フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« いかに駐米大使が「まっすぐだ」と反論しても | トップページ | 橋下のだましテクニックとしての論法 »

2012年10月19日 (金)

橋下のナンタラとかよりも彼自身が為政者として論外です

NHKニュース

大阪市の橋下市長は、18日の記者会見で、「週刊朝日」に掲載されたみずからの父親などに関する記事の内容を批判しました。
これに対して、週刊朝日は18日夜、不適切な記述が複数あったとして、編集長名のおわびのコメントを出しました。

今週発売の「週刊朝日」は、橋下市長の父親などに関する記事を掲載しています。
これについて橋下市長は、18日の記者会見で、「公人なので、必要に応じて、一定の範囲で両親のことなどを報じられるのもしかたないが、私とは無関係の過去を無制限に暴くことは認められない」などと述べ、批判しました。

昨日から大騒ぎのニュースです。
最初に断っておきますが、この連載を週刊朝日で読んだわけでもないので多くは語れないのですが、私なりの感想をブログに書きます。

「ハシシタ 奴の本性」というタイトルだとか。
去年でしたか、文春だかどこかの週刊誌が橋下の父親はヤクザだったとか書いていたのかな?そんな記憶はあります。
そしてこの記事で問題になっている出自だとか。
私自身も以前から、ある程度知っている事情だったので別に驚かないのです。橋下自身が同和地区に住んでいた、と語っていたのも覚えています。

週刊誌とは売れりゃナンボで。どこのメジャー出版社でも大同小異でしょう。センセーショナルな話題であればあるほど、売り上げ増につながるのですから、「商売」として個人をアゲツラウことなど日常茶飯事でしょうし、ましてや今を時めく政局の中心人物で、大阪市長という公人であれば当然取り上げるんでしょう。
私は週刊誌という物はそんなもんだろ、という認識です。
ひとつ前のエントリで週刊現代の戦争を煽るクソ馬鹿、アホぶりを書いたのですが、現代も朝日も主張の違いはあるかもしれませんが、「商売」として本が売れなけりゃ元も子もない、と言う点では同じです。

いかな理由があろうと、このアプローチは「ヘタを打って」います。橋下にアドバンテージを与えてしまったという点がとくに痛いですね。
私に言わせりゃ、もっと違う角度からビシバシと橋下を責めんかい!と思いますがね。

過去に、父親がどうだったとか、血脈がどうとか。
差別が許されない、というのは誰しもが持っている認識でしょう。
仮にテメエは他人を差別していても、いざ、自分が何かの理由で差別されりゃ、怒りが込み上げてくるのは、手前勝手なもんですが、人間とはそんなエゴの塊だろうと思うのです。
ですから、相手に向かって、すぐに「差別だ」と反撃されるであろうと分かっている点をなんでツッコむかな、とそんな感情を「週刊朝日」に抱くのです。

しかも、橋下が吹きあがった18日のその日の晩、週刊朝日は編集長名で謝罪コメントを出しています。
なんと言って良いんでしょうか。
常套句っぽいのですが、「謝るんなら、初めっから言うなよ、アホ」ということでしょうか。

確かに、橋下は幼いころから他人よりも苦労が多かったのでしょう。だからこそ、難関と言われる司法試験をパスし、弁護士になるんだという強い意識が垣間見えます。そして、いつか世間を見返してやるんだという感情があったのかもしれません。ここからが問題なんですが、橋下は苦労した自分自身の体験を反面的に捉え、恵まれない人や弱者に対する優しい眼差しを持つことができなかったのではないかと思うのです。それは、今までの彼の政策や言動を辿れば一目瞭然だろうと感じますね。つまり「世間を見返してやる」がいつしか「世間に復讐してやる」になっている点ではないでしょうか。

そんな彼の姿勢が「批判されたら百倍返し」だとかいう、その攻撃的な言動に現れているような気がします。そして、彼の「復讐」の完成は、一国の首相になった時点で満たされるのかもしれません。
ひょっとして、私怨からのモチベーションで政治家を営んでいるのかも、と思うと言葉を無くしますがね。

この件で、レイシストで排外主義者の石原慎太郎などが「中傷の域を出ない。卑劣だ」などと、橋下を擁護するのが一番腹立たしいわけです。
テメエはテメエの言ったことを忘れたのでしょうか。このモウロク老害都知事めが。

そんなことよりも、です。

昨日の私のツイートから。

だからこそ、橋下は為政者として論外だ!ということを声高に叫ぶしかありませんね。

« いかに駐米大使が「まっすぐだ」と反論しても | トップページ | 橋下のだましテクニックとしての論法 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55926393

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下のナンタラとかよりも彼自身が為政者として論外です:

» 橋下市長、週刊朝日に完勝 [虎哲徒然日記]
朝日新聞出版は19日、同社発行の「週刊朝日」が10月26日号に掲載した橋下徹・大阪市長に関する連載記事「ハシシタ 奴の本性」について、同和地区などに関する不適切な記述 ... [続きを読む]

« いかに駐米大使が「まっすぐだ」と反論しても | トップページ | 橋下のだましテクニックとしての論法 »