フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 【問題のすり替え】TPPを選挙の争点?消費増税で「国民に信を問う」はずだったろが | トップページ | 都知事に立候補した、オレ様はエライんだぞ、という猪瀬センセイ »

2012年11月21日 (水)

相変わらず白紙委任を求めるコロコロ橋下バカ殿

選挙モードが高まっていまして。

読売新聞

維新の会の橋下徹代表代行は20日のTBSの番組で、「(首長と国会議員の)兼職禁止規定というものがあるが、この禁止を外してもらえれば、僕は次の参院に挑戦させてもらいたい」と述べ、首長と国会議員の兼務を禁止した地方自治法が改正されれば、大阪市長のまま参院選に立候補する考えを表明した。

 維新の会は、8月にまとめた維新八策で「参院廃止を視野に入れた衆院優位の強化」「二院制だとしても現在の参院は廃止」と掲げている。橋下氏は「まず参院改革の一歩として、自治体の長が参院に入り、さらに次のステップを迎えるのではないか」と説明した。

 維新八策や、9月にまとめた党規約は「企業・団体献金の禁止」が明記されているが、橋下氏は20日、この撤回も表明した。関係者によると、太陽の党側から「選挙が近いのに、企業献金を禁止したら戦えない」との意向が伝えられたため、方針転換したという。

 脱原発の扱いは、あいまいさが残る。

 維新の会は、みんなの党と結んだ政策合意で「脱原発」を盛り込んだ。しかし、太陽の党との政策協定では「原子力発電所については、安全基準や安全確認体制を構築」とだけ盛り込み、再稼働容認とも受け取れる内容となっている。石原氏らが「脱原発」に慎重なことに配慮した結果だ。

 みんなの党の江田幹事長は20日の記者会見で、「我々は維新の会と『脱原発』で合意しており、維新の会は『脱原発』と理解している」と語ったが、みんなの党内からは「維新の会は、二枚舌」との声も出た。

政策がほぼ一致する「みんなの党」ですら批判するんですからね。
あの橋下が、二枚舌もなにも。三百代言なんですから。政策なんてまったく関係ないわけです。橋下・石原でメシを食っているゴミウリなんてマスゴミが指摘するくらいですから、よほど目に余るのでしょう。
地方の首長と国会議員の兼職禁止を決めている地方自治法を変えて、兼職可能となれば、「参院選に立候補したい」とノタマウ橋下は、そもそも、参院は不要だ、と参院の廃止を唱えていたくせに、その参院に立候補するというのはどう考えても「アタマガ、クルッテイル」としか、言いようがないし。

ずっと前から分かってたけど、橋下のなんちゃって脱原発も原発の「安全確認体制を構築」とだけに、だとか。企業団体献金の禁止も立ち枯れのジジイどもから戦えない、とヒラヌマ辺りが言ってきたのでしょう、企業団体献金もOKよ、と相成りまして。

前から指摘しているように橋下が、毛クズやホコリまみれ使用後のままの紙面みたいな、つまり、「コロコロ」(コロコロに大変失礼ですけれど)野郎だっていうことでしょ。さらに橋下は「政治に必要なのは政策じゃなくて、実行力だ」とぬかしたそうですから、ハッサクだとかなんとかは関係なくて、ですね。アホな国民は白紙委任しておけ、とゆーことです。しかも、「政策をいっぱい出して、国民の皆さんはどう判断するんでしょうか」と、まるっきりバカ扱いですから。そんなヤカラを「ニッポンのリーダーとして最もふさわしい人」として、支持が15.6%と、トップの位置にいるらしいですから、もはやニッポン国民の民度がどうのこうの、というレベルをはるかに超越していますな。

« 【問題のすり替え】TPPを選挙の争点?消費増税で「国民に信を問う」はずだったろが | トップページ | 都知事に立候補した、オレ様はエライんだぞ、という猪瀬センセイ »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/56160628

この記事へのトラックバック一覧です: 相変わらず白紙委任を求めるコロコロ橋下バカ殿:

« 【問題のすり替え】TPPを選挙の争点?消費増税で「国民に信を問う」はずだったろが | トップページ | 都知事に立候補した、オレ様はエライんだぞ、という猪瀬センセイ »