フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 安全な東京でぜひ五輪を 「福島と250キロ離れてるし」と | トップページ | なんの国益 尖閣国有化 »

2013年9月11日 (水)

早速、汚染水は「完全ブロックではない」と否定する姑息

2020年、東京五輪開催の奉祝ムード全開のマスゴミ政治屋産業界です。
更なる利権がテメエの懐に転がり込んでくる。当然、銭儲けですから。そりゃ嬉しいのもむべなるかな。

利権の欠片もない、私みたいな一般ピープルは消費圧力がかかるだけでして。要するに権力側に吸い上げられるだけ吸い上げられて、なーんも良いことなんかないのに、今までちっとも知らなかった競技の選手が、何メダルを獲得!と「感動をありがとう!!」などと、なんで涙せにゃならんのでしょうか。
それを五輪が来るんだから素直に喜べばいいのに、これだからサヨクは、という向きがあるようですが、オイラに言わせると、ノウテンキに喜んでる体制翼賛体質の人々がある意味、心底うらやましい。

よくそこまで無邪気に生きていけるもんだなと感心するのですな。まあ、ご本人はそれで幸せなんでしょうから他人がとやかく言うもんでは無いでしょうがね。昨日会社で同僚たちが「東京オリンピック来たねえ、嬉しいね」とか話し合っていて、よほど「何が嬉しいねん」とツッコみたかったのですが、またこの変人の天邪鬼が、と誹られるのも、なんだしと思って黙って聞いてました。まあでも、普段からそう思われてんですけれどね。

ところで招致活動のプレゼンでアベシンゾーが厚かましくも、汚染水問題はコントロールされている、などとノタマッタそうですね。

毎日.JP

東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題が海外メディアに取り上げられる中、安倍晋三首相は「(福島第1原発の)状況はコントロールされている。東京にダメージが与えられることは決してない」と説明したが、演説後の質疑でゲルハルト・ハイベルク委員(ノルウェー)から「東京に影響がないという根拠はなにか」と質問が出た。これに対し、首相は近海モニタリングのデータなどを示し、「汚染水による影響は港湾内の0.3平方キロの範囲内で完全にブロックされている。抜本解決に向けたプログラムを私が責任を持って決定し、すでに着手している」と答えた。

データを示し、というけれど、そんなお手盛りデータを信じるに値するのか、ということでしょう。その件について『完全にブロックと言えないのは確かだ』と、当の経産省幹部は言及、そして東電も「困惑している」そうですから。
http://mainichi.jp/sports/news/20130910ddm002050127000c.html

そんなアベシンゾーの無謀なアドリブと言えるもので招致に成功したって、すぐに馬脚を現すのがクサレ自民党のお家芸です。

ゴミウリ

汚染水の遮断「完全ではない」…菅官房長官

菅官房長官は10日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水漏れについて「全部、水をストップしているということではない」と述べ、周辺海域への拡散を完全には遮断できていないことを認めた。

汚染水を巡っては、安倍首相が7日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で「汚染水による影響は原発の港湾内で完全にブロックされている」と述べていた。これについて、菅氏は「港湾の中も基準値以下だ。汚染水の影響について、完全にブロックされているという表現を使った」と説明した。
「国際公約」となった汚染水問題解決を招致決まった後、こっそり国内で否定するというこの薄汚い姑息さはどうでしょうか。所詮公約なんてもんは破るためにあるようなもんでしょうか。
そーいやコイズミが「公約なんて破ってもたいしたこたあない」などとうそぶいていましたから、これがジミントーのレーゾンデートルですか。
五輪開催を返上するのが筋ってもんでしょ。って言っても無駄か。やれやれ。

« 安全な東京でぜひ五輪を 「福島と250キロ離れてるし」と | トップページ | なんの国益 尖閣国有化 »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58165387

この記事へのトラックバック一覧です: 早速、汚染水は「完全ブロックではない」と否定する姑息:

« 安全な東京でぜひ五輪を 「福島と250キロ離れてるし」と | トップページ | なんの国益 尖閣国有化 »