フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月22日 (土)

【高市早苗】妄言を謝罪でも波紋

朝日デジタル

 自民党の高市早苗政調会長は17日、神戸市の党兵庫県連の会合で、「事故を起こした東京電力福島第一原発を含めて、事故によって死亡者が出ている状況ではない。安全性を最大限確保しながら活用するしかない」と原発再稼働を目指す考えを強調した。

 原発事故により多くの避難者が出ている現状で「死亡者が出ていない」との理由を挙げて、再稼働方針を強調する姿勢には、批判が出る可能性もある。

要するに、直接の原発事故死者が出てないから「大したことない」とでも言いたいのでしょうか。こんな輩が政策を練る政調会長だというのですから、自民党はたちが悪いと言うのです。

NHK

この発言に対し、自民党福島県連の平出孝朗幹事長らは、19日、党本部を訪れ、東日本大震災復興加速化本部長を務める大島前副総裁と面会しました。
この中で、平出氏は「福島県内では過酷な避難によって亡くなった人や精神的に追い詰められて自殺した人など、1400人を超える人が災害関連死と認定されている。今回の発言は県民に対する配慮が全くなく不適切なものだ」として、発言を撤回して県民に謝罪するよう求める抗議文を手渡しました。
これを受けて、高市氏は党本部で記者団に対し、「エネルギー政策に関する発言のすべてを撤回する。福島県の皆さんが私の発言によって大変つらい思いをされ、怒りを覚えられたとしたら、申し訳ないことだった。福島県の方や復興に努力している自民党議員を傷つけることになり、おわび申し上げる」と述べました。

原発災害関連で1400人もの方々の死亡が認定されているそうです。
それに対して謝罪だとして「福島県の皆さんが私の発言によって大変つらい思いをされ、怒りを覚えられたとしたら、申し訳ないことだった。」と言ったそうです。謝罪するにも、~としたら、と言うのが政治家の常套句です。
したら、って仮定の話じゃなくてさ。現実に各方面から非難轟々だからあんたも謝罪と撤回に追い込まれたんだろうが、という話です。

何か生産活動をする訳じゃなし、政治家とは言葉でしょう。
その言葉が不自由だというのは如何なもんかと。大阪の橋下なんかはその仮定の上にさらに、「誤解を生んだ発言で傷ついたということであれば、その点は本当におわび申し上げます」とぬかしますから。つまり、「アンタらが勝手に誤解したんだろうけれど、誤解したんなら謝りますわ。」ということでしかなくて、ぜんぜん謝罪になっていないのです。

話が横道にそれました。ことほどさように、政治家とかいう連中はひとを馬鹿にしてるということですな。でもしか政治家。

2013年6月21日 (金)

消費増税は法人税減税の原資

gomiuri

自民党は20日、7月の参院選の公約を発表した。  安倍政権の経済政策「アベノミクス」の推進や、投資減税や法人税の「大胆な引き下げ」など産業競争力の強化により、持続的成長を実現させるとした。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設については、政府方針に沿って「(沖縄県)名護市辺野古への移設を推進」すると明記した。憲法改正の発議要件を定めた96条などの見直しに取り組む方針も明記した。

自民党が20日発表した参院選公約は、昨年12月の衆院選公約をほぼ踏襲する内容となった。

 安倍首相の意向を受け、経済・成長戦略を前面に打ち出す一方、焦点の環太平洋経済連携協定(TPP)については、農業団体からの反発に配慮し、公約と総合政策集で書きぶりを変えるなど、「守りの姿勢」も目立った。

まあ恥を知らないですな。
しかもゴミウリの記事も『昨年12月の衆院選公約をほぼ踏襲する内容となった。』と書いています。酷いものです。

TPP断固反対!うそつかない!ぶれない!

などと、ほざいていた政党があっさりTPP参加表明してるのに、どこが昨年の公約をほぼ踏襲だというのか。なにが「ほぼ」だと。

断固反対!つーのは公約の柱でしょうが。
それで言うと、ほとんどの公約は「ほぼ」達成しました、とほざけるわい。ボケナスが、ということではないかと思う訳です。

いつも言われる、消費税増税とセットで法人税減税、投資減税です。さらに社会保障切捨てと、いかにも大企業・金持ち偏重。
弱者叩きを平気な顔して、公約でございます、と出す厚かましさはどうです。

強者に手厚く、弱者を泣かす。さすが「あの」ジミントウですわ。

2013年6月20日 (木)

