フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 秘密保護法 そもそも憲法違反か | トップページ | 姑息でけち臭い男の言い分をたれ流すジミントー »

2013年11月 2日 (土)

この雰囲気こそが危ないなあ

去年、安倍晋三率いる自民党が民主党から政権を「トリモロ」した訳で、こうなることは織り込み済みだったとはいえ、この古色蒼然とした今のニッポンの雰囲気というのはキショク悪いこと甚だしい。

参院議員の山本太郎が「園遊会」で天皇に手紙を渡したと、天皇の政治利用だとか、不敬だとかそりゃもう与野党からは勿論、マスゴミ・ネットでも大騒ぎ。
特に自民党が天皇の政治利用などと言えるわけがなく、早速大きなブーメランが帰ってきております。

テメエらこそ政治利用しながら、その口を拭って山本太郎を叩くなど。
本当に自民党のこのダブスタは度し難い。

けれども。
残念なのは、なにより主権者の国民の代表である国会議員がいったい誰に向かって訴えるべきなのか。そこのところ、山本太郎氏ははき違えているようです。建前としても、訴えるべきは主権者である国民にでしょう。天皇は国家元首でもないのです。少なくとも私はガッコでそう覚えました。山本太郎氏は、その脱原発の姿勢などは賛同するけれど。気持ちは分からない訳ではないが、今回の彼のその直情径行が間違った方向にいった感がします。
ですから、彼を全面擁護する気にはなりません。【お上に訴える・直訴】という姿勢になぞられても仕方がない。

ところが、その部分を取り上げて批判するのならまだしも、天皇に対して失礼だ、という論旨で山本太郎を批判する与野党政治家の頭の中は未だに戦前戦中とほぼ変わっていない、というのがアリアリと見えてしまって、11月を迎えたせいでもないけれど背筋が寒くなってきます。

そんな危ない雰囲気が、自民党戦前回帰のスローガン「ニッポンをトリモロス」その柱のひとつが秘密保護法案でしょう。

小池百合子という変なおばはん。野田聖子が鳴りを潜めたいま、稲田朋美や高市早苗なんていうおばはんどもと覇を競うようにその右翼思想で目立ちたいようです。

首相動静は特定秘密?小池氏「知る権利を超えている」

朝日デジタル

「日本は機密に対する感覚をほぼ失っている平和ボケの国だ」。28日の衆院国家安全保障特別委員会で小池百合子元防衛相が「首相動静」をやり玉に挙げた。

 「首相動静」では、新聞社や通信社が首相の訪問先や面会相手を逐一報じている。小池氏は「首相動静は毎日、何時何分に誰が入って何分に出たとか、必ず各紙に出ている。知る権利を超えているのではないか」と疑問を呈した。

このおばはんは、「政界渡り鳥」と言われあちこちに引っ付いたり離れたりするのが恒例となっているいわゆる股膏薬みたいな政治屋です。そんなおばはんに、ニッポンは「平和ボケ」などと「政治ボケ」には言われたかない。
コヤツは以前、かりそめにもテレビ局で報道ニュース番組のキャスターみたいな?そんなことを生業として生きていたくせに、報道を全否定するアホぶり全開です。

別にアベシンゾーがどこそこで飯を食べただとか、誰と会っただとかそんなもんに毎日アクセスしたいとも思わんけど、だけど、それをいつでも知ることができる、ということが国民の知る権利である、と思うのです。それを隠そうというのがこやつらの思惑であり、すぐに「国家の安全保障ガー」とかぬかす訳です。結局のところ、戦前の治安維持法みたいなものを想定しているのが自民党が画策している秘密保護法案でしょう。あなおそろしや。

« 秘密保護法 そもそも憲法違反か | トップページ | 姑息でけち臭い男の言い分をたれ流すジミントー »

ツイッター」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

原発労働者の劣悪環境は政治的に解決されなくてはならない。
天皇は政治的手段にはなりえない。神頼みか。
山田太郎議員の努力の方向は間違っている。
天皇に迷惑をかけるな。政治家は頭を使え。同僚に対する説得力を生かせ。

「ただちに安倍憲法違反内閣を憲法70条総理罷免内閣総辞職強制執行せよ」

山本太郎は国会議員であり、参議院だから特別行政公務員として日本国憲法から強大な職務権限を与えられている。

日本国憲法において天皇は象徴であり、今上陛下は大日本帝国憲法で付与されていた大権のすべてを削除され 基本的人権まで制限されてアメリカGHQスパイ宮内省に即位以来軟禁状態にされ行住坐臥監視されておられる。
政治的発言行動をなさろうにも日本国憲法99条に従う限りお動きになれないのだ。

