フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【除染費用の未払い】二重三重に腹が立つ、東電の態度 | トップページ | 労働組合法第7条を無視し、あげく雇用を盾に恫喝するハシモト »

2013年3月25日 (月)

【受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の責務がある】という自治体に唾を吐け

ヨミウリ

兵庫県小野市議会は25日、生活保護費などをパチンコや競輪、競馬などに浪費する受給者に関する情報提供を市民に求める福祉給付制度適正化条例案を、民生地域常任委員会(8人)で採決し、可決した。

同条例案は、生活保護や児童扶養手当などの受給者を対象に勤労や節約を求めるとともに、ギャンブルなどに浪費して生活の安定、向上を図れない事態を招かないよう規定。市民にも、受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の「責務」があるとしている。

兵庫県小野市には住めない、つーか、住みたくはない。
生活保護を云々、よりも。
「市民にも、受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の【責務】がある」
などと、こんな密告を奨励するみたいな、秘密警察然とした町に安心して住んでられっかよ、と思いませんか?

それこそ、生活保護受給世帯関係なく、他人の家庭を詮索し、監視するような。聞こえはいいけど戦中の「隣組」のような。

そして、社会の最後のセーフティネットである生活保護を、あたかも不正の温床のような印象にしています。さらに言うなら、遊興費に使って、あとで困るのはその本人です。テメエらいつも、自己責任だ、とかいつも言うだろが。

誰しも何時、どんな場合に、自分がその立場になるかもしれない、という想像力の無さが、こんなクダラン自治体の市会議員を議員足らしめることを容認する、住民、国民だった、ということでしょう。

« 【除染費用の未払い】二重三重に腹が立つ、東電の態度 | トップページ | 労働組合法第7条を無視し、あげく雇用を盾に恫喝するハシモト »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/57032007

この記事へのトラックバック一覧です: 【受給者の不正や浪費を見つけた場合は情報提供の責務がある】という自治体に唾を吐け:

« 【除染費用の未払い】二重三重に腹が立つ、東電の態度 | トップページ | 労働組合法第7条を無視し、あげく雇用を盾に恫喝するハシモト »