【平塚市】生活保護を不当停止で謝罪

東京新聞

生活保護の就労指導をめぐり、神奈川県平塚市のケースワーカーの不当な対応が明らかになった。以前から「俺に文句があるなら保護費を止めたって構わないんだぞ」と、受給者を脅していたという。行き過ぎた就労指導に、ホームレス支援団体は「人権侵害。就労指導に逆効果だ」と怒りを隠さない。

保護費を止められていた四十代男性は、平塚市内のアパートで暮らす。ホームレス生活から抜け出し、自立して働いていたが、二年前に失業。二〇一一年五月から生活保護を受給していた。

 ホームレス支援団体「神奈川全県夜回り・パトロール交流会」によると、保護費の支給が停止した昨年十月以降、男性は生活に困窮。しばらく三袋入り百五円のうどんを一日一袋で食いつないでいた。光熱費も払えず、電気も一時止められた。昨年十二月十九日夜、男性は痛めていた脚の具合が悪化し、救急車で病院に運ばれた。病院からは栄養失調の影響も指摘された。

 「仕事したくないから病院に行ったのだろう」。搬送された翌日、足を引きずって窓口を訪ねた男性に、ケースワーカーはこう言い放ったという。

 二日後、脚の状態がさらに悪くなり、再び病院へ。脚に血栓ができていることが分かり、緊急手術を受けた。男性は当初、アパートの不動産会社の従業員に「病院に行くとケースワーカーにまた嫌みを言われる」と、病院に行くのも拒んでいた。

 市生活福祉課によると、昨年四月から男性にハローワークに行くよう指導していたが、就労活動の報告書に記録がなかった。ケースワーカーは「違法なやり方と分かっていたが、就労活動に本気になってほしかった」と上司に説明している。

(太字は管理人)

生活保護受給を抑制する「水際作戦」が、粛々と行われているという証左ですね。このケースワーカーも違法だと認識しながら「就労活動に本気になって欲しかった」という言い訳をしています。ホームレスから自立して一時は就労していたこの男性は「失業」したのですから、とやかく言われる筋合いはないと思いますがね。

誰だって失業くらいするでしょう。私も失業の経験は両手で数えるほどありますわ。色んなあれやこれやで、たまたま生活保護に頼らなくて済んだからというだけです。
当然失業保険が受給できなければ、或いは給付が終了すれば、生活保護に頼るしかなかったのでしょう。

『男性は生活に困窮。しばらく三袋入り百五円のうどんを一日一袋で食いつないでいた。光熱費も払えず、電気も一時止められた。』

三袋105円のうどんを、一日一袋で食いつなぐ生活を余儀なくされていて、就労活動もないもんです。うどん1食のカロリーってどれくらいなんでしょうか。調べますと300~400KCalだそうですよ。一日の基礎代謝だけで成人男性なら、1500KCal必要なのです。生存権もなにもあったもんじゃないと思いますがね。

そういった状態で就労に意欲だとか、本気出せだとか。
そんな気持ちになれるものなのかどうなのか。
テメエがそうならないと分からない、想像力の欠如も甚だしいのです。
そんな事よりも、まず体力をつけることからスタートするのが当然でしょう。少し考えればわかりそうなもんです。

自治体では、このケースワーカーみたいな職員に「生活保護費受給抑制」のノルマを課しているんではないかと思われる節があります。
でなければ、違法だと認識しながら、「俺に文句があるなら保護費を打ち切るぞ」なんて恫喝の言葉は吐かないでしょう。

東京新聞

神奈川県平塚市のケースワーカーが昨年十月、生活保護費を受給している四十代の男性に対し、就労意欲がないとして不当に保護費を止めていたことが市への取材で分かった。ホームレス支援団体から抗議を受けるまでの約八十日間、二カ月分の保護費が支給されず、男性は栄養失調で救急搬送された。県は十二日、「明らかな法令違反」として市を指導した。 (中沢誠)

 生活保護法では、行政側の指導に従わない場合、保護費の支給を停止、廃止することができる。ただし、文書で指導した上で、本人の弁明を聞く機会を設けなければならない。平塚市のケースワーカーは、いずれの手続きも踏まず、独断で支給を止めていた。

