フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 傍若無人 橋下が朝日記者に「僕だったら瞬間に辞める」と欣喜雀躍 | トップページ | お知らせ »

2014年8月30日 (土)

ヘイトスピーチ規制に隠れてこっそりデモ規制を画策する姑息なジミントーPT

『人権後進国ニッポン』の誹りを受けてもなお馬耳東風な現政府は、カエルの面にションベンよろしくこれでも無視続けるおつもりか。

ヘイトスピーチ:国連委の日本の勧告予想以上に厳しく

毎日新聞

 ジュネーブにある国連の人種差別撤廃委員会が29日、日本政府に勧告したのは、異なる人種や少数民族に対する差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)を行った個人や団体に対して「捜査を行い、必要な場合には起訴すべきだ」だった。前回の勧告より大幅に踏み込んだ内容に、関係者からは政府に真摯(しんし)な対応を求める声が相次いだ。

 ヘイトスピーチの法規制を研究し、ジュネーブでの対日審査を傍聴した師岡康子弁護士(東京弁護士会)は「新たな法規制だけでなく、公人の差別発言に対する制裁や実態調査など、予想していた以上に厳しく、より具体的な勧告になっている」と評価。その上で「法規制が一般のデモ活動やマイノリティーへの弾圧に乱用されないようにということも明記されている。ヘイトスピーチ規制を話し合う上で最も重要な指摘だ」と話した。

これに関して、国連でうるさく言われるもんだし、一応ポーズだけでもとっておくか、と安倍晋三率いるジミントー。
だがしかし、したたかに一般のデモにも規制を広げようとしている模様でして。どこまでも狡猾な政権与党という訳。

自民PT:ヘイトスピーチ対応必要 国会周辺デモ規制も

 自民党の「ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム」(PT、座長・平沢勝栄政調会長代理)は28日の初会合で、特定の民族や人種の差別をあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)に対し、法規制も含む対応が必要との認識で一致した。一方、国会周辺での大音量の街宣活動やデモに対する規制も今後、議論の対象にすることを決めた。

中略

一方、PTは国会周辺の保守派による街宣活動や「週末の首相官邸周辺の活動」(出席議員)について、国会や外国公館近くで大音量での街宣を規制する「静穏保持法」の運用が適切かどうかを検証する方針を決めた。

政調会長の高市早苗は「どの国であれ、特定の民族や国家をひぼう中傷するのは大変恥ずかしい」などと口を拭ってのたまっているようですが、その口で恣意的運用し、テメエら権力に都合の悪い声を上げる一般的なデモにもその汚い手を突っ込むという企みがミエミエでして。
テメエのそんな言動こそ大変恥ずかしいことが分からんのか。

売り上げが悪くてテメエでウイスキーボトルをどんどん飲んでしまう、場末のスナックの声のガラガラのおばはんみたいな高市早苗が姑息にも言いそうな。
そんな予想がぴったりそのまんまの記事で悪寒しか覚えない。

« 傍若無人 橋下が朝日記者に「僕だったら瞬間に辞める」と欣喜雀躍 | トップページ | お知らせ »

これはひどい」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/60232619

この記事へのトラックバック一覧です: ヘイトスピーチ規制に隠れてこっそりデモ規制を画策する姑息なジミントーPT:

« 傍若無人 橋下が朝日記者に「僕だったら瞬間に辞める」と欣喜雀躍 | トップページ | お知らせ »