フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2013年1月 2日 (水)

本年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

相も変わりませず、駄文を書きなぐっていくつもりですので、よろしければお付き合い下さいませ。

さて、5年目に突入いたしました拙ブログ。
ここ最近、このココログでは政治ネタばかりやっております。初めはそんなつもりじゃなかったのに、いつのまにやらこんなことになっています。

独り言みたいなモノや周辺雑記をグダグダと書いていたのですが、派遣時代にリーマンショックが起こり、当時勤めていた会社(ありていに言えば、「ルネサス」ですがね(笑)、ここ最近、経営不振が起きた時には、こう言っちゃ悪いけれど、胸のつかえが下りましたわ、いやホント。本音を言いますけれど)奴らに首を切られ「コノヤロー!」と労働問題に目覚めて、私自身が無理やり労働組合を結成。解雇撤回を求めて団交を繰り返しましたが、結局上部組織・連合(あんな御用組合に頼んだのが間違いだった)の指導の下に休業補償の支払いと有給休暇取得の際に不利益になるような扱いの是正を求める労働審判を起こし。で、スズメの涙の解決金を受け取っておしまい・・・、といった(前フリが長いな)辺りから急に、政治ネタに移行していった訳です。

で、周辺雑記や趣味の話なんかは別ブログのアメブロ(アメーバブログってチャラチャラして嫌なんですけれども、それをこのココログも真似しているようでなんだかなあ、と思っているんですがね)で書いていますので、よろしければこの「偏西風にのって」のマニアの方(そんな人がいるのか)はゼヒ寄ってらして下さいませね。なんだ結局宣伝かよ、とお思いの方。
いえ、見るのは無料ですから。宣伝というのは当てはまらないかと(笑)。

ああ、そうそう。
冒頭の労働問題との関係で言えば(だいたい労働問題を扱ったブログ記事って人気ないんですよね、サッパリ。人はみな何かしら、労働してるってのに)ここ15年で民間労働者の平均年収がこんなにも落ちている、という事実をお伝えして、年頭のごあいさつに代えさせて頂きます(って、なんの挨拶なんだか。しかも今回、ト書きが多いし)。

Photo

2012年7月 5日 (木)

【画像保管】鹿児島県指宿市山川地熱発電所

Cimg1133_2

鹿児島県指宿市山川町・温泉熱利用製塩所跡

Cimg1135

今も温泉が勢いよく噴き出ている。

Cimg1136

<近接する九州電力山川地熱発電所・遠景>

いぶすき☆観光☆ネット 山川地熱発電所より

山川の伏目地区にある山川地熱発電所は、平成7年3月運転を開始しました。クリーンエネルギーとして注目される地熱発電ですが、山川町にある地熱発電所は、県内で第1号、九州で3番目、全国では7番目に建設されました。地熱発電は、地下2,000メートルから2,500メートルの地点にある貯留層から高温の蒸気を取り出し、タービンを回転させて発電させる仕組みとなっています。山川の地熱発電所は、出力3万キロWで、約1万5,000世帯の家庭の電力を賄うことができます。

以下の理由にもよる、が、国策として原発ありきなんだろう、と思う。

http://www.lohasclub.org/1000/1300/1306.html

LOHASマーケットINDEXより

日本は、資源量として2347万kW、世界第3位の地熱資源量を保有していながら、設備容量では
世界第8位に止まっています。火山も多く、地熱開発の技術水準も高い日本で地熱発電がそれほ
ど盛んでないのは、候補地となりうる場所の多くが国立公園や国定公園に指定されていたり、温
泉観光地となっていたりするため、景観を損なう発電所建設に理解を得にくいことも一因となっ
ているという。
※(2012年2月、環境省の検討会で開発が規制された国立公園などの一部の地域については
  公園の外などから斜めに井戸を掘ることを条件付きで認める基本的な考え方を示した。)

2011年10月31日 (月)

TPPに関連しての「ある事情」― 備忘資料 (住友化学 モンサント)

ネットから得た情報、資料として保管しておく。

住友化学(PDF)

農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について

住友化学、および同社の米国での農薬開発・販売子会社であるベーラントUSA社は、このほど、米国の大手種子・バイオ・化学メーカーであるモンサント社との間で、農作物保護(雑草防除)分野における長期的な協力関係の構築について合意し、契約を締結いたしました。

この契約締結は2010年10月20日に発表された。
住友化学は経団連の米倉会長が会長を務めている。

次に、モンサント社の記述があったニュース。

Democracy Now!

