フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「裏口改憲」と批判を呼ぶ9条解釈変更の姑息 | トップページ | 噴飯もの:アベシンゾーが「真の指導者」だと しかも世界屈指の(笑) »

2013年8月16日 (金)

反省も不戦の誓いも無し

東京新聞

首相「不戦」なき式辞 改憲憂う戦没者遺族

十五日に開かれた政府主催の全国戦没者追悼式で、安倍晋三首相の式辞から、近年の歴代首相が繰り返し表明していた「不戦の誓い」が消えた。戦争の多大な犠牲と引き換えに築かれた、平和主義の土台が揺らぐ。政府は、集団的自衛権行使容認に向けた解釈改憲の動きを加速させる。六十八回目の終戦記念日に、戦争体験者や遺族は何を思う-。

 炎暑の中、東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)では戦争を語り継ぐ集いが開かれていた。二瓶(にへい)治代さん(77)=東京都国立市=は「今、改憲や国防軍とか言っている政治家は、本当の戦争の姿を知らないからこそ、そんなことが軽々に言えるのだと思う」と目を潤ませた。一九四五年三月の東京大空襲の時は八歳。家族五人で逃げた。途中で意識を失い目が覚めたときには折り重なる遺体の下だった。安倍首相が全国戦没者追悼式で、歴代首相が踏襲してきたアジア諸国に対する加害と反省に触れなかったことについて「なぜ、きちんと語れないのか。言葉が出ないほどショックです」と言う。

昨日は、68回目の「敗戦の日」でした。

細川護煕以降の首相が表明してきた「アジア諸国に対する加害と反省」を踏襲せず、とサンケイ新聞も書いています。歴史を問題にするのは中韓だけだという政府高官は、これは戦没遺族に対する慰霊式典だから、と述べたそうです。

「不戦の誓い」も言葉にしない、というタカ派のアベシンゾーは、ある意味正直だと言えるかもしれません。しかし、戦争できる国にしていく、という、己の信条に沿って式辞を述べることで、遺族の気持ちも逆なでしている、ということでもあります。

« 「裏口改憲」と批判を呼ぶ9条解釈変更の姑息 | トップページ | 噴飯もの:アベシンゾーが「真の指導者」だと しかも世界屈指の(笑) »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58001408

この記事へのトラックバック一覧です: 反省も不戦の誓いも無し:

« 「裏口改憲」と批判を呼ぶ9条解釈変更の姑息 | トップページ | 噴飯もの:アベシンゾーが「真の指導者」だと しかも世界屈指の(笑) »