ゆえに被曝に苦しむ主権者国民の直訴を受けて政治的大行動しなければならないのは強大な政治力国会議員職務権限を持つ 山本太郎のほうでなくてはならない。

憲法最高法規99条には「天皇および摂政、国務大臣、国会議員、 裁判官その他の公務員はこの憲法を擁護し遵守する義務がある」と定めている。

今の日本国の中でこの憲法99条 最高法規を守って日本国国体主権者国民に対する神聖な義務を果たしているのは今上陛下と阿久根市市役所公務員 大河原宗平氏だけである。

その他の公務員も国会議員も霞ヶ関官僚公務員も裁判官も国務大臣も摂政総理大臣も 誰一人として日本国憲法最高法規99条を守っていない違憲犯罪者たちである。

彼ら日本国内日本国籍者には地位協定治外法権が適用されず、刑法の内乱罪が適用され情状酌量無しで無期懲役以上の刑が科される。

日本国の国体主権者国民の下僕公僕たる特別行政公務員参議院議員山本太郎は、直ちに今上陛下への直訴という国会議員職責放棄を真摯に改悛し、日本国憲法最高法規99条 国会議員憲法擁護遵守義務を果たして、安倍憲法違反内閣憲法70条総理罷免内閣総辞職を即日国会動議せよ!

「親父の小言:テレビを捨てて書物を多く読め」

薩摩の自称黒豹而してその実体は白豚から天日焼きで黒焦げ豚(豚、すまん)になっちまったEヤマG3が青空文庫から明治天皇に命懸けで直訴した田中正造の国会演説を引用しているが、http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6958.html
直訴は当時大逆不敬罪で死刑相当の大罪だった。そしてEヤマG3は山本太郎の「直訴」を褒め称えているが、山本太郎のお手紙は一夜漬けの思いつきで書いた文章に過ぎない。今上陛下に園遊会でじかに手渡ししても死刑などにならないし、3千年の天皇史上もっともお情け深いわがおおきみ菩薩天子今上陛下がほほえんでお優しくお受け取り給わることは猿でもわかりきっていたことだ。対して田中正造の直訴文は何十年も鉱毒を垂れ流し続ける明治政府を相手にずっと孤軍奮闘対決してきた満身創痍の歴史が刻み込まれたものであり、その上奏文の原稿を書いた人物は田中正造ではなく後に大逆事件で死刑執行(明治天皇は死刑に反対したのに)された幸徳秋水である。幸徳秋水の下書きに直訴決行当日に田中正造が手を入れて書き直した直訴状を明治大帝の御馬車前で死に装束で捧げ奉ったのである。

EヤマGさん、読書が足りんぞ。テロビを捨ててもっと書物を多く読め、とご先祖様がゆうておられる。祖霊の声を聞きなさい。

「山本太郎参院議員は田中正造のように命懸けで国会議員の本分に尽くせ」

先に述べたとおり参院議員山本太郎のお手紙渡しはただの「直訴ごっこ」であり田中正造の決死の直訴とは月とすっぽんほどかけ離れたものであるゆえ、書物を読まぬものがやたらに引き合いに出すべきものではない。

山本太郎はおのれの「直訴ごっこ」を明治の偉大な大先達衆院議員田中正造に慙愧し真摯に改悛して、田中正造にならって国会議員の本分に命懸けで尽くして、直ちに国会で安倍違憲内閣を憲法70条で厳しく糾弾し、総理罷免解任および即日内閣総辞職を動議して可決せよ。

一千万といえどもわれ征かん。これこそが太古から未来にわたって世界に冠たる日本武士道大和魂である。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58500599

この記事へのトラックバック一覧です: この雰囲気こそが危ないなあ:

» ブログ弾圧法案粉砕!怒りの初ツイート [アフガン・イラク・北朝鮮と日本]
秘密保護法案:みんなの党、与党の修正案を了承  与野党は19日、国家機密を漏えいした公務員らに厳罰を科す特定秘密保護法案を巡る大詰めの調整に入った。みんなの党は、自民、公明両党がみんなの要求を受け入れて、首相が秘密の指定基準策定を行い、基準は閣議決定する...... [続きを読む]

« 秘密保護法 そもそも憲法違反か | トップページ | 姑息でけち臭い男の言い分をたれ流すジミントー »