フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« いまや「橋下詣で」をするのが政局のトレンドだそうで | トップページ | ほーら、やっぱり原発なしでも余裕な »

2012年9月 4日 (火)

目指す時期は設定せず、という「エアー原発ゼロ」

将来の原発依存度について、パブコメでは87%、討論型世論調査では81%もの圧倒的多数で国民の「原発ゼロ」に支持が集まっている、という結果はご存じのとおりです。

にも拘らず、政府や与党は煮え切らない態度に終始しています。

毎日JP

民主党は3日、政府のエネルギー政策への提言を議論している「エネルギー・環境調査会」(会長・前原誠司政調会長)の役員会を開き、将来の原発ゼロを目指す素案をまとめた。ゼロを目指す時期は素案では絞り込まない方針。4日以降の調査会で党内の意見を聞くが、原発ゼロとする時期をどう表現するかが焦点となる。

 民主党内では原発政策について「ゼロ派」から「活用派」まで幅広い考えがあり、これまでの調査会の議論では、原発ゼロを打ち出すことへの慎重論もあった。ただ、政府の討論型世論調査などの結果も踏まえて、党内が原発ゼロに傾いた。

・・このね、『ゼロを示す時期は素案では盛り込まない方針』という下りですね。わざわざ2030年の原発依存について、などという質問を設定しておいてです。しかも、あまつさえ圧倒的多数の人々が「原発ゼロ」を支持している現実。それに対して、与党である民主党は目と耳を塞いでいる、としか見えないですわね。どーせ、経済界や原子力ムラに配慮してんでしょ。私の感覚では2030年といえば、今から廃炉に向けての準備をしなければ間に合わないと思いますけど。もちろん再稼働なんか、せずに、です。

「エアーは無敵!」と明示するブログ・迎春閣之風波さんではないけれど。
時期を示さないんだったら、「近いうちに」などと言う、民主党お得意のペテンが罷り通ることで済んじゃう可能性が高い。しかも、だれも責任を取らない日本的政治屋の世界では、2030年までの間に、「あれは前内閣と与党が決めたことですし」と、結論を反故にしますね。間違いなく。

それは、何もこの原発問題に限った事ではありませんから。

ということで、パブコメもなんにも。
クソの役にも立たないことかな、と。

« いまや「橋下詣で」をするのが政局のトレンドだそうで | トップページ | ほーら、やっぱり原発なしでも余裕な »

ニュース」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55580977

この記事へのトラックバック一覧です: 目指す時期は設定せず、という「エアー原発ゼロ」:

« いまや「橋下詣で」をするのが政局のトレンドだそうで | トップページ | ほーら、やっぱり原発なしでも余裕な »