フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 血が通ってんのかしら、ジミントーの政治家さんて | トップページ | 核兵器の非人道性とその不使用を訴える声明にようやく参加したニッポン »

2013年10月19日 (土)

雨やんでひと傘忘る―それは秘密です【秘密保護法】

東京新聞 特報

「何が秘密?それは秘密?」 秘密保護法案反対標語を考える

安倍政権は、特定秘密保護法案を二十五日にも閣議決定して国会へ提出する。「こちら特報部」は同法案に反対だ。市民の自由と権利を骨抜きにする悪法の本質を一言で表現できないか。過去には「デートもできない警職法」などの名コピーが、戦争・治安立法を葬り去る原動力になったこともある。「反対標語」を識者と一緒に考えた。

(記事の全文は朝刊か携帯のサイトで)とのことです。

特定秘密の対象が4分野があり、【防衛】、【外交】、【スパイ活動の防止】、【テロ活動の防止】というそれぞれのカテゴリーの中で、これは国民に知らしめては困るという案件を行政の長が指定し、秘密にしてしまう、という。まあ簡単に言ってしまうと、そういうことらしい。

ですから、例えば防衛大臣などが「これは秘密にしなきゃいかんだろ、キミィ」と言えば即、特定秘密に指定されてしまい、国民には一切知らせないという。それがどんなことなのか分からないまま、政府にとって具合の悪いことはすべて秘密にできるということですわね。言われてることは、行政の長が指定することが恣意的運用を図れる大きな問題点です。

いま現在も公務員の守秘義務はありますが、これを知ろうとする国民にも刑罰(最高で懲役10年)を科すという。

他にも、公明党が国民の知る権利と報道の自由に関して配慮するという文言を入れることで了承する、らしいと。
ですが、いくら知る権利や報道する自由があっても、そもそも、秘密にして知らせないのなら、権利も自由もない、と思いませんか。だって知らないんですから。知らないものを、知らないと、理解するにはまず、知っておかないと、と思うのですが。全て闇から闇に葬られるのがミエミエ。

それにテロ活動の防止とはいったいどういう意味でしょうか。防止するんなら広く国民に知らせて情報を集めることが、テロの防止になるんではないかと思うのですがね。それよりも国民の通信の傍受やネットでの監視を強化して、集めたデータを「秘密にする」ということをしたいのでしょうな。

朝日デジタル

岸外務副大臣が靖国神社参拝 首相の実弟
(記事なんか貼りつけませんからね)

え?安倍晋三に弟がいたのか?と思い、調べてみました。
前回の首相在任中に靖国に参拝できなかったのが断腸の思いだったと言う割には、いつもまさか(笑)、真榊で済ませる兄の代わりでしたか。

wikipediaより

東京都に安倍晋太郎・洋子夫婦の三男として生まれた(現在の本籍は山口県熊毛郡田布施町)。生後間もなく母・洋子の実家、岸家の信和・仲子夫婦に養子として迎えられた。夫婦に子供ができず、信和自身、体に軽度の障害を抱えて政治活動が困難だったことに伴う縁組だった。

晋三と実の兄弟であることは知らずに育った。晋三との関係を知ったのは大学進学に際し戸籍謄本を取り寄せて見たときであった。岸によると「大学入学前だったと記憶するが、提出書類として必要な戸籍謄本を取り寄せて見ると『養子』とあった。見た瞬間アレッて思いました。そのときのショックは、それは大変なものがあった。それからひと月ほど『何で教えてくれなかったんだ』という思いもあって、頭のなかが一種錯乱状態に陥りました」という

この人、安倍晋三と実の兄弟だと知らずに育ったそうですから。
まあ、自分の身内にも【秘密保護】をするんですから、むべなるかな。

« 血が通ってんのかしら、ジミントーの政治家さんて | トップページ | 核兵器の非人道性とその不使用を訴える声明にようやく参加したニッポン »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58414610

この記事へのトラックバック一覧です: 雨やんでひと傘忘る―それは秘密です【秘密保護法】:

« 血が通ってんのかしら、ジミントーの政治家さんて | トップページ | 核兵器の非人道性とその不使用を訴える声明にようやく参加したニッポン »