フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 変節甚だしい辻元清美が言うなよ | トップページ | 生活保護費を仕分けする政府与党の無能 »

2012年11月 5日 (月)

大飯原発「活断層の判断先送り」

東京新聞

関西電力大飯(おおい)原発(福井県おおい町)の敷地内にある「F-6断層(破砕帯)」が活断層かどうか現地調査した原子力規制委員会の調査チームは四日、都内で会合を開いた。チームは、北側の試掘溝(トレンチ)で見つかった岩盤のずれと割れ目の二つに注目し、F-6断層が活断層であるとの見方を強めたが、結論は七日の次回会合以降に持ち越した。 

 会合では、規制委の島崎邦彦委員長代理を除く四人がそれぞれの見解を示した。渡辺満久・東洋大学教授は、岩盤のずれができたのは、上部の地層との関係などから十二万~十三万年前以降だとし、「活断層で、原発の運転をすぐに停止して調査すべきだ」と主張。

 立命館大の岡田篤正教授は、一方の岩盤の割れ目について、割れ方や石の入り込み方から「二回動いている」と指摘。ただし、「活断層と考えるには、断層の状態が異様。(山肌がずれ落ちる)地滑りが原因ではないか」とも述べ、活断層の証拠にはなりにくいとの見方を示した。

野田政府は、関電が提出した判断基準を「おおむね適合」だ、と言ってきた訳です。それを新しい原発の規制委員会が「安全ではありません」と宣言することになるので、原発ムラの住民だった?(ご本人が反省しています、と言ってた)田中俊一委員長がどう判断するのか、とまあ、ご本人はビビるとこではあります。つまり、政府が関電の言い分を鵜呑みにして、なんの検証もせずに再稼働を急いだ、という結果になるので大変です。

まあ、ベントフィルターや免震棟を3年後に造ります、と関電がシャーシャーとノタマウ時点でダメ出しをするのが、原発事故を経験した国の政府の在り方だと思うけれど。そんなもん、どっかへ行ってしまいまして。経済界や宗主国様の意向や顔色しか見ていない証拠ですよね。

仮に規制委が「活断層」だと、判断すれば(無いでしょうけど)、野田総理や担当大臣のエダノも当然重い責任が問われるのでして。風前の灯火内閣がどうなるのでしょうか。先週末の世論調査で19%の支持率なんて、低空飛行の体たらくの内閣が吹っ飛ぶくらいの威力はありそうです。

今頃になって、「家を建ててから地盤調査をするようなもんだ」と言う意見があるそうですが、その入居前の調査で安全です、と、入居させておいて調べるようなもんですわね。もう、ローン払ってんだよ!、ということでしょ。
しかも判断先送りの理由だとして、活断層じゃなく、『地すべり』だとかで意見が分かれたとか。専門家のセンセイは地滑りだとしたら狭い範囲なのでダイジョウブだと、得意の「安全おまなじない」を唱えているそうです。
シロートで恐縮だけども。じゃ、『地滑り』だと安全なのかよ、と。

でもって、地元の利権塗れのヤカラが「疑わしくは罰せず、ということもある」とか言って、原発稼働を止めまいとして強弁するのが、見苦しいことこの上なくも恥知らずの厚顔だと。

こういう連中って、「まあ、オレが生きてる間は災害は来んもんね」とタカを括っているのでしょうね。若しくは、何年かして災害が来たときは「その時はそういう判断が正しいと思った」とかなんとか言い逃れるつもりかもしれません。逃げられると思ってんでしょう。

« 変節甚だしい辻元清美が言うなよ | トップページ | 生活保護費を仕分けする政府与党の無能 »

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/56049244

この記事へのトラックバック一覧です: 大飯原発「活断層の判断先送り」:

« 変節甚だしい辻元清美が言うなよ | トップページ | 生活保護費を仕分けする政府与党の無能 »