ドイツのボンに集まった約80人のライトライブリフッド賞受賞者たち中に、カナダの農民パーシー・シュマイザーの姿がありました。受賞理由は、生物多様性と農民の権利を守るための勇気ある行動、すなわち巨大バイオ企業モンサントに対して戦いを挑んだダヴィデのような行動です。その発端は、隣家が育てていたモンサントの遺伝子組替えナタネの花粉が風で飛ばされシュマイザーの畑に混入し、50年かけて改良を重ねた自家開発の品種品種を汚染した事件でした。取り返しのつかない損失に打ちひしがれるシュマイザーに追い打ちをかけるように、モンサントは自社のGM種子を無断で栽培したとしてシュマイザーを特許侵害で訴え賠償金を要求したのです。あまりの理不尽と傲慢なやり方が彼を奮い立たせ、農民の権利のための戦いが始まりました。シュマイザー夫妻の戦いの記録を通じて、モンサント社と遺伝子組換え産業の危うさが浮き彫りになります。
(一部抜粋)

(太字は管理人による)

Democracy nowは動画あり。

2011年3月31日 (木)

東電はカネも汚染するそうで

グーグルニュースを見てると「東電のカネに汚染した東大に騙されるな」と題して純丘曜彰という人の記事が目を引いたので紹介いたします。

(引用開始)

http://www.insightnow.jp/article/6430

寄付講座だけで、東電は東大に5億円も流し込んでいる。一方、長崎大学は、その買収的な本性に気づき、全額を東電に突き返した。水俣病のときも、業界団体は、東大の学者を利用して世論操作を行い、その被害を拡大させてしまっている。いま、同じ愚を繰り返してはならない

中略

いままた、同じ愚を繰り返すのか。「核燃料70%の損傷」を、燃料棒292本の7割、204本のそれぞれにほんの微細な傷があるだけ、などという、アホな詭弁解説をまともに信じるほど、いまの国民はバカではない。なんにしても、テレビで口を開くなら、まず、東京電力から受け取った黒いカネを、全額、返してからにしろ。

 テレビもテレビだ。公正、中立、客観を旨とする以上、解説を学者に頼むなら、原発賛否両方の学者を公平に呼べ。調べるプロなら、連中のウラ事情ぐらい調べておけ。

(引用ここまで)

この人は大阪芸大の教授にして、哲学者でクリエイターで小説家という方だそうで、ウィキによると「社会システムとコミュニケーションに関する論争の延長線上において、ハイデガーの存在論すら主観的認識論であるとし・・」と、ワシャさっぱり分からんけれども、そんなエライ人が書いてるブログ記事が本当に分かりやすい。

まあ、自分の頭で考えることを放棄した国民には東大ブランドが絶大な力を発揮するんでしょうね。ゼニで言論を買うというか、学者の批判を口封じさせるために企業は寄付講座なんてものをするんでしょうかね。5億円とは膨大な額です。しかし、つっ返した長崎大学はエライ!と単純なこの私は感動してしまう。

これって、テレビの通販コマーシャルなんかで、健康器具みたいなものをナントカっていう大学の先生が「運動を始めよう、という人には、手軽で安全ということは言えます」とあたりさわりのない、『ワシはカネのために言ってます』、という図式とほとんど変わりませんね。

2011年2月26日 (土)

カンさん、本当に「勝手に行った奴」なんて言ったんですか

本人は否定している。だからその真偽のほどは闇の中、みたいな話です。
ムバラク退陣で混乱の極みにあったエジプトで邦人約500人が空港で足止めを食った。

その時、我がスッカラカンソーリはスイスのダボス会議の出席ため政府専用機を使用しました。だけど、外務省が邦人の移動便宜のため専用機使用を打診したところ、カンソーリは「勝手にいった奴をなぜ助けるのか」と怒ったとか?

