フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 参院選明日から | トップページ | ワタミを擁護する「勝ち組バカ」がいるそうで »

2013年7月 5日 (金)

会社側が解雇しやすい環境を作るのなら労働者も当然ロイヤルティは払いません

しんぶん赤旗

安倍晋三首相は雇用問題にふれ、「5月、前年同月比60万人の雇用が増えています」と胸を張りました。

 総務省「労働力調査」によると、確かに昨年5月から今年5月にかけて、雇用者は62万人増加しています。

 しかし、その内実は非正規雇用労働者の増加によるものです。

 正規労働者をみると、昨年4~6月期平均の3370万人から、今年5月には3323万人と47万人減少。一方、パート・アルバイト、派遣などの非正規雇用労働者は、同期で1775万人から1891万人へと116万人も激増しています。

 これでは、“働く貧困層”が増えるだけです。

安倍自民党は雇用が60万人増えた、と胸を張ったそうです。しかし、その実態は正規雇用が減り、パートやアルバイト派遣などの非正規雇用が116万人も増えたという構図だそうです。
ここでも国民を欺こうという意識が垣間見えます。

雇用の調整弁である、非正規雇用が増えても、見かけ上の雇用増でしかない訳でして。一たびリーマンショック級の経済不安が起これば、街には、ハロワには、失業者があふれるのは必定です。企業は己が実体を守るために、労働者を切り捨てることによって、その延命を図る訳です。そんなものは雇用の安定とは言い難く、景気の下支えの個人消費もいつまでたっても伸びません。したがって誰が名付け親なのか知りませんが、「アホノミソクソ」なんてのが、デフレからの脱却というお題目をいくら唱えても、一部の資産家や大企業銀行以外の多くの国民はデフレから一歩も出ないのでしょうし。

ちょっとここから個人的な話題になります。

少しだけカムアウトしますと。
私はある企業の、40人ぐらいの小さな規模の現場責任者という立場を担っています。しかし決して正規雇用なんかではなく、一年更新の期間従業員という、ハラホロヒレな人間でして。一応歳を食ってるのでアイツにやらせておけ、などというおよそ頼りない、なんちゃって中間管理職なんですね。
いつも支店の正社員様には、「なんだか責任は重いけれど、給料は軽いな」と精一杯の嫌味を言っては、溜飲を下げるだけの情けない生活を強いられている訳です。

そんな中、労務面も現場での様々な問題(おおむね人間関係)に直面しますが、その時は不本意ではありますが、「会社側の人間」として対応せざるを得ません。いくら、私は、あなたたちと同じ立場の労働者なんですよ、と思っていても短時間のパートの人や、ダブルワークのアルバイトの方からは「会社側の管理者」としてしか見られません。すぐに仕事面の不満などは私に直接ぶつけてきます。

そうすることが、彼(彼女)らのうっ積する不満のはけ口の解消になるんなら、とも思いますが、何しろ人間が出来ていないもので、ついイライラしてしまいがちです。でも、言葉を選んで話さなければなりませんし、暴言などはご法度です。勤めて冷静に話しているつもりですが、勝手なことばかりを言うな、なんて思ってしまうことも度々です。例えば、あいつと一緒のシフトに組んでくれるなとか、日にちが少ないとか、逆に多すぎてシンドイだとか。

出来る限り対応しますが、中には、仕事を辞めたくて色んな策を講じるタイプもいます、例えば今月もあったのですが、最初は体調面を理由に休みがちになるのです。四日ほど休ませて下さいと言ってきたので、休んで貰ったのですが、その後一日だけ出てきて、なんのかんのと、電話で別の体調の悪化を言って、挙句の果ては辞めたいという始末です。

しかも、いきなり、もう明日から出社できないというのです。
この会社のパート雇用契約の文言では、自己都合の退職の場合は最低2週間前に申し出る、というのがあるのですが、そんな契約もへったくれもあったもんじゃないのですね。
『急なんで困ったな。じゃ、せめて、医者の診断書は取れますか?』と訊くと「えー」と絶句するのですね。まあ、ここで察しがつくのですけれども。

ここなんかよりもずっと待遇の良い職場は掃いて捨てるほどあるでしょうし、より良い環境を求めるのは人の常です。ですから、辞めたいのなら、はっきりと何日々までに辞めたいので、と言えば、此方も対応するのですがねえ。

その他、あの人と一緒に仕事したくない、と言って勤務時間中に帰宅してしまう豪の者もいます。これには些か参りまして。つまり職場放棄ですね。まあ、あれですね、パート感覚と言ってしまえば語弊はあるのでしょうが、仮にこの人が正規社員ならこんなことをするのか?と言えば限りなく可能性は低くなる様な気がします。そしてその人は結局辞めてしまいました。

つまり、会社側も雇用調整なんて、解雇しやすい環境を作るのなら、労働者もそういう立場をとるぞ、という表れなんじゃないかと。
非正規雇用を増やすという側面はそういう副作用があるのです。会社も身勝手なら当然、防衛策として搾取される側の労働者も勝手にやらせてもらうよ、ということになりがちです。

私はどちらかというとアナーキーな考えの持ち主で、国の行く末ななんて知ったことか、という思いがある反面、個人は最大限尊重されていい筈だと思っています。けれども、こんな事ではこの国の、成長戦略だとか国際競争力なんて、アホノミソクソは画に描いた餅でしかありません。

ま、こんな小さな事例からも分かるように、労働者の小さな抵抗はアチコチで頻繁に起こり得るのです。結局、現場での人材不足で、私は立場上大変困った事になっている訳ですが。先に示した私の事例で言うと、決して、私はその人たちの選択を非難するつもりは毛頭ありませんがね。ま、同じ労働者としてそれでも味方です・・。

てゆーか、はた迷惑だけれど。

それにしても、その担当部署の4名のうち2名が今月辞めてしまう、という責任は私も問われることになるんだろうなあ。しかも人の手当てもこれからですわ(泣)

« 参院選明日から | トップページ | ワタミを擁護する「勝ち組バカ」がいるそうで »

仕事」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57728559

この記事へのトラックバック一覧です: 会社側が解雇しやすい環境を作るのなら労働者も当然ロイヤルティは払いません:

« 参院選明日から | トップページ | ワタミを擁護する「勝ち組バカ」がいるそうで »