フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の責務がある】という自治体に唾を吐け | トップページ | あまりにもクソクダラン政治家が多すぎて »

2013年3月27日 (水)

労働組合法第7条を無視し、あげく雇用を盾に恫喝するハシモト

朝に謝罪、夕べに逆切れ。― 橋下の言うこと合わせて、みんな不幸せ。

などと、どこかの仏壇のコマーシャルみたいですけれど。
大阪市の職員への思想調査アンケートで府労委の裁定をうけて謝罪していたかと思うと、労組の態度が気に入らない、正義面しやがってと、一転、労組と対決姿勢に打って出た大阪の情緒不安定市長橋下です。

言わば、法違反を認定されたにもかかわらず、お前らの態度が気に食わんからやっつけたるわい、というヤクザみたいな論理を振ります市長トップなんて信じられませんわな。だいたい、大人としての人格を持ってんのかよ、と思うのですがね。

サンケイ

橋下徹大阪市長は26日、組合活動に関する市職員アンケートを不当労働行為とした大阪府労働委員会の認定を受け、組合側が市政運営追及の構えを強めているとして、「労使関係は振り出しだ。職員への分限免職の適用を厳格にする。原理原則でがんがんやる」と述べ、人事権行使も含め対抗する姿勢を強調した。

 同時に「組合は学生運動の雰囲気で、自分たちの権利の主張ばかりやっており本当に情けない。子どもだ」と批判。「このまま対立構造でいくのなら労使交渉で『雇用を守ってくれ』と言われても、僕は(どうなっても)知らない」と語った。市役所で記者団の質問に答えた。

「このまま対立構造でいくのなら労使交渉で『雇用を守ってくれ』と言われても、僕は(どうなっても)知らない」
つまり、お前ら組合が逆らうんなら、首を洗って待っておけよ、ということです。早い話が恫喝ですわね。それで、組合が委縮するのを待とうという魂胆でしょうから、度し難いのです。

そこにあるのは労働組合としての権利を認めたくない、橋下の心理が働いているようです。戦前戦中の大日本帝国憲法下では無かった、憲法28条の労働三権を阻害しようということでしょうから、コヤツの志向が分かるというもの。

法違反を犯しても逆切れするんですから、こんな輩が「なんちゃって」でも、弁護士だというのが信じられないのです。なんか刑事罰でも与えてやりたい気分になります。

先だって、連合(日本労働組合総連合会)を労働組合の風上にも置けない、と批判した拙ブログ。

「そもそも、サラリーマンの賃金アップ等は、民主党政権が真っ先に進めなくてはならない課題だったのに、安倍首相が積極的に取り組んでいる。皮肉としかいいようがない」

などと、連合の幹部とやらが大企業優先の保守政党にすり寄り、あろうことか、安倍首相が賃金アップに積極的だと言うのです。
例年、早々と春闘にも白旗を上げ続け、労組としての役割を放棄してるお前らが言うな、と批判したのです。賃上げストのひとつも打てない、御用組合なら、燃えないゴミとして、金曜日にゴミステーションにでも出してしまえ、と言うことです。

・・ですが。
御用組合は要らないけれど。
勤労者の団結権、団体交渉権、団体行動権など、労働三権を定めた28条は、優越的立場にある雇用者側に対抗するためには必要不可欠なものです。

橋下みたいな情緒不安定野郎が、雇用を盾に恫喝し、果ては勤労者の団結権を阻害しようというのは、ひいては憲法違反でもある訳です。
最近は、選挙の違憲も判決で連発され、そんなことで、橋下や安倍などの憲法を無視する政治家などが、いつもいつも、改悪しようと企むのも、むべなるかな、と妙に納得するのです。

« 【受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の責務がある】という自治体に唾を吐け | トップページ | あまりにもクソクダラン政治家が多すぎて »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57042571

この記事へのトラックバック一覧です: 労働組合法第7条を無視し、あげく雇用を盾に恫喝するハシモト:

« 【受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の責務がある】という自治体に唾を吐け | トップページ | あまりにもクソクダラン政治家が多すぎて »