なんだか、この話。チラ見したけど、ネットでもカンカンガクガクやっていましたね。私の感じでは、官僚の自作自演マッチポンプ内部告発臭もプンプンしていて限りなく怪しい話ではあるんですね。だって、官僚が「いいひと」を演じているし(笑)。

週刊朝日の記事によるとそういうことだ、みたいな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

週刊朝日 3月4日号

  • エジプト騒乱で菅首相がキレた
    「邦人救出よりも自分の外遊」
  • ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    まあ、当然首相側は全否定しているそうですけれど。
    そらそうだわなあ。あのコイズミの「なんでそういう所へ行くのかねえ、自己責任!」と同じ話になってしまう訳でして。

    イラク大量破壊兵器があるんです!テロとの戦い!と「自衛隊が行く地域が非戦闘地域なんです」などとたわごとを弄し、今度は民間人が人質になれば「そんな危ない所へ行くのは自己責任だ」
    非戦闘地域じゃなかったのかよ。

    国家や権力者なんてものが責任を回避するための「方便」でしかない「自己責任」。弱い個人に責任転嫁するための「自己責任」。ま、こんな話は当時のネットで散々語られたことでしょうし、このへんで止めにしますがね。

    拙ブログでもボロクソにスッカラカンと貶している。

    しかし、私自身も以前は支持していた人なので、ちょっとだけ、もうほんの少~しだけ、私の中に残っている或る思いに、これが本当なら・・、あまりにも酷い変質ぶりにカンさん本人に訊きたいくらい。あなた本当に(勝手に行った奴・・)なんて言ったのでしょうか?ウソだと言ってくだされ。

    ・・あ、ウソだと言っているんでしたか。

    ただ、記事のソースとカンソーリ自身、その両方を疑いながら慎重に判断する必要がある、ということでしょう。
    これもいわゆる政治不信の表れだと思いますな。ここでも所詮政治家なんてそんなもん、とゆーね。

    2011年1月 7日 (金)

    マスゴミ傲慢体質露呈

    きれいごとばかり並べ、実は強欲新自由主義の手先・浅否新聞が、またもやエラそうにゴタクを並べていますな。広島市の秋葉市長が退任会見を開かずにYOUTUBEにコメントを投稿した。それについて気に入らないようで噛みついている。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.asahi.com/politics/update/0105/OSK201101050127_01.html

    民主党の小沢一郎元代表が動画配信サイト「ニコニコ動画」の番組に出演するなど、既存のメディアと距離を置く政治家が目につく。この傾向について、橋元良明・東京大大学院教授(コミュニケーション論)は「編集されたり、批判的なコメントを加えられたりすることを嫌がる権力者に都合のよい手法」と分析。さらに、「国際的に関心の高い問題をめぐる投稿は、ほぼリアルタイムで翻訳されている現状もある」と世界につながるネットに期待をかけた可能性も指摘。「既存メディアのフィルターを通さず、直接伝えようとする政治家は今後増えていくのではないか」と予測する。

    (太字部分筆者)

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    ・・と、ニュースで舌鋒鋭く(笑)、秋葉市長を批判。生中継で会見の模様を伝えろというのは、それこそ当事者の偽らざる気持ちだろう。マスゴミがテメーの都合の良いように編集したりカットしたりされ、それがあらぬ誤解を生むことだってあるのだろうが。

    私も秋葉さんのオリンピック誘致は反対ですが、だからと言ってここまで悪しざまに書くかな。

    それを言うにこと欠いて、お得意の小沢批判を織り交ぜて、わざわざ小沢氏の名前を使うという姑息な報道ぶりをみると、浅否は主筆のフナバシが辞めたぐらいでは腐った部分が取り除けないほど、芯まで腐りきっているんでしょうな。

    仮に記者会見を開いたところで新聞紙上でも小さな扱いであったり、テレビの放映枠に入らなかったり、あるいはまったく報道しないことだってあるだろが。
    それを「報道の自由」だ、報道するかどうかは「報道機関の裁量」だ、などとまったくもって我田引水手前味噌な記事ばっかり書き殴っているくせにどの口がそんなことを言うのだろうか。

