フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 憲法を勉強しなけりゃいけないワケ  | トップページ | 「内田樹の研究室」を読む »

2013年5月 4日 (土)

テンで成長しない首相に「せいちょうりょく」と言われるのも片腹痛い

東京新聞

景況感改善したけど… 賃金・雇用増 2割どまり

日本の主要企業の景況感が大きく改善している。政府と日銀が打ち出した経済政策が企業の意識を前向きにし、東京新聞(中日新聞東京本社)が三日にまとめた主要企業アンケート(二百四十一社回答)では五割超が二〇一三年度の増収や増益を見込んだ。ただ、一三年度の賃金アップを表明したのは約二割、一四年春の新卒採用を増やす企業も二割にとどまった。景気回復の恩恵が国民生活まで浸透するのは先になりそうだ。(景気アンケート取材班)

アンケートで従業員の賃金を「増額する」と回答したのは五社に一社。ほぼ三分の一が「増額しない」と答え、四割は「未定」と賃金アップには慎重だった。一四年四月入社の新卒採用数もほぼ半数が「横ばい」だった。

 安倍政権は消費活性化による景気回復を促すため、給与総額を増やした企業の法人税を減税すると表明した。コンビニ各社が賃上げを表明したが、他業種の追随はない。

アンケートでは欧州や新興国の景気減速が懸念材料として多く指摘されたが、「政府の成長戦略の停滞」(電機)や「消費増税など将来の負担増」(食品)など国内の不安を指摘する声もあった。今後に対する不安は簡単には払拭(ふっしょく)できないようだ。

『賃金を「増額する」と回答したのは五社に一社。ほぼ三分の一が「増額しない」と答え、四割は「未定」と賃金アップには慎重だった。』

少し前、安倍政権に親和する企業(ローソン)が、賃金、(しかも一時金で)アップするなどと、特大お手盛り記事が紙面を賑わしましたけれど。円安になって株価が上がってとか。
だがしかし、実体経済には蚊が刺したほども痛痒を感じていないようです。ガソリンなど、原料費が高くなって庶民のフトコロと生活を直撃しただけと。

まあ、マスゴミが盛んに持ち上げるアベノなんたらっての正体がこれですね。
えーとなんですか、・・アベノミソクソって、「三本の矢」とかだそうでして。
金をどんどん刷って、ゼネコンに金をばら撒く、国土強靭化など。その他「成長戦略」っていうのがあるそうです。

でもって、「Everyone says I love you!」さんから(http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/c730f8575997de44b450a05d158bfa38)から頂いたネタですけれど。

アベシンゾーが「成長力」ってのを訴えるのですが。私もせんだってツイートしました。アベちゃんは、まずきちんと漢字を書けるようになってから訴えろ、とゆー話ですわね。

D69a493ed1359bc931bb21952230c7bb

テンでなっていない、もそうだけれど。
「ノ」もないのね。

« 憲法を勉強しなけりゃいけないワケ  | トップページ | 「内田樹の研究室」を読む »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57306499

この記事へのトラックバック一覧です: テンで成長しない首相に「せいちょうりょく」と言われるのも片腹痛い:

« 憲法を勉強しなけりゃいけないワケ  | トップページ | 「内田樹の研究室」を読む »