でキュッといきたいですな。

ところが日本酒が苦手でして、もっぱら焼酎のお湯割りでございます。 

いいですね、こ、こんな酒場で御主人と語り合いながら酒を飲む・・、

居酒屋紀行か(笑)

2009年12月22日 (火)

クリスマスウイークですか

柄でもないですし、クリスチャンでもないので関係ないけれども、世間ではクリスマスで盛り上がっているのですかね。

いつから、クリスマスウイークなんて言い方が。

しかしありゃ、子どもと若い人のイベントですな。

ウチではなーんもしません。イブの夜は鍋物か?(笑)

せめて、ブログだけでもクリスマスらしく、なんて。

ナット・キング・コール   The Christmas Song

2009年12月14日 (月)

今日はこんなとこで

 いつも拙ブログにお立ち寄りありがとうございます。

 なんとなく、なんだかなあという気分でして。

 今日はYou Tubeの映像でも張りつけて、お茶を濁すことにいたします。

 歌っているGONTITIは珍しいので。

 こんな平和な雰囲気も良いですか。

 冬ですけれど。

 

より以前の記事一覧