    このニュースで取りあえず切っておいて、更に返す刀で社説で秋葉さんを批判すると言う往復ビンタの扱いで、マスゴミ様に逆らうとこうなるんだぜ、と言わんばかり。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.asahi.com/paper/editorial.html

    浅否 1月7日社説

    ユーチューブは、ネットの特性をいかして簡便に自己表現できるメディアだ。政治家がこれを利用して主張を打ち出すことは悪くない。

     しかし退任表明という節目に、言いたいことだけを一人で語る様子は、かつて「新聞は大嫌い」とテレビカメラだけに向かって話した佐藤栄作首相の引退会見を彷彿(ほうふつ)とさせた。

     秋葉氏は「マスコミを通すと、考えが正確に伝わらない」と考えているのかもしれない。だが耳の痛い指摘や質問を避けたいがために会見に応じないのなら、政治家としての見識を疑う。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    と、怒髪天を突く勢いだ。よっぽどお気に召さないらしい。

    ならばテメーらが誤報や恣意的捏造記事を書きまくってその結果、冤罪や世間の批判に晒された人達に対する「説明責任」はどうなんだ。小さく訂正記事でお茶を濁し「お詫びし訂正いたします」のたった一言で片づけているくせしやがって。

    >耳の痛い指摘や批判を避けたいがため~。

    おお、よう言うた。
    これから誤報がある度にその都度、記者会見を開いて世間のマスゴミに対する耳の痛い話や指摘を聞いて貰おうか。

    クサレマスゴミのくせして、テメーのことは、マイナス30度の寒気団の居座る上空5千メートル級高さの棚の上にあげやがって。浅否さんよ、今年の決算も赤字確定だぜ。

    2010年12月 4日 (土)

    官房機密費、ドブに捨てているようなもんか

    センダニ官房長官が官房機密費(内閣官房報償費)の使途を公開する考えがないことを表明したうえで「公開するとしても何十年後だ」とノタマッタそうです。まあ、何十年後はテメエらもこの世には確実に存在しないし、その時に税金の無駄遣いや浪費ぶりが白日のもとに晒されても「ワシャ関係ないもんね。知ったことか」ということでしょう。

    しかも、鳩山政権時代は月6000万円の支出だったものが、この4月以降毎月1億円を払いだしていると野党の質問主意書に答えたんだそうです。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101203-OYT1T00873.htm

    昨年9月の鳩山政権発足から今年2月までは、毎月の支出額は6000万円だったと平野博文前官房長官が国会で説明していたが、今年度は毎回の支出額が大幅に引き上げられたことになる。共産党の塩川鉄也衆院議員の質問主意書に答えた。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    仮に、毎月1億円の機密費を利用し良好な政権運営しているならまだしも、情報が集められずに「害交」するなど失態の連続で、国民の税金をドブに捨てるような使い方しているのに「使途を公開しない」などと居丈高な態度はどうなのだと。

    毎晩のカン夫婦や取り巻き連中とくりだす料亭や一流ホテルの豪華美食の支払いに消えているんじゃないだろうな。支持率が1%になっても辞めない、としがみつく権力の味は相当オイシイのでしょうな。

    カンカラカンは「政治とカネ」問題には無縁です、「クリーンでオープン」だと、のたまい首相の座に就いたけれども「政治金」を浪費する権力亡者になってしまったようで。
    「クリーン」と「オープン」が聞いて、へそで茶を沸かすっちゅうねん。

    2010年12月 2日 (木)

    青少年の健全育成な条令が18禁販売規制で育成が健全に出来る?