こうしてトカゲのしっぽ切りか?個人の独断だということで、決着させるのが組織の組織たる所以でしょうか。

まあ抑制の本丸と言えば、アベ政権による生活保護法改悪です。先だっても大阪の北区で餓死したと思われる母子の遺体が発見され、「もっとおいしいものを食べさせてあげたかった」というメモがあったばかりです。
はたしていまや国民は、「健康で文化的な最低限度の生活を受ける権利を」有しているのでしょうか。

2013年6月19日 (水)

石原が橋下を批判 終わりの始まり 「維新の懐」と

朝日デジタル

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は18日の党国会議員団の役員会で、従軍慰安婦をめぐる発言で党への逆風を招いた橋下徹共同代表に対し、「責任者が招いた事態だから仲間に謝るべきだ」と謝罪を要求した。

 役員会では橋下氏が「釈明の場」を設けるよう調整することで一致。石原氏が役員会後に橋下氏に電話し、テレビカメラの前で釈明することを求めたが、橋下氏は「では、代表を辞めれば良いんですか」と反発。「(6月末の)執行役員会やツイッターで説明する」と拒否したという。

 石原氏は最近、橋下氏の発言を「橋下問題」として公然と批判。橋下氏が米軍輸送機オスプレイの飛行訓練の一部を八尾空港(大阪府八尾市)で引き受ける考えを示したことにも「地元の市長が聞いていないようなことは言わない方がいい」と不満を漏らしていた。橋下氏が謝罪に応じなければ、両共同代表の亀裂は深まる可能性がある。

ニッポン維新の会ならぬ、維新の崩壊と言いますか。
橋下の暴言・妄言をイシハラが諌めた、という構図になっているようです。
「あの」数々の暴言妄言で舌禍事件を起こしてきた石原には、「オマエが言うな」というお決まりの言葉を送っておきましょう。

従軍慰安婦に対する「従軍慰安婦制度が必要だったのは誰でも分かる」という暴言を吐いた橋下に、石原も「軍には売春はつきもの」と橋下を擁護していたくせに、極右政党の支持率が低迷して、今度の参院選では惨敗が噂されていることから「大迷惑だ」ということだけの内ゲバですわね。これでどんどん揉めまくって本当に崩壊してもらいたいのですね。
崩壊、結構、ほーかいな、と言いますかね。

しかも、さらに石原は「終わったね・・・あの人も」と橋下を見放したような発言もあったそうですから。先の戦争も橋下は侵略だというらしいのですが(これは正しい)、アナクロ極右・石原が侵略じゃないという認識の違いだそうです。

yahoo!ニュース

さらに「徹底的に違うことはあいつが『あの戦争は侵略戦争だ』と言っていること」と明言。「俺は『侵略じゃない。マッカーサーも防衛の戦争だって言ってるじゃないか。君、そういうのどう思う』って聞いたら、それでも『侵略です』と。もう埋まらない。根本が違う。こんだけズレちゃうと困っちゃうよね」と苦笑い。将来的に価値観を共有できる可能性について「ないね」と言い切った。

だったら、数合わせかなんか知らないけれど、初めっから野合なんかするなよカス!と言いたいですね。

「俺は義経を守る弁慶だ」と、橋下を最大限に持ち上げていた石原が「あいつ」呼ばわりですか(笑)。
ま、これでニッポン維新の会もオワタね、となって欲しいものですが。結局この極右の支持層が腐敗自民党なんかに流れてしまえば、何のこたあない。
そう変わんない、という流れになることは避けたいもんです。

追記:

イシハラに言わせると、橋下は「先の戦争は侵略だ」とのたまったそうですが、以前に「『侵略』の定義が定まっていない」と屁理屈を言ってましたので、侵略だった、と言うのも相変わらず、支離滅裂ですわな。

2013年6月15日 (土)

【橋下】厚顔にも程がある 沖縄の戦没者追悼式典出席へ 

沖縄タイムス

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が、23日に糸満市で開かれる沖縄全戦没者追悼式に出席する方向で調整していることが分かった。関係者が14日、明らかにした。政党党首としての出席で、石原慎太郎共同代表は欠席するという。

 橋下氏は6日、安倍晋三首相と会談し、米軍新型輸送機オスプレイの一部訓練を八尾空港(大阪府八尾市)で受け入れる構想を提案しており、沖縄の基地負担軽減に関する積極姿勢をアピールする狙いもある。

 ただ、在日米軍に風俗業活用を促した発言への反発もあり、奏功するかどうかは不透明だ。

石原のジジイは寄る年波に勝てず、欠席だそうです。
で、なんで行くのかというと政党の代表として行くのだそうですが、まあ、大阪市のことなんてコヤツにはアウトオブ眼中です。テメエの野望と保身のためなら横車を押しまくりの支離滅裂でもカエルの面にションベン。

