フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 正社員からパートへと人件費削減策 | トップページ | マスゴミの不法投棄、有害物質のハシモトトオル »

2012年9月13日 (木)

「近いうちに」野党に転落する民主党の代表選・有力候補の野田について

民主党代表選挙ってのが行われるんだそうです。まあこれから野党になるのが確実な政党の代表が誰になろうが、国民的関心は大阪方面のスケベ野郎集団に移ってしまっているようで、まあ個人的にもどーでもいいことなんですが。

マスゴミ報道によりますと、何人かが代表になりたいと手を上げたそうですね。オソマツだか、トドマツだかジュウシマツだか、赤松(やっと出た)だか。
あっちひっついたりの股膏薬の原口だとか、あと名前すら忘れてしまった、カノような気がする輩とか。どいつが代表になってもしょせん野党に転落するんですからね、すべてどうでも良いというか。泡沫というか。

そんななか、勝利が噂されているのが、我らの野田ブー現首相。
コヤツは日本記者クラブの代表選討論会で「通った法律を実現するということはマニフェストに書かなければならない」などと、正気の沙汰とは思えない世迷言をノタマッタそうです。

つまり、消費増税などが念頭にあると思われるんですが、「な、オレが言ってた通りだろ?」みたいに、法案が成立したからと言って、そんなことは初めから全然言っていないのに、違う政策をマニフェストに載せるというのは、とうてい正常な判断力を持った人間が言うことではありません。早々にビョーインにでも行って診察を受けて欲しいものです。

この野田という男を佐高信さんは、その著書『タレント文化人200人斬り』(毎日新聞社刊)で次のようにぶった切っています。

野田が英語で「バカ、間抜け」と言う意味もあるどじょうを自称すること自体がおかしい。おのれを知っているとも言えるが、バカしか首相になれないこの国なのか。
 集団的自衛権も認めるべきという“太ったタカ派”の野田は、その著書『民主の敵』(新潮社新庫)で、父親が自衛官だったので、自衛官の持つフラストレーションについてはよく分かっているつもりだけれども、元航空幕僚長の田母神俊雄については評価できない、と言っている。

(抜粋)

野田が評価できないとしたタモガミ閣下は、尖閣問題で「南沙諸島を実効支配している中国にとやかく言われる筋合いはない」と明言している野田ブーが、保守派であることを評価しているとか(笑)。
つーか、今首相という座に就いたんだから、それと同じとことを、面と向かって中国の胡錦濤さんと温家宝首相に言ってみろよ、と思いますがね。

野田が相田みつをのファンだから、「ドジョウだもの」といって、トウジョウしたのは有名な話。その相田みつをも、佐高氏によれば百害あって一利なしの我慢教の教祖だと思っているんだそうです。
『為政者にとってこれほど都合のいい説教を垂れる人間もいないのであり
、相田信者が増えれば増えるほど、国民の怒りや不満は抑え込まれてしまうだろう。』ということだとか。根本的なところで鈍感な人間しか相田のファンにはならないと、バッサリです。

しかし、野田が「民主の敵」という本を出していたとは、知らなかったけれども。民主の敵とは「民主党」の敵なのか、文字通り民主主義の敵というつもりなのか、よく分からない。
けれど、民主党から離党者が相次いだということは「民主党」の敵はオマエだろ、という感じだし。また、公約によって選ばれた政党が公約を反故にしても尚、ノウノウと権力についているという意味では「民主主義」の敵はオマエしかいねえだろ、という思いです。

「政権交代に大義あり」、と副題がついた本は、「政権交代に疑義あり」と改題したうえで、イシハラシンダロー東京都知事閣下に有害図書指定して貰った方が「コクエキ」に叶うでしょう。

 

« 正社員からパートへと人件費削減策 | トップページ | マスゴミの不法投棄、有害物質のハシモトトオル »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55647893

この記事へのトラックバック一覧です: 「近いうちに」野党に転落する民主党の代表選・有力候補の野田について:

« 正社員からパートへと人件費削減策 | トップページ | マスゴミの不法投棄、有害物質のハシモトトオル »