    「明日のジョー」ちばてつやさんや「こち亀」で有名な秋本治さんなど、著名な漫画家が東京都の条令案「青少年健全育成条例」に反対しているのはその条令の文言があいまいで、拡大解釈され、規制の対象が広範になる恐れがあるということだろうと思うのですね。

    東京都知事は「過激な性描写など、子どもの目に触れさせたくない」とか言うけれど、どこまでが過激じゃなくて、過激なのかの線引きが曖昧模糊としているからでは。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    18歳以下に販売を規制する対象として~

    漫画、アニメーションその他の画像(実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    ・・ということらしい。

    で、「刑罰法規に触れる性交」って、言わば強姦だとかの類だろうか。
    すると、合意の上での性交を「過激に」描いている作品は構わないのでしょうか。トーゼン、「そ、そんなものも認められません!!」と言うんだろうしねえ。

    それに、刑罰法規に触れるとなれば、暴力シーンなども青少年の健全な育成には有害だという話になって行くような気がしますな。「非実在青少年」などというおよそ日本語とは思えないような言葉を考えつくような連中ですからね。

    それに18禁販売規制したって、買う奴はどうしたって手に入れるんでしょうしね。昔「ビニ本・エロ本」の自動販売機が夜になるとその内容物が分かる仕組みになっていましたけれど、それを目指して中高生がチャリンコでウロチョロしてました(笑)。

    まあ、あれです。
    東京都がどうしてもこの条例を通すということならば、出版社も漫画家も東京都では、一切の漫画アニメなど、出版物の販売を止めればいいんじゃないのかな。「業界の自主規制です」として、その中には「アンパンマン」も「ドラえもん」も含む、ということで対抗すれば良いんじゃないのでしょうか。

    イシハラシンタローさんは都民の金をジャブジャブ使い放題で、自分の倫理観は欠落しているくせに、他人には道徳を押し付けるのですな。
    その代わりと言っちゃあなんだが、戦争が好きなようだし。
    その代わりになっていないし。

    2010年11月15日 (月)

    ウカツにも政治主導がウカツだったと言う、ウカツなエダノ豆男

    政治主導なんて迂闊なことを言ったから忙しくってかなわん、とさらに迂闊な発言をしてまたもや批判されている民主党幹事長代理エダノマメオ氏。

    軽々に発言をするエダノみたいな人を「迂闊な人間」というのだが、ある意味本音を吐露したみたいなので、私はよく言った!と評価したいですな。
    世間に対して民主党・アホカン政権は政治主導を粛々と行っており、皆様とのお約束を果たして参りたいと思います・・などと嘘っぱちを言わないだけ少しマシかもしれません(笑)。

    【迂闊】とは注意不足などと言う意味ですが、辞書で調べるともう一方の意味では。

    回り遠くて実情にそぐわないこと。実際の役に立たないこと。また、そのさま。

    ・・とありますから、知ってか知らずか、政治主導がエダノマメオにして「回り遠くて実情にそぐわない」と官僚主導が実効性があるとお認めになったようで、お笑い草。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    GOMIURI

    http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20101114-OYT1T00509.htm

    民主党の枝野幸男幹事長代理は14日、さいたま市内で講演し、民主党政権の掲げた「政治主導」が機能していないとの批判が出ていることについて、「与党がこんなに忙しいと思わなかった。政治主導なんてうかつなことを言ったから大変なことになった。何より欲しいのは、ゆっくり考える時間と、ゆっくり相談する時間だ」と釈明した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    ま、弁護士資格をお持ちで優秀な方でしょうから、政治主導が「回り遠くて実情にそぐわない」という意味で仰ったのでしょうな(笑)。

    お得意の事業仕分けの第三弾後半戦では、一度仕分けした事業を再評価するとのことで名前を変えたりして、予算に潜り込ませているので再仕分けするのだ!と鼻息荒いのです。

    エダノマメオは「何度も仕分けすることによって実効性が高まるのです」と、ザレゴトを吐いていたのですが、国の財政がひっ迫してそのために無駄を見直す必要があった・・ので「事業仕分け」をやっていると思ったけども。なんども何度も税金使って、仕分けをやる余裕がありますかって。

    与党がこんなにも忙しいとは思わなかった・・、ってね。ただ単なる政治ショー・パフォーマンス・セレモニーであるアンタの大好きな事業仕分けが法的拘束力がないなどと、ようやくマスゴミが報じ出したけれど、そんなものとっくの昔に分かり切った話で。

