フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 橋下のナンタラとかよりも彼自身が為政者として論外です | トップページ | 横田基地返還の公約?なにそれ、みたいな「騒音はない」石原都知事 »

2012年10月22日 (月)

橋下のだましテクニックとしての論法

「僕はけんかだけは自信があります」と、勝ち誇ったように鹿児島で演説を行った橋下大阪市長が週刊朝日に完勝、ということらしい。
「虎哲徒然日記」さん、トラバをありがとうございます。こちらから、トラバが飛びませんで、失礼しました。

週刊朝日が編集長名で謝罪の上、さらに「ハシシタ 奴の本性」は連載中止と相成った訳ですが、橋下が世間の「差別は悪だ」という「正論」に乗って批判を展開したのは、これを言えば「負けるはずがない」ということを確信しているからでしょう。そういう意味では、ケンカの仕方を心得ていると言えるのかもしれません。

それに対して、連載を始めるにあたって、こういう事態をも想定していなかったのか、と朝日新聞出版と朝日新聞にはその腰砕けぶりを情けなく思うわけで、だったら初めっから連載なんかすんなよ、という感想は誰しも抱くと思います。前回も書きましたが、去年、週刊文春の記事でこういう事情が書かれていたように、なにを今さらな感を強くしますが。下記のブログにありますように、相手が右翼系(と言って悪いなら保守系)文春だとここまで反撃せずになあなあで済ませていたくせに。

Everyone says I love you! より抜粋

 橋下氏自身、お父さんたちのことは何十万人もいるフォロワーに向けて何度もツイートしていますし、週刊誌や月刊誌で一族のプライバシーが報道された直後に行った、知事辞任後初の街頭演説で1000人を超える聴衆の前で、こう叫んで報道されています。

「父親が正式な暴力団員だったって、週刊誌読んで初めて知ったんです。うわさでは暴力団“関係者”とは聞いてましたが…」「これはしょうがない。死んだ親父のことだから。しかし、今の権力構造を変えるには、坊ちゃんやお嬢ちゃんじゃできませんよ!!実の父が暴力団員?結構毛だらけだ!!実の父がガス自殺、結構毛だらけ!」

こう叫んでいたそうで、「結構毛だらけ」だったらお前は文句言うなよ、と改めて思いますが。
やっぱり「朝日」だったから、というのが大きいのでしょうか。これを執筆した佐野眞一氏など取材班は、ある程度橋下からの反撃は覚悟していたかと思われますが、いかんせん、朝日がヘタレだったということでしょう。こうなれば、佐野氏にはいつか、別の出版社からこの続きを書いてほしいと思う。

さて、先に書いたように「世の中の正論」みたいなものに乗じて、大きな声で反撃するのは橋下の常套手段のようです。
例えば、公務員叩きの先制パンチは決まって「税金で飯を食ってるくせに」という論法です。まさに、正鵠を射ていると思うブログ記事に出会いましたので、少し長くなりますが引用させてください。

爺庵独語

爺庵は今回、橋下が頻りに使うフレーズを採りあげて、その詭弁ぶりを追及してみたいと思うのだ。そのフレーズが見出しの「税金で養われている」である。
 このフレーズの同類として「税金で飯を食べさせてもらっている」や「給料に税金が入っている」、「税金で支援されている」といったものも挙げられよう。
 このフレーズは橋下の十八番である公務員批判においては、使用率100%といって間違いない。

(中略)

 これら一連の発言から確実に読み取れるのは、橋下は「税金から恩恵を受けるいうことは、それ自体が悪である」と考えているということである。橋下にとって税金から給料をもらっている人間は、そのことを負い目として感じなければならず、それゆえ市民から選挙で選ばれた政治家を批判することは許されないのだ、と考えているのだろう。そのことは浜矩子への批判で、私立大学への運営交付金という、浜の給料に果たしてどれほど寄与しているのかも判らぬものを持ち出してまで、「税で養われている」という批判に結びつけた牽強付会ぶりから判断できる。橋下自身も税金で飯を食わせてもらっている立場なのだが、それは選挙で選ばれたことが税金から給料を貰うことへの絶対的正当性になっているという理屈なのだろう。

 だが税金から給料を得るということが悪であるなどという理屈があるはずがない。なぜなら公務員は労働力を提供する対価として給料を受けているのであり、その給料の財源が税金であるに過ぎないからである。

 例えばここに一人の清掃作業員がいたとしよう。彼の会社は役所の清掃業務を請け負っていて、彼は毎日その役所へ出勤して清掃業務にいそしむ。彼の給料は安いかも知れないが、その財源はまさしく税金から出ているはずだ。さて橋下はこの清掃作業員から批判されたとき、「税金で養われている役立たず」と罵るのだろうか。

上記のブログは、Afternoon cafeさんからリンクされていたものです。

つい最近も、維新の会の挨拶回りだとかで東京まで行った折にこうノタマッテいます。

msn産経ニュース

日本維新の会は15日午後、東京都千代田区の東京事務所を正式に開いた。代表の橋下徹大阪市長は看板掛けの後、記者団に「国会を開かないのは税金泥棒以外の何ものでもない」と国会議員を批判し、国政対応にさっそく意欲を示した。

この場合、批判対象が国会議員ですが、テメエは大阪市政をほっぽり出して、東京くんだりまでノコノコ出歩いているくせにです。他人には「税金泥棒」だと断じて、涼しい顔で正義の味方面です。どれだけ、厚かましくもダブスタ野郎だと思いますが。ブーメランになることなどお構いなしです。そしてそれについてマスゴミも全く批判しないのです。

つまり、いつも橋下は「税金で養われているくせに」と叫ぶことで、いわゆる世間が抱いている(私も抱いている)公務員や国会議員に対する、ルサンチマンみたいな、あるいは「世間の正論」めいたモノに乗じて公務員を叩いているのです。国会議員は公務員よりも、許せない、という思いが強いですがね。
少し冷静に考えれば、橋下の騙しのテクニックは分かるのですが、奴の大きな声と遮りと逆切れと恫喝にまんまと嵌ってしまうというのが大方の実情のようです。まるで腫れ物に触るようです。今回の件で、ますますその腫物が大きくなったということでしょう。
朝日が連載中止という腰砕けをしたおかげで、余計橋下にフリーハンドとアドバンテージを与えてしまったのが残念でなりません。

« 橋下のナンタラとかよりも彼自身が為政者として論外です | トップページ | 横田基地返還の公約?なにそれ、みたいな「騒音はない」石原都知事 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55946675

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下のだましテクニックとしての論法:

» 週刊朝日2ページでおわび掲載 [時々時事爺]
ハシシタの完全勝利だな [・・・/]いや、週刊朝日の記事なんか読んでないから詳しくは言えんけど、明らかに差別的で不適切な記述を掲載してたんなら誰に言われるまでもなく謝罪だろ [うんうん/]橋下市長の強...... [続きを読む]

« 橋下のナンタラとかよりも彼自身が為政者として論外です | トップページ | 横田基地返還の公約?なにそれ、みたいな「騒音はない」石原都知事 »