フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 久々のツイートまとめ 3月分 | トップページ | 憲法を勉強しなけりゃいけないワケ  »

2013年4月24日 (水)

世界同一賃金をいう ユニクロの「クロ」はそのまんまの意味だったか

何故か自民党が政権与党になると、企業の中からも、どうもトチ狂ったようなことを言い出す経営者が出てまいります。
前回のアベ内閣のときには「財界の爺ペット」と異名をとったオクタニレーコなどというおばはんが登場し、【ホワイトカラーエグゼンプション】の尻馬にのかって、日曜も祝日もいらない、などと、割増賃金を払いたくないのかどうか知らないけれど、トンデモを喚いて世間のヒンシュクを買ったのです。

で、今回のはユニクロを展開するファーストリテイリングの柳井何某です。

朝日デジタル

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、店長候補として採用した全世界で働く正社員すべてと役員の賃金体系を統一する「世界同一賃金」を導入する考えを明らかにした。海外で採用した社員も国内と同じ基準で評価し、成果が同じなら賃金も同水準にする。

(柳井会長兼社長のインタビュー部分)

――中国などに比べて賃金が高い日本は下方圧力がかかって、逆に低い国は賃金が上がるわけですか。

 「日本の店長やパートより欧米の店長のほうがよほど高い。日本で賃下げをするのは考えていない。一方で途上国の賃金をいきなり欧米並みにはできない。それをどう平準化し、実質的に同じにするか、具体的な仕組みを検討している」

 ――いまの離職率が高いのはどう考えていますか。

 「それはグローバル化の問題だ。10年前から社員にもいってきた。将来は、年収1億円か100万円に分かれて、中間層が減っていく。仕事を通じて付加価値がつけられないと、低賃金で働く途上国の人の賃金にフラット化するので、年収100万円のほうになっていくのは仕方がない」

 ――付加価値をつけられなかった人が退職する、場合によってはうつになったりすると。

 「そういうことだと思う。日本人にとっては厳しいかもしれないけれど。でも海外の人は全部、頑張っているわけだ」

【年収一億円か百万円に分かれて中間層が減っていく。】

私みたいなのを、愚の骨頂と言うのです、と広言してんのかね?
鬱になって退職して行っても「そういうことだと思う」とシャーシャーと言ってのける様は、「ブラック度」をワタミと競ってんのか。

ま、テメエの店で売っている品物の購買層がどこにあるのか分かっていないわけですね、この独裁経営者は。
一億円稼ぐ人間がユニクロなんかで買い物するとでも思ってんのか。逆に100万円だとユニクロどころか、安物買いの、「GU」ですら買い物もできませんわ。というか、飯も喰えなくて、生きてけません。
おめえが100万で生活してみろ。

少しばかり業績が良いと、豚もおだてりゃ調子コク、みたいな典型のアホ経営者です。ひと様のツイートを埋め込みます。

次に私のツイートをば。

最後に拙いですが、川柳をば。

« 久々のツイートまとめ 3月分 | トップページ | 憲法を勉強しなけりゃいけないワケ  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
なんか悲しいですね。
日本人だって頑張っていると思いますけど。
こういう経営者の方々は最終的に何をしたいのでしょうか、、、

ユニクロに関して、評論家の金美齢氏は次のように語っている。
「日本再生のためには、『メイド・イン・ジャパン』に回帰することです。中国製であるユニクロ製品を買うのは、日本人が自分の首を絞めているようなもの。ユニクロ会長兼社長の柳井氏は都内の広大な土地に大邸宅を建てていますが、日本の繊維産業をだめにした上にそれは成り立っているのです。彼は経営者として成功したと思いますが、日本の社会に害をなしたと私は思っています」

あきこさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。

本当に、こういった経営者を見るにつけ、何をしたいのだろうか、という思いに駆られますね。
自社の規模の拡大や、売上、利益ばかりに目を奪われてしまい、社会に貢献する、というそもそもの企業理念や、事業で得た利益の再分配というものが、完全に抜け落ちています。
自分がここまで大きくしたんだから、どうしようと俺の勝手だ、という企業の私物化でしょうか。そこに働く従業員や関連する人々の生活なんて、あなたの眼中にないのだろう、と言われても仕方がありません。

そして、この人が大きく勘違いしているのは、リテイリングという社名にしているくせに、ユニクロで購入している個人客の消費者心理というものがまったく見えていません。
こんな、従業員のことを使い捨てにするような薄情な経営思考のお店では購入したくない、という個人客の気持ちが出てしまうという怖れも十分にあります。
ひいてはこの経営者が喉から手が出るほど欲している利益や売り上げの減収、という事態に発展する可能性も考えられます。以前キャノンの御手洗さんが経団連の会長だったころ、ごう慢な発言を繰り返し、実際にキャノンが売り上げ減になったかと記憶しています。
いや、なに、国内で売れなくたって構わない、海外で売れりゃいいんだよ、などと言うニッポンの経営者にありがちな、とても傲慢な考えがあるのかもしれません。きっとそうでしょうね。

いつかユニクロの企業経営が上手くいかなくなった時に初めて気がつくんでしょうか。
それでは経営者失格でしょうね。気がつくかどうかも怪しいものですけれども。

うなぎさん、コメントありがとうございます。

「中国製であるユニクロを買うことは・・」というのではありませんね。
中国製品はそれこそユニクロだけにとどまりません。中国で製造していることを批判するつもりはありません。言わんとするのは、こういう経営思考そのものを批判しているのであります。

へんせいふうさん、こんばんは
どこが他と違うのでしょうか。
幹部役員は世界同一賃金、当たり前。
他の社員、地域によって違う、当たり前。
記者発表すること自体、意味不明です。
中間層が無くなれば、購買力は低下、ユニクロのものは買わなくなります。
昔のユニクロみたいに安かろう悪かろうになるなら別ですが。
そうしたら世界展開はできません。

愛てんぐさん、またまたどうもです。

要するにこの柳井という男は、下方圧力を採用して、できる限り安い賃金で従業員をこき使いたいだけの守銭奴野郎です。もう二度とユニクロなんかで服を買ってはいけません。そこまでしないとこんな輩には分からせることは不可能です。ユニクロが倒産して初めて分かってからじゃ遅いんですがねえ。早い話が柳井は「アホ」なんですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57238097

この記事へのトラックバック一覧です: 世界同一賃金をいう ユニクロの「クロ」はそのまんまの意味だったか:

» ユニクロが「世界同一賃金」を導入、全世界で同じ給与水準に [【2chまとめ】ニュース速報]
1 :アジアゴールデンキャット(神奈川県):2013/04/23(火) 07:28:47.04 ID:N8gTuQOHP ?PLT(12001) ポイント特典「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、店長候補として採用した全...... [続きを読む]

« 久々のツイートまとめ 3月分 | トップページ | 憲法を勉強しなけりゃいけないワケ  »