フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 秘密保護法案―パブコメで8割もの反対意見 | トップページ | 生活保護叩きに精出すアホどもが後を絶たない »

2013年10月 3日 (木)

前首相の野田が「消費増税は一定の前進だ」とぬかしやがる。なにが天下国家、片腹痛いわ

既定路線だったとは言え、アホのアベシンゾーがとうとう消費増税を決定しました。
しかもよそ様のブログで知ったのですが、こうぬかしているそうです。

強気の首相は最近、周囲にこうも漏らしている。

「俺の経済政策のおかげで増えた税収なのだから、どう使うかは俺が決めるんだ」

朝日新聞2013年10月2日朝刊2面

http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20131002/1380671626

怒りが頂点に達しそうですが、時間がある時に消費税の欠陥をもう一度取りあげたいと思います。が、今日のところはそれはさておいて。

ヨミウリ

民主党の野田前首相は1日午前(日本時間1日夜)、ワシントン市内にある政策研究機関「スティムソン・センター」で講演し、安倍首相が取り組んでいる集団的自衛権の行使を禁じる憲法解釈の見直しに、基本的に賛成する考えを示した。 「日米同盟堅持、国際社会における平和構築努力への積極的な参加に必要と判断されれば、集団的自衛権を行使すべきだという立場だ」と述べた。

一方、政府の消費税率引き上げの決定については、「一定の前進だ」と評価。自身の首相在任時に決めた引き上げ方針が民主党分裂を招いたことに触れ、「党内融和より天下国家、ネクスト・エレクション(次の選挙)よりネクスト・ジェネレーション(次の世代)を優先した自分の決断には後悔していない」と語った。

さすがにこれには。

「党内融和より天下国家、ネクスト・エレクション(次の選挙)よりネクスト・ジェネレーション(次の世代)を優先した自分の決断には後悔していない」

このニュース、会社のPCで見たのですが、思わずこのブタ野郎!、と声が出そうになりました。
シロアリ野田はやはり、自民党のカイライ、もしくは民主党政権から自民党へのスムーズな政権移行を託されたトロイの木馬・・・いや木豚と言えますでしょう。
まあ、こんな財務省洗脳極右野郎を、民主党が党首として選んだということは、民主党そのものが、根本から腐りきっているという証左ではないかと。

しかもこの野郎が今も民主党議員として税金寄生しながら、のうのうと政治家しています、というから怒髪天です。
「一定の前進だ」「後悔していない」という辺りが、自民党のスパイとしての面目躍如でしょう。

« 秘密保護法案―パブコメで8割もの反対意見 | トップページ | 生活保護叩きに精出すアホどもが後を絶たない »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58313878

この記事へのトラックバック一覧です: 前首相の野田が「消費増税は一定の前進だ」とぬかしやがる。なにが天下国家、片腹痛いわ:

« 秘密保護法案―パブコメで8割もの反対意見 | トップページ | 生活保護叩きに精出すアホどもが後を絶たない »