フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月30日 (木)

手抜きで申し訳ない、ツイートのまとめです

書くべきことは沢山あるような気がしますけれど。
手抜きで申し訳ない、ツイートのまとめです。

こんな「アベ様の犬HK御用放送」の受信設備が付いたTVを製造しないよう家電業界に要望すべきだな。 / “NHK籾井新会長「従軍慰安婦、戦時下どこにもあった」:朝日新聞デジタル” htn.to/5tMX7K via Hatena

「今日から(原発)ゼロにして電気が止まったらどうする」と訴える候補者(ありていに言えば舛添ね)が、元東大教授だというのがなんともはや。 via web

2014.01.26 00:05

 

その疑問の声を出している経営委員会にはお友達のお友達、売文屋・百田がいますので。奴が籾井の防波堤になるんでしょうな。 / “NHK:解説 内部から疑問の声…新会長の慰安婦発言 - 毎日新聞” htn.to/vicohX via Hatena

 

2014.01.26 10:25

 

容疑者を「契約社員」と表記することで、なにかそこに動機につながるような印象操作はマスゴミの得意分野だが、雇用形態のヒエラルキーを増長させる結果にしかならない、ということを踏まえたうえでの確信記事なんでしょうね。「非正規雇用」はいま4割近くに上る。 via web

 

2014.01.26 11:31

 

むぎ焼酎の紙パックを潰すときに、開けた注ぎ口からいい香りがするなぁ、などと思うオイラはホンマ酒飲みオヤジや、と実感するゴミ出しの朝。 via web

 

2014.01.27 09:44

 

ディナーというよりも権力と寝たナベツネが支配するゴミウリ。絶対権力は絶対腐敗するのです。 / “権力とディナーする新聞社に、黒田清が言い遺していたこと | 武田砂鉄” htn.to/KPWioV via Hatena

 

2014.01.27 11:07

 

「脱原発」以外は無回答・良きにはからえ、のお殿様はいまから何を訴えるんだい? / “細川護熙氏の陣営、「脱原発」オンリー見直しの動き【都知事選】” htn.to/zP4JfV via Hatena

 

2014.01.27 17:28

 

犬HK会長の「日本だけじゃなくてみんなやってた」と言うのは、駐禁を咎められて「私だけちゃうやん!他もみんなやってるやんか!」と逆ギレする大阪のおばはんのCMを思い出すなあ。 via web

 

2014.01.27 21:19

 

早くも、今年の「お前が言うな大賞」決定みたいな。オノレが偏った人選をしながらどの口で言うか。厚顔極まるアホのアベシンゾー。 / “時事ドットコム:安倍首相、「NHKは圧力排し中立維持を」=籾井氏発言、論評避ける−衆院代表質問” htn.to/eaC3KH via Hatena

 

2014.01.28 17:26

 

 

最後にひとさまのツイートです。

 

2014年1月20日 (月)

税金はてめえのポケットマネーか、石破茂

名護市市長選挙では基地移設反対を訴える現職の稲嶺氏が、自民党などが推す末松候補を下して当選しました。まことにめでたい限り。

HUFF POST

沖縄県の名護市長選挙が1月19日投開票され、現職の稲嶺進氏が再選した。アメリカ軍の普天間基地を名護市辺野古に移設する問題が最大の争点だったが、「移設阻止」を主張した稲嶺氏の当選で、名護市は辺野古移設反対の構えを死守する方向となった。

・・で、基地移設に伴う名護市長が持つ許認可権には何があるかというと。

政府の埋め立て申請書などによると、基地建設に伴う市長の許可や協議が必要な主な手続きは(1)作業ヤード設置のための漁港使用許可(2)シュワブ内への水道敷設(3)資材搬入のための道路使用許可(4)飛行場施設への燃料タンク設置-などだとみられる。政府は埋め立てに向け仮設道路や海上ヤード設置、辺野古ダム周辺からの土砂採取、美謝川の水路切り替え工事を始めるが、資材などを置くための作業ヤードの設置や作業船を出すため、辺野古漁港を管理する市長の許可が必要だ。

(琉球新報「辺野古移設、市長権限で作業停滞も 政府、予防線に必死」より 2013/01/15)

市の権限が及ぶ工事は10項目くらいあるそうですが、ざっと見たところ本体工事に係る周辺整備工事などがあるようです。漁港使用許可だとか道路使用許可などが大きくモノを言うようです。資材を運搬しようにも港湾や道路を使用できないと工事は極めて困難なことになると思われます。

ところで。

この投票に先立つジミントーの石破茂が選挙応援の弁士として現地入りしました。そこで、この狂気が宿っている戦争オタクはいうに事欠いて、札びらで市民の横面を張るような事をぬかしています。

