フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 誰にも相手にされないので悔しい ツイートのまとめ | トップページ | 結局自民党を利するパラドクスに気がつかない「一本化」 »

2014年1月12日 (日)

正月早々、なーんもええことなんかあるかい

松の内もとっくに過ぎ、今さらおめでとうでもありませんけれど。

新年あけましておめでとうございます。

いやいや、ほんと仕事が忙しくてブログどころじゃなかった、と言いますか。
2日ほど休みは有ったのですが、まったくエントリーする気が起きませんでした。年末もパスしたし、12月17日から約1ヶ月ぶりの更新です。

ま、でも、こんなブログなんか大勢に影響もなく。負け犬の遠吠え、ごまめの歯ぎしり。どうでもいいこと甚だしいのです。

この間いろいろとありました。
年末には大瀧詠一さんが亡くなるという・・・、ファンとしてはショッキングな出来事がありまして。ここ最近、YOUTUBEで彼のラジオ番組などをよく聴いていたものですから、なおさら驚きました。

それはさておき。
つくづく思うのは政治家という商売を営んでいる者の厚かましさというか、そのツラの皮の厚さには辟易というか、驚愕すらするのです。

NHKニュース

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題を巡って、臨時の県議会が開かれ、仲井真知事が名護市辺野古の埋め立てを承認したことは県外移設を掲げてきた公約に違反しているなどとして、辞任を求める決議が賛成多数で可決されました。

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題を巡って、仲井真知事が先月、日米合意に基づいて政府が申請した名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認したことを受けて、10日、県議会の臨時議会が開かれ、野党側が知事に辞任を求める決議案を提出しました。
この中では、仲井真知事が埋め立て申請を承認したことについて、「選挙で『県外移設』を掲げた政治家としての公約違反であり、県議会が重ねて全会一致で求めてきた『県内移設反対』の決議を決定的に踏みにじるものだ。もはや県民代表の資格はなく、公約違反を認め、県民に信を問うべきだ」などとして、辞任を求めています。
採決が行われた結果、決議は野党などの賛成多数で可決されました。
決議に法的な拘束力はありませんが、沖縄県議会で知事に辞任を求める決議が可決されたのは初めてです。

その前段で、去年の暮、辺野古沖移設を認めた仲井真にTBSの金平記者が質問しています。

msnサンケイ

辺野古埋め立て承認 仲井真知事 「日本語能力」問うTBSキャスターに猛反論

金平氏「仲井真さんは、日本国民としての日本語能力を、常識的な日本語能力をお持ちの方だと思うからお聞きするのだが、公有水面の埋め立ての申請があった場所は県内か、県外か」

県土木建築部長「埋め立て申請のあった場所は当然県内でございます」

金平氏「県内に埋め立てをして、そこに移設をしようという、その承認を求めるところに今日公印を押されているんですね。 交付されたということは、辺野古に、つまり県内移設を認めるということに同意されたというふうに、普通の一般的な日本語の能力を持っている県民の方が理解するというのは当たり前のことだと思いますよ。 それと、今、おっしゃってた県外移設を自分の公約としてこの間の参院選の時におっしゃいましたね。それを覆しているという思いはないというふうなことをおっしゃってましたが、どう考えたってですよ、どうやってその間に整合性を付けるのか。 片方では県外移設については私は変えていないと言いながら、県内移設を進める方のもとに県知事が承認をされたんですよ。県知事っていうのはロボットじゃないですから、明らかに」

仲井真氏「今のご質問ですか。私に対する批判ですか。何を言いたいんですか。要するに。質問をしてください」

金平氏「その整合性について、どういうふうに説明をするのかということを申し上げたいんです」

仲井真氏「だから説明をずっとしているじゃありませんか。何をご質問されてんですか。要は。 だから承認をしましたよ。これは法の手続きに従って承認をしたんです。それで、どこがどうだとおっしゃってるんですか。ご質問の趣旨が。 私もあなた同様に、日本語はあんた並みには持っているつもりですが、何ですか」

「県外に」とぬかしていた公約との整合性を鋭く問われて「だから承認をしましたよ。」と言うのは、説明でもなんでもない。ただの強弁だし、逆ギレです。金平氏の当然のごとき追求に、こたえる術がなくて逆ギレするしかない、という。あたり前のようにテメエの正当性をほざく政治屋の厚顔さにはホトホト呆れ果てるしかないのでしょうか。
この狸ジジイはいつ身を翻すかと前から思っていましたが、安倍晋三が人気あるみたいだし、このへんでOKだろ、というジミントー的ソロバン(つまりアホ)が働いたのでしょう。

まあ、政治屋ほど恥知らずな人種はいません。
そんな連中に「恥を知れ!」と言っても詮無きこと、ですわいね。

« 誰にも相手にされないので悔しい ツイートのまとめ | トップページ | 結局自民党を利するパラドクスに気がつかない「一本化」 »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58932388

この記事へのトラックバック一覧です: 正月早々、なーんもええことなんかあるかい:

« 誰にも相手にされないので悔しい ツイートのまとめ | トップページ | 結局自民党を利するパラドクスに気がつかない「一本化」 »