フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2009年9月21日 (月)

ギター弾きの恋

 前に見た映画だが、昨日の夜風呂に入りながら、ふと、思い出したので、忘れないうちに書いておこう。

「ギター弾きの恋」

監督:ウディ・アレン

主演:ショーン・ペン

1999年 アメリカ

自称、世界で二番目に上手いギタリスト、エメット・レイ(ショーン・ペン)の少し破滅型の人生を描いた秀作。

「悪ガキという感じのショーン・ペンの印象が一変した作品で、なぜか印象に残っている。なんというタイトルだったかな、と思いだして、ググった次第。
主人公は架空の人物だが、彼が世界で一番上手いと尊敬している実在した天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの時代。良い映画です」

<ジャンゴ・ラインハルト&ステファン・グラッベリ>

改めて、ハンディを乗り越えた彼の素晴らしい演奏は驚愕。

2009年8月13日 (木)

最近お気に入り CSI―マイアミ

 自民党と官僚、大企業、経団連の国民収奪策の地デジテレビ移行なんて一切無視の我が家では、今現在スカパーを契約していて、ほとんど地上波は見ていない。ブラウン管テレビ25型にスカパーチューナーを接続しています。
エコポイントを利用して、液晶大画面テレビ購入の余裕もかませず、この制度を利用した人たちにだけ恩恵を与える自民党に、改めて怒りが倍増してくるのは、チョット横に置いといて。

 スカパーで最近お気に入りのテレビ番組の話を。
最近、AXNで放送している「CSI:」シリーズに、はまっています。
ご存知の方も多いだろうけど、CSI:はスピンオフドラマを含めて3作品が現在放映中で「CSI:科学捜査班」と「CSI―マイアミ」「CSI―NY」とあるが私のお気に入りは、CSI―マイアミ。今AXNではシーズン5をやってる。

 まず、あのなんだろ、映像の美しさは。空気感がほかの作品とも違う。例えばNYや本家のCSI:科学捜査班とも。
本当にマイアミってあんなに色がデフォルメされているのだろうか?空の色も木々も海の色も日本では考えられない色調なのです。行ったことないから分からんけど。一応、S端子で接続してる我が家の貧相なテレビでも奇麗に見えるんですね。夕暮れなど、空いちめんオレンジ色で、ほんとかよと思ってしまうほど。編集で着色してるんだろうか。まさかね。

 そんな美しい街で繰り広げられる残忍な殺人事件。それに立ち向かう科学捜査班のリーダー.。熱い男ホレイショ・ケイン。変わった名前で、初めは保冷車がどうしたこうしたなんて、何を言ってるんだ、と思っていたらそれが名前で。
その男が抑えの利いた話し方で「自分がやったことを忘れたのか?」などと容疑者を追い詰める。カッコいいのだ。少し内またで銃を構える独特の恰好もしびれますね。

 このドラマを見だしたのは、ここ2~3か月前で、全然知らなかった。
「知らなかったで済むのか?」と、ホレイショに言われそうですが(笑)。

 映画「フォレストガンプ」の隊長役でおなじみ、ゲイリー・シニーズ主演のニューヨーク舞台の「CSI―NY」も好きだが、やはりマイアミかな。
また、AXN放映で、この作品のプロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーの「コールドケース」も好みです。