フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 橋下:厚かましくも「庁舎に来なくても公務できる」だと | トップページ | 参院選挙の雑感 »

2013年7月17日 (水)

平和憲法に真っ向背反 自民党

J-CASTニュース

安倍晋三首相は、2013年7月15日放送された長崎国際テレビのインタビューで、将来の憲法9条改正に言及した。12日に収録されたもので、首相は「我々は9条を改正し、その(自衛隊)存在と役割を明記していく」と述べた。

   参院選公示後、首相はこれまで「改憲」の具体的内容についてあまり発言してこなかった。

当初は選挙で勝つことを優先して、それを争点としないで、隠そうとしていたようです。けれども、マスゴミの報道では、参院選での絶対的優位が伝えられていることもあって、憲法9条の改悪の本音をついポロリとしてしまったようです。
選挙に大勝という(マスゴミは報道ではなく、誘導ですな)、あまりの嬉しさでそのタカ派の本性がむき出しです。隠そうとしていた爪が「能が無い」ものだから、国民を傷つけるまえに隠しきれなくなった、ということでしょう。

しかも幹事長の戦争大好き・石破茂は、9条を変えたのち、徴兵を拒否する国民の厳罰化を視野に入れているといいます。
真夏の怪談話ではないが、背筋も凍ります。怪談ならフィクションだし、ゾーッとするだけで終わりだけど。

東京新聞 特報

平和憲法に真っ向背反 石破幹事長の「軍法会議設置」発言

自民党は同党の改憲草案で、憲法九条を変更して自衛隊を「国防軍」にすることを掲げた。それに伴い、国防軍に「審判所」という現行憲法では禁じられている軍法会議(軍事法廷)の設置を盛り込んでいる。防衛相の経験もある同党の石破茂幹事長は四月に出演したテレビ番組で、審判所設置に強い意気込みを見せた。「死刑」「懲役三百年」など不穏な単語も飛び出した石破氏の発言とは-。

こんな輩が何を考えているのか、空恐ろしいと言うしかない。
まったく正気の沙汰ではない状態です。ありていに言えば、狂っているんでしょうよ。

政権与党の幹部が実際にそういったことを考えている、という。
それは、限りなく現実味を帯びているということでしょ。

本当に、こんな政党がマスゴミの前宣伝よろしく、大勝ちして良いんでしょうか?

自分の子や孫が戦争に行くことを想像しなさいよ。
自民党とは、そういう政党ですぜ。

« 橋下:厚かましくも「庁舎に来なくても公務できる」だと | トップページ | 参院選挙の雑感 »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57808120

この記事へのトラックバック一覧です: 平和憲法に真っ向背反 自民党:

» 日本を取り戻す。その先は国まるごと使い捨て [痛みに耐えるのはこれからだ]
 どうやらねじれ解消という偽の錦の御旗によるマスゴミの洗脳効果も相まって自公があっさり勝ちそうな参院選。安倍ちゃんは日本を取り戻すと国家主義を前面に押し出しているが、 ... [続きを読む]

» 本当に不気味な自民党 [老人党リアルグループ「護憲+」ブログ]
7月16日の東京新聞特報部で、自民党幹事長石破氏が、4月に出演したテレビ番組で、自民党の新憲法草案でいう「国防軍」についての考え方を説明している内容が紹介されました。 映像が今も残っていて、それを見ると以下のように語っています。 「『これは国家の独立を...... [続きを読む]

« 橋下:厚かましくも「庁舎に来なくても公務できる」だと | トップページ | 参院選挙の雑感 »