フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月22日 (火)

とことん資本家・経営者のための御用政府

残業代ゼロなんてモンをまたもや持ち出したアベ政権。
前回、ホワイトカラーエグゼンプシオンとか初耳の言葉でダマクラかそうとしてたアベシンゾーが執拗に法案にしようということらしいです。

 

「残業代ゼロ」一般社員も 産業競争力会議が提言へ:朝日新聞デジタル

 政府の産業競争力会議(議長・安倍晋三首相)は、労働時間にかかわらず賃金が一定になる働き方を一般社員に広げることを検討する。仕事の成果などで賃金が決まる一方、法律で定める労働時間より働いても「残業代ゼロ」になったり、長時間労働の温床になったりするおそれがある。

 民間議員の長谷川閑史(やすちか)・経済同友会代表幹事らがまとめ、22日夕に開かれる経済財政諮問会議との合同会議に提言する方向で調整している。6月に改訂する安倍政権の成長戦略に盛り込むことを検討する。

労働基準法では1日の労働時間を原則8時間として、残業や休日・深夜の労働には企業が割増賃金を払うことを義務づけている。一方、企業には人件費を抑えたり、もっと効率的な働かせ方を取り入れたりしたいという要求がある。

 いまは部長級などの上級管理職や研究者などの一部専門職に限って、企業が労働時間にかかわらず賃金を一定にして残業代を払わないことが認められている。今回の提言では、この「残業代ゼロ」の対象を広げるよう求める。

 対象として、年収が1千万円以上など高収入の社員のほか、高収入でなくても労働組合との合意で認められた社員を検討する。いずれも社員本人の同意を前提にするという。また、当初は従業員の過半数が入る労組がある企業に限り、新入社員などは対象から外す。

奥谷禮子などという財界のジジイどもの寵愛を受けてたおばはんが、ホワイトなんとかのときに「祝日も日曜もいらない」などと、割増賃金を払うのが嫌で、超セコイことを喚いてた記憶がありますな。

それにまして今回は朝日の記事の読める部分((金を払えば続きが読めるけれど払いたくないし))だと、それを一般社員にまで広げようという魂胆みたいです。これは酷いというのを通り越してしまう、憲法も改悪しようというだけじゃなく、『ひとたるに値する労働条件でなければならない』という、労働基準法までも形骸化しようというトンデモない動きではないでしょうか。

ぶコメから

 

Mu_KuPMu_KuP いい加減「長時間働かせれば利益が出る」思想と「人件費を押さえれば利益になる」思想を捨てろと。時と金を押さえつけて、なぜ景気が回復すると思うんだ。

meme-omeme-o "本人の同意があればOK" < 強姦犯の弁明みたいだな

最後は私ので。

hatehenseifu hatehenseifu どこぞの世界に残業代ゼロを同意する社員がいるんだよ?と思うけど、いるんだろなあ。同意します、ハアハアみたいな奴が。




2014年4月 2日 (水)

みんなの党・渡辺喜美の恥知らずな言い訳が腹立たしいが、安倍晋三の補完勢力が潰れるなら、といったところ

政治家のこういった問題に食傷しているので今さら書きたくはなかったのですが、みんなの党・党首の渡辺喜美本人の言い訳ブログが見苦しくも恥知らずで、どこまでも厚顔で腹立たしい。

HUFFPOST

DHC会長からの借入金について

この度は、私の個人借入の問題でお騒がせをいたし、深くお詫び申し上げます。DHC吉田嘉明会長からお借りしたお金は、党勢拡大のために党に迷惑をかけることのないよう、私が純粋に個人としてお借りしました。選挙資金として融資の申し込みをしたというメールが存在すると報道がありました。私の方で確認できていませんが、たとえそれがホンモノであったとしても法律違反は生じません。

一般的に、党首が選挙での躍進を願って活動資金を調達するのは当然のことです。一般論ですが、借り受けた資金は党への貸付金として選挙運動を含む党活動に使えます。その分は党の政治資金収支報告書に記載し、報告します。

党首が個人の活動に使った分は、政治資金規正法上、政治家個人には報告の義務はありません。そのような制度がないということです。個人財産は借金も含めて使用・収益・処分は自由にできるからです。

猪瀬直樹前東京都知事のケースは、自分の選挙資金として借りたのに報告していなかったというものです。私の場合、私個人の選挙運動のために借り入れた資金ではありません。ここが猪瀬氏と根本的に違うところです。私は自分の選挙にも借入金を使ったことがないので、私の選挙収支報告書には載っていないだけです。党に貸し付けた分は、2012年分の党政治資金収支報告書に2.5億円きちんと掲載されています。

私が政治家個人として使った中には、党が躍進するためにどうしても必要な支出がありました。政治資金を使えない出費もたくさんあります。5年前、私の個人資産はもっとたくさんありましたが、今はスカンピンです。借金の元本返済は「お金ができた時でよい」と吉田会長がおっしゃるので、その言葉に甘えて今は金利だけ払っております。今後、資金工面ができ次第、返済はして参ります。

全文はリンク先で読んで頂くとして、この矛盾したというか支離滅裂というか、意味不明のグダグダな言い訳はなんなんでしょうか。

2億5千万円は収支報告書に記載していると言いますが、8億円借りた残りの5億5千万円はというと。

『政治家個人として使った中には、党が躍進するためにどうしても必要な支出がありました。』

つまり、党の躍進を願って個人として活動資金を使ったのであり、自分自身の選挙活動ではないから記載の必要はない、と言いたいようです。素人目には政治家個人として党が躍進するためにどうしても必要な支出とは、選挙活動・政治資金だとしか思えないが、政治屋の脳構造は常人とはいささか違うようです。猪瀬は自分の選挙運動資金として使ったが私はみんなの党のために使ったからなんら問題はない、というとてもテメエに都合の良い解釈をしているようです。

報道では、とても大きな熊手を買ったりしたという、とことんヒトを食ったものがありましたが。


渡辺喜美は「大きな熊手」を購入することが、党の躍進するためにどうしても必要な支出だったという噴飯ものの話です。

なにがって、さらに腹立たしいのは巨額な大金の使途不明の言い訳をふざけたもの言いをする輩に対して、政党助成金という税金で賄ってやっているという事実はありていに言えば泥棒に追い銭をくれてやっているようなもんだ、ということです。
ま、しかし。安倍晋三にすり寄ってた自民党補完勢力が潰れりゃ、それはそれで、ということでしょうか。

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »