フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 冷静に、と言うしかありませんわね | トップページ | まるで何もなかったかのように舌先三寸、平気で前言撤回詭弁強弁の橋下「普天間は辺野古以外にない」 »

2012年9月20日 (木)

こんな内閣には、もはや国民の生命と財産を守る役目を担う資格はない

テレビでは高島政信と美元(みおん、って読むのかね)の離婚裁判なんかをダラダラと。そんなこたぁ、どうでも良いからよ、クソ政府の詐欺行為を追及しろ!という思いの皆様方。

原発ゼロの政策なんて雲散霧消。パブコメや討論型の世論調査なんてもんは跡形もなく消えてしまいました。政府の戦略相(いつ見ても、国民を舐めているとしか思えない)・古川(デコッパチ)元久が「実際の政策決定プロセスを見据えたもので内容を変えたわけではない」と意味不明の強弁していまして。でも、事実上、経団連のゴネクラや宗主国様アメリカの意向を強く受けて原発ゼロは無理です、と言わんばかり。

東京新聞 社説 

政府が「革新的エネルギー・環境戦略」の閣議決定を見送った。二〇三〇年代の原発稼働ゼロという目標すら後退しかねない。脱原発に本気で取り組む意気込みが野田佳彦首相にあるのか、疑わしい。

 首相に原発稼働ゼロを実現する強い決意があるのなら、こんな結末にはならなかったはずだ。

 政府は先週「三〇年代の原発稼働ゼロを可能とするよう、あらゆる政策資源を投入する」という戦略を決定した。

 ところが閣議決定したのは、この戦略を「踏まえて、関係自治体や国際社会などと責任ある議論を行い、国民の理解を得つつ、柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する」ことだ。この場合「踏まえる」には「参考にする」程度の意味しかない。

原子力関連施設のある関係自治体や、日本と原子力協定を結んで核燃料を供給する国際社会と議論し、原発推進を望む経済界を含む国民の理解を得つつ、柔軟性を持って見直すのは、原発稼働ゼロを阻止する言い訳にも聞こえる。

 藤村修官房長官は、実際に三〇年代に原発稼働ゼロを実現するかどうかは「総合資源エネルギー調査会が決める」と述べた。この調査会は原発推進の役目を担ってきた経済産業相の諮問機関である。

 そこに最終判断を委ねるのは、原発稼働の継続を端(はな)から容認しているようなものではないか。

 首相は民主党代表選の記者会見で「一時的な感情ではなく、原発に依存しない社会を目指すという強い覚悟が(国民に)出てきている。政府もそれを受け止め、覚悟を決めた対応をしなくてはならない」と述べた。

 そもそも国民の多くが求めていたのは三〇年までの原発稼働ゼロ実現である。それを最大で十年間も猶予する甘い目標を定め、それすら閣議決定できずに「覚悟を決めた対応」とは聞いてあきれる。

 できもせず、やる気もないのに選挙目当てで一時的に国民の歓心を買うことを言い、結局、欺くようなことが許されるはずはない。

 きのう発足した原子力規制委員会の田中俊一委員長ら五人の委員人事でも首相は必要な国会での同意を得ず、規制委設置法の例外規定に基づいて任命した。

 「原子力ムラ出身者」の起用に民主党内でも反発が広がり、党の分裂回避を優先させたのだろう。

 あまりにも姑息(こそく)、党利優先で、国会軽視も甚だしい。こんな内閣には、もはや国民の生命と財産を守る役目を担う資格はない。

国民の理解なら脱原発が80%以上だという事実があるだろがよ、既によ。
それに耳を塞ぎ、目をつぶり、それを踏まえて「柔軟に」などと、なにが柔軟だ。グダグダというんだ、そーゆーのを。

こんな内閣には、もはや国民の生命と財産を守る役目を担う資格はない

仰る通りでして。
テメエの家族と、テメエの保身だけは守るぞ!という内閣です。国民なんかアウトオブ眼中。

アメリカ様の意向を受けた、経団連のゴネクラこと米倉などに、「承服しかねる」などと、電話で文字通り、ごねられ、一喝されてしまい。
さらに、テメエらの支持母体、日本最大のお手盛り御用組合・連合の古賀会長からも原発ゼロに異論が出されたからと言います。
この、労使協調原発推進ツープラトン攻撃には閣議決定を見送らざるを得ない、ということだそうです。
経済界や宗主国様の思惑は「近いうち」総選挙で負けるし、あんたらミンシュトウなんか用済みでポイ、なんだけれどもな。

国民には腐りきったアホ野田詐欺政権の終末が見えているんだけれど。
それをテメエら自身だけが見えない、はだかの王様状態です。
アホのくせに詐欺師の分際で、保身ばかりが勝つ故に、そんなことも分からんのでしょうな。

« 冷静に、と言うしかありませんわね | トップページ | まるで何もなかったかのように舌先三寸、平気で前言撤回詭弁強弁の橋下「普天間は辺野古以外にない」 »

ニュース」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55704726

この記事へのトラックバック一覧です: こんな内閣には、もはや国民の生命と財産を守る役目を担う資格はない:

« 冷静に、と言うしかありませんわね | トップページ | まるで何もなかったかのように舌先三寸、平気で前言撤回詭弁強弁の橋下「普天間は辺野古以外にない」 »