フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 久しぶりにツイートまとめました。 | トップページ | 【噴飯もの】民主党懇談会、次期マニフェスト具体的だと「うそつきになる」と  »

2012年10月27日 (土)

石原・復古党など 「三極めのユーウツ」

とうとう石原慎太郎が血迷っ・・いや、暴走の果て、「年寄りの冷や水」と言われようが何のその。若い奴しっかりしろよ、と切り返し意気軒昂なところを見せているようです。
がしかし、かつて「前頭葉の退化した60,70の老人に政治を任せる時代は終わった」と石原さんは、語ったそうです。

村野瀬玲奈の秘書課広報室

「前頭葉の退化した60、70の老人に政治を任せる時代は終わった」と石原慎太郎は言っていた。

つまり、60、70、80の老人に政治を任せる時代が再びやってきたということらしいのです。まあ、高齢化社会ですから、80の老人がしゃしゃり出てきても何ら問題はないのでしょうが、その80の老人が「石原慎太郎」だということに大きな問題が潜んでいるようです、・・って顕著か(笑)。

ところで、石原さんは会見で、「永田町にいる人間は視野が狭い。原発をどうするかはささいなこと。もうちょっと大きな視点で考えられないか」と語ったそうですから、原発をどうするかなんて【ささいなこと】らしいのです。

五十嵐仁の転成仁語

「10月27日(土) 「原発をどうするかはささいなこと」と放言する石原都知事に国政関与の資格はない 

さすが、天下国家を憂うる(売れる)国士様は違います。
無人島売買のビジネスでお忙しくって、その結果、多大な被害を日本企業に与えてもそんなもの「ささいなこと」で。
再び故郷の地をその足で踏めないかもしれない避難生活15万人以上、そんな事態を引き起こした原発をどうするかなんて、しつこいようだけど、「ささいなこと」なので石原慎太郎のスケール感が常人とはけた外れです。
端的にいうと、正気を失っている、とも言えますでしょうか。

そして大阪の橋下の維新の会や、みんなの党と連携を模索だそうで「小異を捨て大同につく」と、「野合」したいのだそうです。国士様とネオリベ市場原理主義者が合うのかという素朴な疑問はさておき。
なんせ、俺がオレがの方ばかりが集まってしまい、「船頭多くして船山に上る」の例え通り、物事がとんでもない方向へ進んでしまうことになるのかと。

てゆーか、石原とかがでしゃばって、新銀行東京だとか、オリンピック誘致だとか。どれだけ税金の損失を出せば気が済むのか「あーゆー人って人格ってあるのかね」と、訊きたいくらい、石原が通った後は草木一本も生えないようです。どちらにしても、「とんでもない方向へ進んで」しまうのは明白だし。
野合しようという連中が「アレ」ですから。
それがどんな方向であるかなんて、それはもうミエミエでして。余計に厭世気分が募るのですけども。

« 久しぶりにツイートまとめました。 | トップページ | 【噴飯もの】民主党懇談会、次期マニフェスト具体的だと「うそつきになる」と  »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55981443

この記事へのトラックバック一覧です: 石原・復古党など 「三極めのユーウツ」:

« 久しぶりにツイートまとめました。 | トップページ | 【噴飯もの】民主党懇談会、次期マニフェスト具体的だと「うそつきになる」と  »