    廃止とされても官僚は予算に計上するなどと言うのなら。
    クソの役にも立たない事業仕分けを廃止すればチットは暇になるかもしれないぞ、と。それこそ無駄な「事業仕分け」そのものを「事業仕分け」しろって、あのウカツ野郎に誰か言ってやってくださいな。

    2010年11月12日 (金)

    相も変わらず屁理屈こねまわすオカダ幹事長

    普天間基地移設問題が最大の争点となっている沖縄県知事選挙が昨日公示されました。現職の仲井真氏と前宜野湾市市長の伊波氏の事実上の一騎打ちだそうで、移設工事の許認可を握る県知事の取り合いで、政府がアメリカと合意した辺野古沖移設の是非を問う選挙となる、と報道されています。

    いささか旧聞になりますが、その選挙について独自候補の擁立に失敗した民主党は「自主投票」としたらしいのですが、政府の辺野古沖移設合意を踏まえて、辺野古沖移設反対の立場を崩さない伊波氏に県知事になって貰っては困る訳で。
    自主投票としているくせに、特定候補の応援はまかりならんとの党本部のフランケンオカダのお達しが出ているんだそう。

    「自主」という言葉を辞書で調べると―

    他からの干渉や保護を受けず、独立して事を行うこと。「―の精神」「―性に欠ける」「―独立」

    当たり前ですが、他からの干渉を受けずに物事を決定したり行ったりすることとあります。だから、この選挙でだれに投票するか、だれを支援するかなどは党員各位のご判断、ということだと思いますがね。
    にもかかわらず、所属議員に「節度ある慎重な行動」を求めるんだそうで、求めるなよな。なんだ、節度ある慎重な行動ってよ。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100923-713693/news/20101109-OYS1T00644.htm

    沖縄知事選「造反」川内氏に岡田幹事長が警告

    民主党は米軍普天間飛行場移設問題の行方に大きな影響を与える同知事選に自主投票で臨む。伊波氏は同飛行場の「国外移設」を、再選を目指す仲井真弘多知事は「県外移設」を主張し、政府方針と異なる。このため、同党執行部は〈1〉沖縄県連に所属しない議員は特定候補の応援禁止〈2〉同県連所属議員には「節度ある慎重な行動」を求める――ことを決めている。

     岡田氏は川内氏の行動がこの方針に背くとの立場から、「応援や支持と思われる行動は慎んでほしい。沖縄には行くなということ」と、処分は見送るものの、「警告」だとの考えを伝えた。川内氏は「親友の伊波氏の晴れ姿を見たかっただけだ」と釈明した。

    ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

    さらに県連に属さない議員には特定候補の応援禁止って決めていて。
    民主党幹事長・偏屈奇人変人のフランケンオカダは伊波候補の決起集会に出た川内氏対して「警告」を発したんだそうで、相も変わらず「この野郎」という感じで許せんのですな。自民党政権となんら変わらない辺野古沖移設の詐欺的合意を押し通すつもりなんでしょうがね。

    他からの干渉受けまくりで、全然「自主」じゃないし。
    この、フランケンオカダは、屁理屈をこねくり回すのが政治家だと思っている節がありまして。だからこちらも屁理屈をこねくり回してやるんですが(笑)。

    マエハラが後先考えずぶち上げた「八ッ場ダム工事中止」も例によってグダグダになってしまい、後任のマブチ“変わってモータ”国交大臣が「中止という予断を持たずに再検証する」と事実上のダム建設発言をし、群馬県知事などに「謝罪し、にこやかに握手」したりしてました。

    ところがフランケン・オカダは「中止という言葉を使わずに再検証するので、マニフェストに書いてあるダム中止という大前提との整合性になんら問題は無い」とゴタクを並べ、反対推進両陣営の気持ちを逆撫でするのですな。関係者をケムに巻いてそれでオシマイ、だと考えているようです。

    普天間基地問題でも「国外・最低でも県外」と選挙活動中に訴えたポッポ鳩山の言質を「確かに選挙ではそう言ったかもしれないが、マニフェストには書いていない」などと、シャーシャーと愚にもつかない屁理屈を持ち出して、あとは知らん顔をするような輩ですからね。こんな人間が党の幹事長という要職にある民主党は「終わっている」なと。

    より以前の記事一覧