フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 川内原発再稼働へと | トップページ | 傍若無人 橋下が朝日記者に「僕だったら瞬間に辞める」と欣喜雀躍 »

2014年7月27日 (日)

放射線に負けない体が作れるんなら誰が苦労するかよ

福島市のホームページで放射線リスクを避けるという題目で「放射線に負けない体をつくろう」というものをPDFにして作成していた。
それについて批判が殺到したため表題を変更したとの朝日新聞の報道がありました。

朝日新聞 2014年7月23日

福島市のHP表題 批判集中

 ●「放射線に負けないからだをつくろう」

 福島市が東京電力福島第一原発事故による放射線の健康への影響を避ける方法を住民に示すホームページ(HP)に、「放射線に負けないからだをつくろう」との表題を付けたことに「非常識だ」などと多くの批判が集まった。市は表題を「放射線の影響を受けにくい生活をしましょう」に変えた。

 市放射線健康管理室によると、同室は「放射線に負けないからだをつくろう」と題し、食生活や習慣の注意点を示したPDF版チラシを8日、HPに掲載。食品を選ぶときは産地や品目が偏らないよう▽体にたまった不要なものは早く排泄(はい・せつ)する▽ヨウ素を含む昆布やひじきを食べる――などと呼びかけた。

 これに対し、「放射線に勝つ体などあるか。非常識だ」「除染も終わらず、子どもたちを放射線被曝(ひ・ばく)させながら無責任。低線量被曝の危険をごまかすもの」といった批判が電話などで市に寄せられた。市は集計していないが、同室の担当者は「私だけで電話を10件は受けた」と言う。インターネット上でもツイートやコメントが批判を中心に数千回くり返されている。

今日【7月27日】現在、このPDFは【負けない体をつくろう】という表題のまま訂正されずに残っていますので、お早目に。

放射線の影響を受けにくい生活をしましょう

その時に私がツイートしたのがこれ。

『放射性物質を取り込まない』というのは言わずもがな。ざっくばらんに言えば「あたり前やんけ、ボケ」ということです。

あんた、ひとを舐めてんのか?ということですわね。取り込まなきゃ内部被曝はしませんし。それが強い体を作ったということなのでしょうか?

『速やかに排泄!』と言われて「責任者出てこい!!」という怒りが湧き起こらない方が不思議でありますね。
福島市の担当者がこんなものを大真面目な顔して作ってるかと思うと、絶望的な気分が広がる、7月末日てことで。

« 川内原発再稼働へと | トップページ | 傍若無人 橋下が朝日記者に「僕だったら瞬間に辞める」と欣喜雀躍 »

これはひどい」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/60050876

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線に負けない体が作れるんなら誰が苦労するかよ:

» 福島の悲劇も日本人の国民性が生み出したものだ。 [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
      先日、「A2-B-C」という映画の上映会に行って来ました。以前、長谷川健一さんの講演会でお世話になった方から、この映画の案内メールをいただき、私も当日の休みを利用して参加して来たのです。  この映画は、イアン・トーマス・アッシュという在日米国人の...... [続きを読む]

« 川内原発再稼働へと | トップページ | 傍若無人 橋下が朝日記者に「僕だったら瞬間に辞める」と欣喜雀躍 »