フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 噴飯もの:アベシンゾーが「真の指導者」だと しかも世界屈指の(笑) | トップページ | はだしのゲンに対する閲覧制限問題 »

2013年8月24日 (土)

楽天・田中の新記録で呼び起される記憶

このブログで、久々に政治社会問題以外の記事を書こうと思った。
東北楽天の田中将大が開幕から18連勝、昨年から通算で22連勝という記録を打ち立てた。

日刊スポーツ

▼田中が開幕18連勝、昨年からの連勝を22とした。1シーズンに18連勝以上は4人目で、57年稲尾(西鉄)のシーズン最多連勝へあと2に迫った。これで田中の今季防御率は1・15。2リーグ制後、シーズン防御率3傑を出すと、

 (1)70年 村山(神)0・98

 (2)56年 稲尾(西)1・06

 (3)59年 村山(神)1・19

 現在の田中は59年村山を抜く3位の数字で、連勝記録だけでなく防御率記録も楽しみになってきた。

田中マー君は素晴らしい投手だと思う。
あまりにも素晴らしい記録を達成すると、彼の勝ち運みたいなもの(そんな選手を何人も見た)を使い果たしてしまわないかと、老婆心ながら心配する。来年以降の活躍を期待する。

ところで、この記事で懐かしい往年の選手の名前を発見した。西鉄の稲尾と阪神の村山である。両名とも鬼籍に入られたが、こうして田中投手が記録を出すことで過去の記録も引っぱり出され、記憶が呼び起される。

戦後唯一、0点台の防御率記録を持っている村山実氏。
ザトペック投法(いまザトペック、と言われてもピンとこない人も多いことだろう)といわれ、全力投球する様は子ども心に焼き付いている。

wikipediaによると、この記録を打ち立てた頃、村山は右腕の血行障害に悩まされていたというから、さらに驚く。

1967年頃より右腕の血行障害に悩まされ、エースの座を江夏豊に譲る。1969年は兼任投手コーチ。1970年、選手兼任監督に就任。同年200勝達成。また、この年記録したシーズン防御率0.98は規定投球回数以上での戦後唯一の0点台記録

かつてトラキチだった私は、村山が力投し相手を0点もしくは1点で抑えているのに味方の貧打線が彼を援護しなかった。よく、そんな試合ぶりに切歯扼腕したものだ。

この頃は今と違って、地元近畿でも阪神タイガースは、人気度でも読売に遥かに劣っていた。シーズン後に行われる「ファン感謝デー」なども読売がやっているだけで、それを悔しく思っていた私は、阪神電鉄に勤めていて、当然のように阪神ファンである義兄(この人も3年前に亡くなった)に、「阪神も感謝デーすればいいのに」というと「そんな事しても客が入らんよ」と言っていたことを思い出す。

なにしろ、小学生御用達、お約束の野球帽もお店では「YG」マークしか売っていなくて(しかも地元・尼崎で!)、私はその「YG」マークをひっぺがして被ったものだ。今ならとても考えられないことだ。その村山氏も現役引退後は、日テレ系と解説者として契約し、密かに「この裏切り者」と思ったものだ。
思えば、人気があまりなかった頃の【ダメトラ】なんてスポーツ新聞に書かれていた阪神タイガースをこよなく愛していたように思う。いまや読売と人気を二分する、現在の阪神タイガースは、私の「判官びいき」の琴線を刺激しないようだ。

悲壮感漂うエース村山の記録がこうして新たに焦点になることは、嬉しくもあり、書き換えられて欲しくない、という「ファン心理」も働き、複雑な心境でもあった。

追記:巨人という表記を「読売」に改めた。

« 噴飯もの:アベシンゾーが「真の指導者」だと しかも世界屈指の(笑) | トップページ | はだしのゲンに対する閲覧制限問題 »

ニュース」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/58051462

この記事へのトラックバック一覧です: 楽天・田中の新記録で呼び起される記憶:

« 噴飯もの:アベシンゾーが「真の指導者」だと しかも世界屈指の(笑) | トップページ | はだしのゲンに対する閲覧制限問題 »