フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 他人には税金で飯を食ってるくせに、と罵倒する橋下自身の税金寄生願望の強欲 | トップページ | 炎上政治家 橋下の独断場 »

2013年1月 9日 (水)

円安・株価上昇 それだけで景気が良いってのか

日銀をアベシンゾーが恫喝しただけ。それが「アベノミクス」だとかの名称で、株価や為替相場が円安に振れて良かった、なんて。
経済に好影響だ、みたいなマスゴミの論調もあったり。
でも「実体経済」という言葉があるように、しょせん「株価」なんて投資家のマネーゲームだと思うのですがね。

JANJANBlog

上岡 直見氏のエントリー記事

株高・円安で「景気回復」として自民党の政権復帰を歓迎する意見がある。しかし人々は「景気」を欲しがっているのか? 実際に人々が望んでいるのは、たとえば次のような結果だろう。

 ○非正規雇用の人が正規雇用の安定した地位を得られる
 ○働く意志のある人が希望する職業に就ける
 ○正社員でもリストラに脅えず安心して働ける
 ○生活保護から脱却して自主的な生活ができる
 ○経済的条件を理由に教育の機会を奪われない
 ○物価が安定している

 等々である。株価が上がっても投資家が喜ぶだけである。金融緩和をすれば余剰資金が食糧やエネルギーなどの生活必需物資の投機に回り、ますます国民の生活が苦しくなる可能性がある。

 円安も、自動車産業などは歓迎するかもしれないが、輸入品の価格、特に資源やエネルギーの価格が上がって困る企業も出てくる。電力料金も、燃料費調整制度で自動的に上がる。「原発を止めると電気料金が上がって企業が困る、家庭が困る」と騒いだ連中は、なぜ円安では騒がないのだろうか。

中略

安倍政権が、これまで一般の人々がほとんど念頭になかった「日銀法」などを持ち出したのは、経済政策が参院選までの半年ていどで、国民に実感を伴うような成果が出るはずがないことを予期して、日銀を悪者にするための準備である。実際には、現時点では安倍政権はリップサービスだけで具体的な金融政策は何もしていない。冷静な評価が必要である。

(引用ここまで)

この記事の通りだと思いますね。
株価が上がって喜ぶのは一部の投資家だけです。円安も輸出型企業、いわゆる経団連などの大企業などが恩恵を受けるということでしょ。
一般庶民は株価が上がっても、「景気が良くなった」なんていう実感は程遠いのが常です。

株価が上がった、円安で輸出が好調なんて、そんなものに騙されて、その後に続く憲法改悪、集団的自衛権行使、徴兵制、基本的人権放棄などのアベシンゾー、極右タカ派(バカ派)路線で塗炭の苦しみを味わうのはまっぴらです。衣の下から鎧(よろい)が見え見えです。

« 他人には税金で飯を食ってるくせに、と罵倒する橋下自身の税金寄生願望の強欲 | トップページ | 炎上政治家 橋下の独断場 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/56504397

この記事へのトラックバック一覧です: 円安・株価上昇 それだけで景気が良いってのか:

» 金は天下を回らない [痛みに耐えるのはこれからだ]
「何お前手ぶらで来る気でいるんだよ?手みやげくらい持ってくるのが常識だろうが!」と言わんばかりにアメリカ様に袖にされたので仕方なく安倍晋三は経済政策に着手することにし ... [続きを読む]

« 他人には税金で飯を食ってるくせに、と罵倒する橋下自身の税金寄生願望の強欲 | トップページ | 炎上政治家 橋下の独断場 »