フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« アベシンゾーとハシモトトオルの接着剤に、だとか | トップページ | オスプレイ、沖縄へ強行配備 »

2012年10月 1日 (月)

上関原発反対音頭

毎日.JP

東京電力福島第1原発事故を受けて建設を中断していたJパワー(電源開発)の大間原発(青森県大間町)を巡り、同社の北村雅良社長は1日、大間町議会の特別委員会で、建設を再開したと表明した。原発の建設再開は同事故後初めて。完成すれば50年代まで稼働でき、政府の「30年代原発ゼロ」の方針と矛盾することから、論議を呼びそうだ。

町を訪れた北村社長は「建設中の発電所の取り扱いが政府の方針で明確になり、判断材料がそろった。工事は1年半中断しており、具体的なスケジュールを別途示したい」と説明した。金沢満春町長は「非常に安堵(あんど)している」と話した。北村社長は隣の青森県風間浦村なども訪ねたが、飯田浩一・風間浦村長は「自然災害と原発事故が複合した場合、住民避難が困難になることをどう考えているのか」とただした。

先だって、枝野経産相が「建設許可を出した原発の変更は考えていない」などと明言しました。2030年代に原発ゼロにという政府方針との矛盾というか、相変わらずいつものように、詐欺行為を働く民主党政府。
それ、今のうちに、と錦の御旗を振りかざし、原発利権集団は大間原発の建設再開に動いた。原発立地の大間町長は「非常に安堵している」と建設再開を喜び、逆に近隣にある風間浦村長は、原発の危険性を危惧する、というお決まりの図式。一度動き出したら止まらない、と言われる国策事業は慣性の法則そのままに、動き続けることをやめようとしません。

大間町長が「非常に安堵している」というのは当然、工事が再開される、というところにかかってきている訳でして。電源三法交付金が念頭にあるからでしょう。2003年に法改正され大変使い勝手の良い、つまりなんの事業にも活用できる「ゼニ」がフトコロに入ってくるから。
http://www.nuketext.org/yasui_koufukin.html#koufukin
参照:「よくわかる原子力‐電源三法交付金 地元への懐柔策」

放射能やら黒い霧
まみれた金をフトコロに
チケットもろうてはしご酒
飲む打つ買うで有頂天
バーやキャバレー温泉と
ゆるんだバンドも新品に
これぞこの世の極楽じゃ
女房子供もなんのその
原発様々ヨヨイのヨイ

悪銭身につくわけがない
夜を日に次いで遊ぶうち
気づいた時はもうおそい
詐欺に横領 サラ金と
昨日の友も今日は敵
女房子供に見捨てられ
親子の縁も断ち切って
故郷を捨てて雲隠れ
原発クワバラヨヨイのヨイ

オシャカ様さえ言い残す
金より命が大事だと
人間ほろびて町が在り
魚が死んで海が在り
それでも原発欲しいなら
東京 京都 大阪と
お偉いさんの住む町に
原発ドンドン建てりゃよい
ここは孫子に残す町
原発いらないヨヨイのヨイ
反対反対ヨヨイのヨイ

佐高信著「タレント文化人200人斬り」 「ビートたけし」の項 より転載)

上記の歌は、やはり原発建設問題に反対している山口県・初島の「上関原発音頭」だそうです。人間の浅はかさをズバリ指摘されていて、耳が痛い(古い話で恐縮ですが、麻生さんよ、耳が痛い、つーのはこういう時に使うんだ)。
やはり、電源三法交付金などと、自治体にとっては麻薬なんでしょうな。

« アベシンゾーとハシモトトオルの接着剤に、だとか | トップページ | オスプレイ、沖縄へ強行配備 »

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55790831

この記事へのトラックバック一覧です: 上関原発反対音頭:

« アベシンゾーとハシモトトオルの接着剤に、だとか | トップページ | オスプレイ、沖縄へ強行配備 »