フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 国民からの「裏切りだ詐欺だ」という批判よりも、自民党からの「うそつき」批判を気にする野田メ内閣 | トップページ | 【問題のすり替え】TPPを選挙の争点?消費増税で「国民に信を問う」はずだったろが »

2012年11月11日 (日)

広島で核廃絶は無理などとぬかすハシモト~追記あり

もう、こんなヤカラ相手にするな、奴の思うつぼだ、と思いつつ。橋下が人の神経を逆なでする発言をアチコチで言いやがるもんで、ついつい。

読売

新党・日本維新の会代表の橋下徹大阪市長は10日、「核兵器を持たず、作らず、持ち込ませず」の非核三原則について、「基本は堅持」としながらも、「『持ち込ませず』というのは日米安保条約の中で可能なのか。(現実に核が)持ち込まれているなら、国民に開示して議論しなければならない」と述べ、疑問視する考えを示した。

 遊説先の広島市で記者団に答えた。橋下氏は「(日本にも拠点を置く)米海軍第7艦隊が核兵器を持っていないことはあり得ない。日本が米国の核の傘に守られている以上、持ち込ませる必要があるなら国民に理解を求めたい」と強調した。

 一方、核兵器廃絶については、「理想としては(廃絶)。でも、それは全部が(核を)持たないことができて初めて成り立つ。現実的には無理ですよ、今の国際政治で。日本は平和ぼけしすぎている」と述べた。核廃絶と非核三原則の法制化を求めている被爆地・広島での発言で、波紋が広がる可能性がある。

コヤツはわざわざ「広島」でこの暴言をぬかすわけですから、確信犯だと思うのです。マスゴミなどの取り上げ方を考えているのでしょう。
第七艦隊が核を持ち込んでいるというのは想像に難くないし、現実に日本に寄港する際、核武装を外して来ると思うのは無理がある、とは思う。

けれど、非核三原則と言う立場を堅持と言うなら、それを追及していくことが政治家としての在り方でしょ。それを、「理想としては廃絶」と言いながら「現実には無理」などと、セールストークよろしく「YES BUT法」を用いて、結局非核三原則なんか不要、とノタマウ橋下。
しかも被爆地広島でデリカシーゼロの暴言。

ツイッターでつぶやきました。

追記:

あの、宮武嶺さんのブログで池田信夫のバカが、第7艦隊は核を搭載していない、とあるブログのネタで発言しています。
私も間違っているかもしれませんが。でも第7艦隊は原潜も編成されています。原潜が核弾頭を搭載していない、というアメリカの発表を鵜呑みにするのも如何なものか、と思うのですが。

« 国民からの「裏切りだ詐欺だ」という批判よりも、自民党からの「うそつき」批判を気にする野田メ内閣 | トップページ | 【問題のすり替え】TPPを選挙の争点?消費増税で「国民に信を問う」はずだったろが »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/56088533

この記事へのトラックバック一覧です: 広島で核廃絶は無理などとぬかすハシモト~追記あり:

« 国民からの「裏切りだ詐欺だ」という批判よりも、自民党からの「うそつき」批判を気にする野田メ内閣 | トップページ | 【問題のすり替え】TPPを選挙の争点?消費増税で「国民に信を問う」はずだったろが »