フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「やらずぶったくり」消費税増税と社会保障の一体カイカク | トップページ | いまや「橋下詣で」をするのが政局のトレンドだそうで »

2012年8月28日 (火)

【パブコメ】意見公募の数字をあまり参考にならないと言う「有識者」

2030年の原発依存度について、政府は討論型世論調査だとかパブリックコメント(パブコメ)を通じて国民に広く意見を求める、というセレモニー的作業をしていました。拙ブログにもアップしましたように、私もパブコメをネットから送信しました。

詐欺政党民主党政府が果たして、これをどのような扱いにするのか、懐疑的ではありましたが、まあ、私は毎週金曜官邸前デモにも参加していないし、関電前にも行っていないので「お前はなんにもせんとネットで文句だけ」と言われるのも腹が立つしのぉ。
私としては、個人情報をお政府様に晒してでも、やることやってやるんだ、という意気込みでしたけれどもね。

だがしかし、早くも暗雲立ち込めるというか、頓挫するような雰囲気がそこかしこに見られるようです。

FNNニュース

2030年の原発依存度について、政府が8月上旬に実施した「討論型世論調査」の結果が公表され、3つの選択肢のうち、原発ゼロを支持する人がほぼ半数を占めることがわかった。
今回の「討論型世論調査」は、無作為に選ばれたおよそ280人が討論会に参加し、その前後で2030年の原発依存度について、ゼロ、15%、20~25%の3つの選択肢を評価した。
その結果、原発ゼロの支持は、32.6%から46.7%に伸びた一方、15%は最終的に15.4%、20~25%は13%にとどまり、原発ゼロの支持が討論後に伸びたうえ、ほぼ半数を占めた。
これについて、古川国家戦略担当相は「重く受け止めるのが大事だと思う」と述べた。
また、意見聴取会などで寄せられた意見を検証する会合が初めて開かれたが、出席した専門家などからは、「はっきりとは決めかねるいう民意が読み取れる」、「熟慮するには時間が短すぎる」など、さまざまな意見が出された。
政府は、来週2回目の会合を開き、検証結果がまとまり次第、「革新的エネルギー・環境戦略」を決定する考え。

どこのどいつが発言したのか記事には書いてませんが、原発ゼロが増えたのは、「はっきりと決めかねるという民意が読み取れる」と、とことんテメエ勝手な解釈をする御用専門家がいるようです。あるいは「熟慮するには時間が短すぎる」とか言うし。
これだからシロートは困るんだよな、とでも言いたげぇなコメントでしょう。

原発ゼロだと困る、テメエらの都合の悪い結果だと、こういう愚にもつかない否定論をブン回すのが御用専門家たる所以です。
討論型世論調査の存在そのものを否定するような意見でして。
ならば討論してから再度調査する必要もありませんし。バカヤロウ様ですな。

またパブリックコメントの結果も出ています。

東京新聞

2012082899070203

二〇三〇年時点の原発依存度などをめぐる政府のパブリックコメント(意見公募)の集計結果が二十七日、公表された。有効意見は八万八千二百八十件で、政府が示した原発比率の三つの選択肢(0%、15%、20~25%)のうち、原発ゼロ案の支持が約七万六千八百件(87%)を占めた。さらに、原発の代替手段となる再生可能エネルギー・省エネ対策については、電気料金の上昇につながるにもかかわらず「コストがかかっても拡大」が39%に上り、脱原発に向けた国民の覚悟が示された。

これに対して、「有識者会議」の検証会合が開かれたようです。

読売新聞

政府は27日、将来の原子力発電の比率など、中長期のエネルギー政策について寄せられた国民の意見を詳細に分析する有識者会議「検証会合」の第2回会合を開いた。

政府の調査では、2030年時点の原発依存度「0%」案支持が、意見公募(パブリックコメント)の全体集計で87%、全国11会場で行われた意見聴取会の会場アンケートでも81%に上っている。

 会合では、これらの調査について、委員から「強い意見を持っている人が集まり、少数派が沈黙した可能性がある。(意見の)理屈は参考になるが、(支持率の)数字はあまり参考にならない」(田中愛治・早大教授)との指摘があった。

強い意見を持っている人が集まり、少数派が沈黙した可能性がある。(意見の)理屈は参考になるが、(支持率の)数字はあまり参考にならない』(田中愛治・早大教授)

シャーシャーと平気でぬかす訳ですから、この田中教授というヤカラは、原発ムラから、御用学者のカガミとして激しく称賛されることでしょう。アホな国民ごときが出してきた数字はあまり参考にならない、ということのようです。しかも、少数派が沈黙した、とまで言及しているんですから、原発推進派が少数派だと認めてるようなものです(笑)。

もっと言うと、こんな時だけ、少数派の意見を尊重するかのようです。
いつもなら、民主主義は多数決だ、それが民意だと、つまり、ハシゲみたいな独裁者は「選挙は白紙委任みたいなもの」とまで言うのですがね。

「有識者」って、へ理屈をこねる「知識」が有る、という意味かい。

私みたいな(アホな国民)は「有識者懐疑」って、思ってんだけどよ。

« 「やらずぶったくり」消費税増税と社会保障の一体カイカク | トップページ | いまや「橋下詣で」をするのが政局のトレンドだそうで »

ニュース」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55527914

この記事へのトラックバック一覧です: 【パブコメ】意見公募の数字をあまり参考にならないと言う「有識者」:

« 「やらずぶったくり」消費税増税と社会保障の一体カイカク | トップページ | いまや「橋下詣で」をするのが政局のトレンドだそうで »