フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« イシハラさん。憎まれっ子世にはばかる、なんて言いますね | トップページ | 新聞などへの消費増税を回避するために展開する言い訳 »

2013年4月 6日 (土)

石原暴言を取材した「新聞社が悪い」と擁護&十八番、逆ギレする橋下さん

しんぶん赤旗

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が5日の会見で、石原慎太郎共同代表の「軍事国家になるべきだ」との暴言について、取材した新聞社が悪いと逆ギレしています。

 石原氏は「朝日」のインタビュー記事で「憲法を改正しなければならない」「日本は強力な軍事国家、技術国家になるべきだ」「核武装を議論することもこれからの選択肢だ」「橋下君を首相にしたい」と持論を展開しています。

 これらの暴言について記者団から問われた橋下氏は、「石原代表は作家さん。『軍事国家』の意味は解釈の幅が広いので、もうちょっと丁寧に説明していかなければいけない」。暴言を否定するのかと思いきや、「国家だから必要な力はもつべきだ。ナマの力も放棄しておとぎ話で安全保障なんて守れるわけない」「国家のナマの力といえば国内の警察力と対外的な軍事力、これが国家を成り立たせている基本要素だ」と石原氏同様の見解を述べました。

 発言はさらにエスカレート。「また石原代表がこんなことを言っていると思われるでしょうけれど、丁寧に説明すればみんなが理解してくれる」と擁護した揚げ句、「『朝日』特有の誘導策ですよ。僕にインタビューしてくれたらいいじゃないですか」「(『朝日』記事は)きわめてひきょうなやり方だ」と語気を強めました。

赤旗の記事が面白いです。

昨日は石原慎太郎の軍事国家になるべきだとの暴言をエントリーしましたが、これを擁護するというか。
維新の会・アホの橋下共同代表がいつもの逆ギレを早くも披露したそうです。コヤツの言い訳がまた。いつものことではありますが酷いもんでして。無理が通れば道理が引っ込むを画に描いたような、ツッコみどころ満載のコメントの数々です。

「石原代表は作家さん」

・・・だから何なんなのかね?
妄想を膨らませるなら、石原さんが書く、クソクダラン小説の中だけにしとけって話です。国会議員を辞めてから妄想でもなんでも書き殴ればいいのです。仮にでも今は、国民の税金で飯を食ってるくせしやがって。

「軍事国家の意味は解釈の幅が広いので」

・・・ほかにどんな解釈があるんだろか。
軍事国家は軍事国家だろ(笑)。いや軍事国家は平和国家です、という意味が含まれます、とでも言いたいのか。
もっと丁寧に説明しなけりゃいけない、というならば。どーゆー広い意味があるのか具体的に言ってみろよ、橋下さんよ。

「ナマの力も放棄しておとぎ話で安全保障なんて守れるわけない」

・・・おとぎ話ってなんでしょうか。9条のことを言いたいのでしょうかね。
何よりも、「安全保障を守る」っていう文章の意味が分かりません。軍事力を「ナマの力」というんですか。「なまのか」って読んでしまいました。新しい第三のビールかと思いました。

「『朝日』特有の誘導策ですよ。僕にインタビューしてくれたらいいじゃないですか」「(『朝日』記事は)きわめてひきょうなやり方だ」

・・・さすがに、てめえのお得意である、詭弁をもってしても無理があると判断したのか、今度はもう一つの十八番、逆ギレで応酬です。

しかも、朝日はひきょうなやり方だ、と言うに至っては、暴走老人のマズイ発言だというのを自ら認めた証左でして。お笑いコントのオチにすればちょっと弱いかな(笑)。
しまいにゃ、「ぼくにインタビューしてくれりゃいいじゃないですか」と言うのです。ちょっと、頼むからあんな老人にインタビューしないでくれ、とでも言いたいのかしらん(笑)。
ならば、あの暴走老人を施設では引き取り手もないだろうし、国民の税金を搾取してお金だけはたんまり持ってんだろうから、橋下さんが在宅介護でもしてやればどうなのでしょうか。

最近の橋下は詭弁も無理があると感じているのか、逆ギレばかりが最後の切り札。そんな芸風もマンネリですなあ。
新たなネタを探さないと、『ふわっとした民意』からも飽きられてしまいまっせ。

« イシハラさん。憎まれっ子世にはばかる、なんて言いますね | トップページ | 新聞などへの消費増税を回避するために展開する言い訳 »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

 いくら日本の国会議員が仕事してないからって「作家だから」はねーだろよ。それじゃ国会議員よりも作家先生のほうが偉いって事になるじゃねーか。どうせ政策がフィクションだってんなら作家先生の方がその道のプロなんだからラノベの作家100人で萌え国家にした方がアベノミクスよりよほど景気回復に役立つぜ。国会議員の責務を何だと思ってるんだ、公私の区別も付かないのか?公私の区別はテメエ勝手に使い分けるのが当然だ、ダブスタ上等でぶっちぎるのか?

・・・などと次から次に突っ込みを入れたくなりますなあ。民主党政権時代に閣僚がこんな事言おうものなら確実にバッシングの嵐ですよ(前原がこれに近いこと言ってたと思うけどそれは前原だからってことでw)。

 僕にインタビューしてくれりゃいいじゃないですかとか言っておきながら、週刊朝日には公開土下座で屈服させただけでは気が済まず面会申し入れを「誰が会うかバカ!」と門前払いして「久しぶりに弁護士魂が燃えてきた。余計な仕事を増やしやがって。司法の場で決着つけようぜ」とツイッターで高らかに再び抹殺&公開処刑宣言。バカに刃物とはよく言ったものです。国会での質問はムダとか野党の代表だったら2万%あり得ない発言です。これが普通に罷り通ってしまうのも橋下一味が自民党の金魚のフンであり、マスゴミもそれを認めているという立派な証拠ですね。

junk_in_the_box さん

家をつくる訳でもないのに「作家」なんて言います。本当は大工さんが「作家」だろ!と、アホなことを言いつつ。才能に限界を感じた虚業のヤカラが政治家に転身するようです。東京都知事の猪瀬のバカとか。とっくに枯渇したテメエの才能をどうやってしのいで行くかが石原なんかの、クッサレジジイどもの考えることでしょうな。
尊敬してんのか、なんなのか。そんなクッサレジジイを人格破綻者のハシゲが詭弁を弄して擁護するという。だけど、「僕にインタビューしてくれりゃいいじゃないですか」という、結局石原を別枠扱いにして擁護になっていないところが傑作ですわね。
石原が過去に言った言葉をパロディにすれば、「ああいう連中にも人権って必要かね」という酷いのを、こやつ等に投げつけたい気分です。いけないんだろうけれど。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57117497

この記事へのトラックバック一覧です: 石原暴言を取材した「新聞社が悪い」と擁護&十八番、逆ギレする橋下さん:

« イシハラさん。憎まれっ子世にはばかる、なんて言いますね | トップページ | 新聞などへの消費増税を回避するために展開する言い訳 »