沖縄の基地負担軽減に係る積極性をアピール、って仮にオスプレイの訓練を八尾空港でやったとして、なんの負担が、軽減だと思っているのか、このバカヤロは。沖縄の総意は普天間基地の即時閉鎖でしょ。普天間基地を八尾に受け入れると言うんなら、負担軽減と言えるかもしれないが、そんなことを言ったら、それこそ上へ下への大騒ぎですわね。

しかも米軍兵士に風俗を活用しろ、という暴言を吐いておいてどのツラ下げて沖縄に行けるのでしょうか。その厚顔ぶりは十分にアピールしているけれど。『在日米軍に風俗業活用を促した発言への反発もあり、奏功するかどうかは不透明だ。』と沖縄タイムスも書いています。

来るんぢゃないよ、と言われましても。スミマセン、行くそうですよ、バカは。・・ってなんで私が謝らなければいけないんだよ、ハシゲめ。

2013年6月10日 (月)

個人をないがしろ「法人を尊重」するアベノミクスとやら

しんぶん赤旗

「骨太方針」や「成長戦略」は、「原子力発電の活用」を掲げ、「原発の再稼働を進める」ために、「政府一丸となって最大限取り組む」としています。

 原発については、4月に開かれた日本原子力産業協会の年次大会で、今井敬会長が「基幹電源としての原子力の必要性は自明」と述べ、早期再稼働を要求していました。さらに原発輸出について、今井会長は「原子力技術の海外展開は、日本の成長戦略の一翼を担う」と強調しています。

 「成長戦略」は「2020年に30兆円のインフラ輸出を実現する」としています。産業基盤を輸出する「インフラ輸出」の中には原発輸出も含まれています。

 原発の再稼働や輸出は、莫(ばく)大(だい)な利益を目当てに原発に固執する原発利益共同体の要求に応えるものです。

 また、「世界で一番ビジネスのしやすい環境」をつくるとして「国家戦略特区」の創設を掲げました。疲弊した国民経済を立て直すことよりも、多国籍企業に奉仕するものです。また、世界の金融市場をかく乱させている投機マネーを呼び込むことになります。

未だに収束の道筋すらみえない、原発過酷事故を起こしながら、原発を基幹電力だというこの錯綜した考えや、安全だと言いつのり世界に売り込もうという、とてもじゃないが、正気の沙汰とは思えないことを喚き散らすアベシンゾー・アベノミソクソです。

鎌田慧氏は著書である、「原発列島を行く」の冒頭でこう述べています。

『いまのわたしの最大の関心事は、大事故が発生する前に、日本が原発から撤退を完了しているかどうか。つまり、全ての原発が休止するまでに、大事故に逢わないですむかどうかである。大事故が発生してから、やはり原発はやめよう、というのでは、あたかも二度も原爆を落とされてから、ようやく敗戦を認めたのとおなじ最悪の選択である。』

鎌田氏の言を借りれば、原爆を二発も落とされた上に、さらに原発事故で何十万人という避難者を出したのに、それでも未だ原発を基幹電力だとぬかす、今のニッポンの指導者って、はっきり言って●チガイか、と言わざるを得ないことになります。

ま、所詮、自民党政治とは、大金持ちや大企業を優遇する政党だと言えますわね。そういった連中が政治家に直接資金をばら撒いてくれるからでしょう。それはつまり、自分に大金を拠出してくれる、すぐに顔が見える企業や大金持ちにサービスをするのが当然だと言う単純な思考からのような気がします。
しかし、政党助成金という、最も多くの政治資金を出しているのは名もなき多くの国民ですけれどね。

にも拘らず、大企業や金持ち投資家にばかり気を遣い、年金支給年齢先送りや、生活保護法改悪など。弱者には厳しい態度を取り続けます。

法学館憲法研究所

近代の憲法は、国家権力に歯止めをかけて、国民の人権を守るために生まれました。ですから、憲法は「人権保障の体系」であるということができます。そしてここで人権を保障される国民は、あくまでも個人として尊重されなければなりません。「個人の尊重」こそが憲法の基本的な価値なのです。

ひるがえって、安倍内閣のこういった姿勢は酷いものですな。

2013年6月 7日 (金)