毎日新聞

 自民党の石破茂幹事長は16日、沖縄県名護市で市長選の応援演説に立ち、名護市の地域振興に向け500億円規模の基金を立ち上げる意向を明らかにした。「名護が発展することで沖縄も飛躍的に発展を遂げる。安倍政権として全面的に支援し、国、県、市が協力して新たに500億円の名護振興基金をつくる」と述べた。

国民の税金をまるでテメエのポケットマネーのごとく、簡単に「出しますよ」という訳です。選挙応援演説でこんなことを喚くというのは当然それによって投票を期待してるんでしょうから、銭をちらつかせて投票を促すのは買収じゃないのかよ。
だいたい、なんの権限があって、このキ●ガイはほざいているんでしょうか。ジミントーの政治屋・・というか権力を握った人間に多くみられますが、税金をテメエの自由になるもんだと思い込んでいる節がありますな。例えば「怠け者には税金を使わないのだ」と母子家庭の加算手当の廃止をぬかした舛添みたいなヤカラもいました。

石破茂ブログから引用BLOGOSより(リンクは貼らない)

名護市を中心とする北部・やんばる(山原)地域は人口の伸びも、所得も、雇用も今一つといった状況が続いています。国政、県政と一体となった市政を行うことによって現状を打破し、市民の幸せを実現したいと願っています。

などと言うのなら、その現状は稲嶺氏が当選しようが変わらぬはずです。当然、稲嶺氏が当選してもその500億円基金は創設するんだろうな、石破茂よ。

2014年1月16日 (木)

結局自民党を利するパラドクスに気がつかない「一本化」

東京新聞

東京都知事選(二十三日告示、二月九日投開票)で、細川護熙(もりひろ)元首相(75)が立候補の意向を固めたことが十日、分かった。「脱原発」を掲げ、首都から国のエネルギー政策を変えることに強い意欲を示している。同じ主張の小泉純一郎元首相との連携を模索し、近く会談する意向で、それを踏まえて正式に表明するとみられる。高い知名度を持つ元首相の参戦で、脱原発の争点がいっそう強まり、選挙の構図が様変わりする。 

 細川氏に近い関係者によると、同氏は無所属で出馬する見通しで、「落選してもいいからやる」と話している。昨年十二月、猪瀬直樹前知事が辞意を表明した時期から、都知事選へ向けて準備を開始。政策の取りまとめや選挙事務所の確保などを進めている。

 細川氏について、民主党都連会長の松原仁・衆院議員は十日、「最有力」と話し、同党が支援に回ることが予想される。

 細川氏は昨年十月、安倍晋三首相に「原発ゼロ」への方針転換を促す小泉氏と会談。同十一月の本紙の取材で、安倍政権の原発再稼働路線を「犯罪的な行為だ」と批判していた。

投票権がないので、都知事選についてアレコレと言う必要はありませんけれど。
猪瀬の辞任で、降って湧いた都知事選挙がSNSやネットでかますびしい。いちばん初めに立候補表明した宇都宮健児氏(ここも去年の選対組織で内紛があり、ごたごたしているそうですが)に続き、極右思想の元自衛隊航空幕僚長のホウマツ・田母神氏、それに自民党を除名されながら支持を受ける意味不明の舛添要一なんかが出馬表明してるし。さらに元総理の細川氏が立候補の意向を固めたとか。

「脱原発」を表明した元首相の小泉がこれもまた「脱原発」の元首相の細川を支持するという構図がネット議論を沸騰させているようです。ツイッターなんかのTLを眺めていると、脱原発を支持する人々の意見が真っ二つに分かれていることにかなりゲンナリします。

つまり、このままだと脱原発票が分散するので「脱原発候補」を一本化せよ、という圧力が宇都宮陣営に掛かっているようです。宇都宮健児はどうせ当選が叶わないのだから、国民的人気のある小泉の支持を得ている細川にせよ、みたいな話だそうです。
なんだか「脱原発」シングルイシューで連携すれば勝てるんだとか。
このシングルイシューと言うのが曲者ですね。人はパンのみで生きるに非ずでしょ。小泉や細川が脱原発と言うのも怪しいと思っていますが、仮にそれがそうだとしても格差を助長してきた小泉やエエカッコばっかりの細川なんかの支持を言う連中の気がしれない。

じゃ、極端な話安倍晋三が「脱原発」を表明したとして、その他の政策には目をつぶって支持すんのかよ?アンタラは?と言いたいのですがね。

ツイッターで見た矛盾がこれ。↓

あんたみたいな左翼の連中が、無批判に共産党に投票し続けた結果がいまの現実を生み出しているんですよ。宇都宮健児に投票しても、脱原発票が割れて、自民党推薦候補者が有利になるだけ。全く当選の可能性のない宇津宮健二がどうやって憲法や生活も守れるですか?

