フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 参詣珍聞:「国民の生活が第一」は破綻したスローガンだとか | トップページ | なんかハシゲの醜聞って口にするのも汚らわしい感じ(笑) »

2012年7月17日 (火)

ヤラセだと批判されるまで取りあえず「これで行っとけ」という想定だったのね

東京新聞

政府は十五日、将来の原発比率について国民の意見を聴く二回目の意見聴取会を仙台市で開いた。抽選で選ばれた九人の発言者の中に、東北電力や原発推進団体の幹部二人が含まれ、「原発が不可欠」など従来通りの主張を展開し、会場から批判の声が上がった。

 聴取会は、政府が提示した二〇三〇年時点の原発比率(1)0%(2)15%(3)20~25%の三案に対し、抽選で選ばれた各三人が意見を述べる形式。この日は進行側の手違いで、0%案四人、15%案二人、20~25%案三人だった。

 このうち、原発の新増設を前提とする20~25%案に対し、東北電力の岡信慎一執行役員(企画部長)は「会社の考え方をまとめて話したい」と切り出し、電力の安定供給などを理由に、原発は必要と自社の主張を述べた。

(中略)

事務局によると、聴取会には百七十五人の参加応募があり、抽選で百三十人を選んだ。うち意見表明を希望したのが九十三人で、0%案が六十六人、15%案が十四人、20~25%案が十三人。

 これほど差があるのに、バランスを取ろうとするため、0%を支持した人はいずれも宮城県の人だったのに対し、15%と20~25%案は東北電力関係者二人のほか、東京都の会社員二人、神奈川県の会社員一人と、いびつな発言構成となった。

『国民の意見を聴取する』というお題目の会を、仙台市で開いたにも拘らず、東京、神奈川の人間が発言する不思議さ。それに、選りにも選って、東北電力の社員が「会社の考え方をまとめて話したい」発言するに至っては誰が見てもヤラセだろ、とピンときます。

それに対して細野“モナ”豪志原発担当相が「抽選ですのでいろんな人が入ってくる」と釈明したそうですが、よくもまあそんなに都合よく、電力会社の人間が当たるものです。しかも「会社の考え方をまとめて話したい」と予め用意していた節があるので計画的犯行・・いや、計画発言と言った方がよろしいかと。

そもそも、考え方のバランスをとろうということ自体が恣意的な訳ですね。
意見表明を希望した93人の内、原発0%支持の人が66人だったそうで、圧倒的多数で原発0%支持が多いのです。
発言した人が9人なので、6人から7人が、0%支持でも構わない訳です。それが、今回の意見聴取会での国民の声の大部分を反映している構成と言えます。

しかも、0%支持の人はいずれも宮城県の方だったとかで原発稼働を15%~25%支持の人は関東の人間と、地域で開催する意味をもぶち壊しているようです。ま、フツーに考えればどこかの部署や組織が「動員をかけた」と捉えられても仕方がありません。

小泉時代にもやらせタウンミーティングとかいうのがありましたが、同じ手法をとる模倣犯とも言えるでしょうか。これに対して、政府の対応がおっとり刀で下記のように。

東京新聞

古川国家戦略担当相は17日の閣議後の記者会見で、将来のエネルギー構成の選択肢に関する意見聴取会で電力会社社員が発言者として参加したことに対し「改善すべきところは改善する」と述べ、同日中に改善策を公表する方針を明らかにした。電力会社関係者の意見表明を制限することなどを盛り込むとみられる。

 古川担当相は電力会社社員の発言について「意見聴取会は国民個人の資格で意見を述べるもので、趣旨から大きくそれており極めて遺憾だ」と強調した。

 閣議後の会見では他の関係閣僚も発言。細野環境相は「国民一人一人の個人の意見を聴くのが会の趣旨で、改善の余地はある」と指摘した。

細野“モナ”豪志なんか「いろんな人が入ってくる」と、苦しい言い訳したのですから、最後まで、この選定法に間違いはなかったと突っ張ればまだ筋が通っているけれど。情けなくもすぐに「改善の余地はある」と身を翻すのです。批判が巻き起こる想定が出来ない、アホな政治家の対応はいつもお粗末極まるのです。

ところで。
しかしまあ、自ら堂々と『東北電力だ』と名乗って会社の考え方を述べた人です。社命が下って、仕方がなかったのかどうか知らないけれど、その時の個人感情の揺らぎとかなかったんでしょうか。
なかったとすれば、アンタまあ、立派な社畜になって、と思うし。

社畜だとしても、ヤラセだという不信感が起こるであろうと分かっていて、それでも発言せざるを得ない彼の忠誠心の背景には、家のローンや子供の養育費等でがんじがらめになって、常に保身に走る会社人間。
勝手な想像だろうけど、そんな悲哀をシミジミと感じてしまったり。

« 参詣珍聞:「国民の生活が第一」は破綻したスローガンだとか | トップページ | なんかハシゲの醜聞って口にするのも汚らわしい感じ(笑) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55217204

この記事へのトラックバック一覧です: ヤラセだと批判されるまで取りあえず「これで行っとけ」という想定だったのね:

« 参詣珍聞:「国民の生活が第一」は破綻したスローガンだとか | トップページ | なんかハシゲの醜聞って口にするのも汚らわしい感じ(笑) »