「骨太」なんて手垢のついた セイチョー戦略だと

アベノミクスとやらが、成長戦略の3本の矢でカルシウムたっぷりの骨太で、そんなもん、牛乳だけにしてくれって話です。
画に描いた餅でしかない、10年間で150万円の所得増・・って、さっぱり具体的な話は分からないのですが、なんだかアベシンゾーが胸を張っているようです。しかも、その根拠は?と訊かれて、明確に答えなかったと言いますから、橋下のオスプレイ訓練と同じ、保身のための打ち上げ花火みたいなものですか。

毎日.JP

政府は6日の経済財政諮問会議(議長・安倍晋三首相)で、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」の素案を提示した。国の借金残高の水準を21年度から安定的に引き下げることなどを柱とする従来の財政健全化目標を堅持し、歳出のうち社会保障、公共事業、地方財政の3分野について「聖域とはせず、見直しに取り組む」と明記した。14日に閣議決定する方針だ。

消費増税は着実にやっていく、という一方で、社会保障費も聖域とせず。見直しという削減に取り組むとしています。国民を塗炭の苦しみに追い込みながらも、財政再建!と言いつつ、法人税減税にはカンボーチョーカンが言及するという支離滅裂ぶりです。企業向けリップサービスかなんか知らないが、『支離滅裂』は、お得意の橋下に任せとけよ。

ゴミウリ新聞

菅官房長官は6日の記者会見で、民間活力を重視する成長戦略に関連し、法人税率の引き下げについて、「当然、検討対象になっていく」と述べ、今後、具体的な議論を進める考えを示した。

 海外の主要国と比べて高水準にある法人税実効税率の引き下げを求める経済界の期待に沿うもので、税制改正を通じて投資拡大を探る狙いがある。

菅(スガ)カンボーチョーカンが法人税減税に言及したかと思えば、これに対して早速党内から異論がありまして。

アソウさんは「法人税は払っていない会社が7割いる。法人税を払っていない会社には下げてもらって意味はない」と指摘したそうですから。元首相がなんだか極めてまともな意見を言うのがおかしくってですね(笑)。思わずツイートしてしまいました。
そりゃそうですわね、法人税なんて黒字企業しか払ってないのですからね。

2013年6月 5日 (水)

【橋下】オスプレイ訓練受け入れ発言で地元の反発に対し、橋下氏は「松井知事が協議すると思う」と、丸投げ

東京新聞

 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は三日、菅義偉官房長官と六日に会談する際、米軍新型輸送機MV22オスプレイの訓練の一部を大阪府八尾市の八尾空港で受け入れる提案をすることを表明した。「沖縄県の在日米軍基地負担軽減のため、訓練くらい本州で受けないといけない。僕らが大阪の話を出さないのは無責任だ」と述べた。一方で「防衛政策の観点で精査したわけではない。できるかどうかは分からない。政府にボールを投げる」と述べ、実現可能性の明言を避けた。菅氏との会談には日本維新幹事長の松井一郎大阪府知事も同席する。

 橋下氏は旧日本軍の従軍慰安婦や在日米軍の風俗業活用に関する発言が国内外から批判を浴び、日本維新は支持率低下に苦しむ。参院選を控え、基地問題に積極的に取り組む姿勢をアピールすることで、巻き返しを図りたいとの思惑がある。

こうした反応について橋下氏は記者団に対し「大阪府民、八尾市民から反発が出るのは当たり前だ。ただ、選挙のことは一切考えていない」と強調した。

 構想のきっかけについては大型連休初めに沖縄県を視察した際、政策協定を締結した政治団体「そうぞう」代表の下地幹郎元郵政民営化担当相から打診を受けたことを明らかにした。「オスプレイの訓練の一部を本州で引き受けてくれないか」との内容で、それに基づき八尾空港での受け入れを検討したという。

この橋下という男だけは本当に度し難い。
いったい何様のつもりなんでしょう。たかだか大阪市長の分際で「オスプレイの訓練を受け入れる」などと、何の権限があるというのでしょうか。従軍慰安婦の妄言でアメリカ様に睨まれたもんだから、失地回復とばかりにシッポを振れば、許してくれるとでも愚考したんでしょう。そうとしか思えないクソ馬鹿ぶり炸裂です。