こんなことをノタマウこの辺の連中の理屈が全く理解できない。当選できない宇都宮で憲法や生活を守れるのですか?と言うのですな。

じゃ、当選するかもしれない「脱原発派」だけど、改憲論者の細川や小泉が憲法や生活を守れるのか?破壊する張本人が都知事になるんだろ。
せいぜい結局ジミントー支持のパラドクスのジレンマに陥ってろよ。

2014年1月12日 (日)

正月早々、なーんもええことなんかあるかい

松の内もとっくに過ぎ、今さらおめでとうでもありませんけれど。

新年あけましておめでとうございます。

いやいや、ほんと仕事が忙しくてブログどころじゃなかった、と言いますか。
2日ほど休みは有ったのですが、まったくエントリーする気が起きませんでした。年末もパスしたし、12月17日から約1ヶ月ぶりの更新です。

ま、でも、こんなブログなんか大勢に影響もなく。負け犬の遠吠え、ごまめの歯ぎしり。どうでもいいこと甚だしいのです。

この間いろいろとありました。
年末には大瀧詠一さんが亡くなるという・・・、ファンとしてはショッキングな出来事がありまして。ここ最近、YOUTUBEで彼のラジオ番組などをよく聴いていたものですから、なおさら驚きました。

それはさておき。
つくづく思うのは政治家という商売を営んでいる者の厚かましさというか、そのツラの皮の厚さには辟易というか、驚愕すらするのです。

NHKニュース

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題を巡って、臨時の県議会が開かれ、仲井真知事が名護市辺野古の埋め立てを承認したことは県外移設を掲げてきた公約に違反しているなどとして、辞任を求める決議が賛成多数で可決されました。

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題を巡って、仲井真知事が先月、日米合意に基づいて政府が申請した名護市辺野古沿岸部の埋め立てを承認したことを受けて、10日、県議会の臨時議会が開かれ、野党側が知事に辞任を求める決議案を提出しました。
この中では、仲井真知事が埋め立て申請を承認したことについて、「選挙で『県外移設』を掲げた政治家としての公約違反であり、県議会が重ねて全会一致で求めてきた『県内移設反対』の決議を決定的に踏みにじるものだ。もはや県民代表の資格はなく、公約違反を認め、県民に信を問うべきだ」などとして、辞任を求めています。
採決が行われた結果、決議は野党などの賛成多数で可決されました。
決議に法的な拘束力はありませんが、沖縄県議会で知事に辞任を求める決議が可決されたのは初めてです。

その前段で、去年の暮、辺野古沖移設を認めた仲井真にTBSの金平記者が質問しています。

msnサンケイ

辺野古埋め立て承認 仲井真知事 「日本語能力」問うTBSキャスターに猛反論

金平氏「仲井真さんは、日本国民としての日本語能力を、常識的な日本語能力をお持ちの方だと思うからお聞きするのだが、公有水面の埋め立ての申請があった場所は県内か、県外か」

県土木建築部長「埋め立て申請のあった場所は当然県内でございます」

金平氏「県内に埋め立てをして、そこに移設をしようという、その承認を求めるところに今日公印を押されているんですね。 交付されたということは、辺野古に、つまり県内移設を認めるということに同意されたというふうに、普通の一般的な日本語の能力を持っている県民の方が理解するというのは当たり前のことだと思いますよ。 それと、今、おっしゃってた県外移設を自分の公約としてこの間の参院選の時におっしゃいましたね。それを覆しているという思いはないというふうなことをおっしゃってましたが、どう考えたってですよ、どうやってその間に整合性を付けるのか。 片方では県外移設については私は変えていないと言いながら、県内移設を進める方のもとに県知事が承認をされたんですよ。県知事っていうのはロボットじゃないですから、明らかに」

仲井真氏「今のご質問ですか。私に対する批判ですか。何を言いたいんですか。要するに。質問をしてください」

金平氏「その整合性について、どういうふうに説明をするのかということを申し上げたいんです」

仲井真氏「だから説明をずっとしているじゃありませんか。何をご質問されてんですか。要は。 だから承認をしましたよ。これは法の手続きに従って承認をしたんです。それで、どこがどうだとおっしゃってるんですか。ご質問の趣旨が。 私もあなた同様に、日本語はあんた並みには持っているつもりですが、何ですか」

「県外に」とぬかしていた公約との整合性を鋭く問われて「だから承認をしましたよ。」と言うのは、説明でもなんでもない。ただの強弁だし、逆ギレです。金平氏の当然のごとき追求に、こたえる術がなくて逆ギレするしかない、という。あたり前のようにテメエの正当性をほざく政治屋の厚顔さにはホトホト呆れ果てるしかないのでしょうか。
この狸ジジイはいつ身を翻すかと前から思っていましたが、安倍晋三が人気あるみたいだし、このへんでOKだろ、というジミントー的ソロバン(つまりアホ)が働いたのでしょう。

まあ、政治屋ほど恥知らずな人種はいません。
そんな連中に「恥を知れ!」と言っても詮無きこと、ですわいね。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »