フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 上関原発反対音頭 | トップページ | ノダいいか、アベがいいかだと?そんなことを聞いてなんになる »

2012年10月 2日 (火)

オスプレイ、沖縄へ強行配備

東京新聞

米軍新型輸送機MV22オスプレイが一日、地元の強い反対にもかかわらず、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備された。背景には、軍備の近代化を進める中国に対抗し、アジア・太平洋地域の抑止力強化を急ぐ米国の戦略がある。日本政府も米国の方針に追従した。安全より同盟を優先した「見切り配備」だ。沖縄の怒りは収まらず、米軍基地の地元を刺激し続けることの影響を懸念する声が日米双方に出ている。

野田佳彦首相は一日の記者会見で、普天間飛行場へのオスプレイ配備に関し「本土への訓練移転を具体的に進めるなど、全国でも負担を分かち合っていくよう努力したい」と沖縄に理解を求めた。

「安全だ」と、百回くらい唱えれば「安全」になる呪文を政府は採用しているようだ。
しかも、その根拠は墜落した原因は人的なもので、その殆んどが操縦ミスによる、という呆れた言い訳をもって繕うのです。小学生でも、もう少しましな言い訳を考えつくのではないか。
沖縄の仲井眞知事さんも相当なアレですが、これに対して「欠陥が無いのに墜落するというのは、さらに不安だ」と反論したそうで、これには納得しました。機体に何らかの欠陥があれば、それを解消し、「さあ、これで安全です」と言えるかもしれないが。欠陥がないのに操縦ミスか、なんか知らないが、やっぱり墜落すんでしょ?という素朴な反論ですね。

さらに、野田ブタは『本土への訓練移転を具体的に進めるなど、全国でも負担を分かち合っていくよう努力したい』などと、ぬかすのですぜ。全国あまねくオスプレイの危険を拡散させようというタクラミかよ。もし墜落すれば、テメエのカスみたいな政治生命だけでは償いきれないということが分かってて言ってんだろうな?などと言葉も荒くなるというもんです。
ただでさえ放射能が飛び交っているニッポン上空を危険なオスプレイが飛び交うのか。軍事オタク・アメポチ森本防衛相は「アメリカの当初の予定どうりでしょう」などと、独立国家の態を成しているんだろうかと、思わせるに十分なアメリカ様に何処までも媚びへつらう態度。

もうあれですな。
以前、格差社会の閉塞感に、希望は戦争、などという言葉がネットを賑わしたようでしたが。そんなこたぁ、口が裂けても言ってはならないと思っているんだけれど、それに倣って言うと、希望は植民地、というか。
今でも植民地みたいに、隷米とゆーか、アメリカ様べったりのニッポン政府なので、いっそのこと本当にアメリカの州にでもして貰った方が、カイライ政府であるニッポン政府に文句言うよりも、直接オバマにもの申せる、とゆー意味でもよほど有効じゃないのか?と思う今日この頃。

« 上関原発反対音頭 | トップページ | ノダいいか、アベがいいかだと?そんなことを聞いてなんになる »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55798319

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ、沖縄へ強行配備:

« 上関原発反対音頭 | トップページ | ノダいいか、アベがいいかだと?そんなことを聞いてなんになる »