さらに、言うに事欠いて、大阪府民、八尾市民から反発が出るのは当たり前だ、などと、イケシャーシャーとぬかすのですから、ほんま、どげんかしたろか、という気になります。
しかも基地問題に取り組む姿勢をアピール、と言いますが、過去には大阪府知事時代、関空に普天間の海兵隊を持って来ればいいと喚き散らしていて、その後は「そんなことあったの?」という態度だったくせに、どの口がそんなことを言うか、と。訓練くらい本州で受け入れないといけない、と言うが、とっくに山口県岩国周辺でも訓練が行われているし。

私が住んでる四国では「オレンジルート」だとかで、昨日もウチの近辺で上空を大きな爆音がするなと空を見上げました。どうもヘリにすれば、・・と思っていれば、案の定オスプレイが飛来していた模様です。
オスプレイ3機、岩国基地に飛来 http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20130605-OYS1T00310.htm

その場その場の、思い付きでモノをぬかすからこういう羽目になるんでしょうな。しかも、この構想のきっかけは沖縄の下地元郵政民営化担当相から『打診を受けた』と他人の名前を出し、早くも逃げを打っていますから、とことん姑息な橋下らしいやり口でしょう。

2013年6月 1日 (土)

【渡辺美樹】:「雑巾掛け」をするなら国民の代表たる議員などになるなよ。

相も変わらず、大阪の橋下がグチャグチャと妄言を声高に叫び続けている状況です。なんぼでもツッコみたいところをここはぐっと我慢して。
ブラック企業で名高い「ワタミ」の渡辺美樹が、今度の参院選で厚かましくも自民党から立候補するのだそうです。最近はユニクロなんて言う強力なライバルが現れてしまい、そのブラック企業ナンバーワンという地位も激しく追い上げられているようです。で、創業者自らが起死回生を図るべく、ブラック企業の地位向上に打って出た格好でしょうか。

スポニチ

参院選比例代表に自民党から出馬する飲食店チェーン・ワタミの渡辺美樹会長(53)が31日、党本部で会見した。

 4月に安倍晋三首相から直接出馬要請を受けたと明かし「アベノミクスは見事な政策だが、ここからが正念場。実体経済の成長のため、中小企業の育成など経営者としての私の経験を生かしたい」と説明。

 前日30日に石破茂幹事長らと面接した際「経営者として成功しているが、1年生議員として朝早くから党本部に来られるか」と聞かれたといい、「1年生として政治と向き合い、国民の幸せを実現することに挑戦したい。雑巾がけからやらせていただく」と決意を表明。31日付でワタミの常勤の会長から非常勤の会長に退いたことも報告した。

なんだか、「1年生として雑巾がけからやらせていただきたく 」などと殊勝な心がけと言いますか、世間に媚びへつらう態度があざとらしい、そんな出馬表明をしているようです。厚かましくもそう言えば低姿勢をアピールできるということか、慇懃にノタマッテいるあたりが、逆にこの男の傲慢さが見て取れます。

過労で自殺した新入社員を、労災認定されながら「労務管理できていなかったという認識は、ありません」などと、うそぶいて、世間のヒンシュクを買いながら、テメエの金銭欲が満たされたら、次は名誉欲だということでしょうか。自民党からアベシンゾーの要請で立候補ですから、呆れたもんです。東京都知事選では石原やそのまんま東に敗れたけれど野望を捨てきれず、どこまでも政治家に未練たらたらの立候補でしょう。

以前には維新の会の橋下や松井の要請を受け、大阪府・大阪市の特別顧問や安倍内閣の教育再生会議の委員をやっていたのですから、この男のつながりやその関係筋がどこにあるのか、分かるというもの。

ブラック企業大賞では、「あの東電」を抑えて、得票数では堂々の第1位に輝くワタミさんです。民間企業だけでは飽き足らず、今度は国のブラック化を進めようということなんでしょうか。しかも、謙遜なんだか知りませんが「雑巾がけからやらせていただく」などとそれがあたかもいいことのように喚いています。国会議員と言えば何十、何、万人という国民の代表です。その代表者が「私は当選のアカツキには、皆さんの代表として、自民党の1年生として雑巾がけをします!」と言ってるようです。

アンタはエライ、なんて言うほどこちとら馬鹿じゃありませんからね。お前みたいなヤカラをわざわざ「雑巾がけ」のために、なんで高い歳費を払って雇わなきゃいかんのだ、と思うところ。しかも「雑巾がけ」は低い地位の者がするんだ、という予断を与えていて。あんまり人を馬鹿にしてんじゃねえ、という気にさせてくれます。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »