フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 経団連のゴタクを改めて眺めてみる | トップページ | ヤラセだと批判されるまで取りあえず「これで行っとけ」という想定だったのね »

2012年7月13日 (金)

参詣珍聞:「国民の生活が第一」は破綻したスローガンだとか

民主党を離党した小沢氏が率いる新党が旗揚げしました。「国民の生活が第一」という政党名だと。些か長い名称とともに、小沢アレルギーの各マスゴミはアレコレと報道に余念がないようです。

便所紙参詣珍聞

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120712/stt12071203320003-n1.htm

『破綻したスローガンを党名にせざるを得ないところに、新党の行き詰まりが見え隠れする。』

ゴミウリ押し紙新聞

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120712-OYT1T00325.htm

『小沢一郎元民主党代表が11日結成した新党「国民の生活が第一」は、次期衆院選を意識し、反消費増税や脱原発など「世論受け」を狙った政策を掲げた。』

などと、上記のように極右マスゴミは、全身全霊をかけて小沢を罵倒しておりますな。この新党は「反増税・脱原発」を掲げるそうです。
ゴミウリなどは世論受けを狙った政策だと批判しているようで、参詣に至っては国民の生活が第一、というのは破綻したスローガンだと喚き散らしているようです。

クサレマスゴミの論調はそんなもんでしょうし、今さらな感があります。
それはこっちへ置いといて。

今度の小沢の離党劇は、私も当然、理があると思います。また、そうせざるを得ない面も多々あったでしょう。仮にこのまま民主党に残って、党内カイカクをやります、と言ったところで、それは小沢の政治生命が終焉を迎えることになるでしょう。

大衆迎合だという批判はさておき。
『消費税増税反対・脱原発』と。なるほど、そうだと思う。そうしてくれるんなら有難いです。
うむ脱原発ね、だったらなんで去年の民主党代表選挙の時「カイエダ」みたいな輩を担いだのか?その辺は今でもかなり、しこりとして残っています。私のバヤイ。

でもそれよりも、私の政治不信の根っこはもっと厄介で根が深いのですね。
だれが権力を握ろうが、結局なんだかんだと官僚に籠絡され、財界になだめスカサレ、結局のところ自民党政権と大差がない政府が延々と続きそうな気がして仕方がないのです。
そんな既成政党に嫌気がさした国民の受け皿がハシゲ率いる大阪維新の怪だとか?ホントいい加減にして欲しい。それだけかい、つーか。選択肢は無いも同然でしょ、そんなもん。

なにを目安に国民の代表である政治家を選べばいいのか、全く暗中模索ではありませんか。何しろ選挙活動中に言ってることが、いざ権力に就けば180度違う方向に進んで行くんですから。それは、私の場合、小沢にもあてはまるのです。誰かがそれは違う、と言ってくださっても、なにもそんな保証がある訳でもないし。
小沢さんは違う、というレベルには達せませんね、残念ながら。だって、親兄弟、親類縁者でもなし。何を根拠にアカの他人をそこまで信用せねばいけないのでしょうか。

追記:それと重要な点。小沢がハシゲに、秋波を送る、というところ。政治的な思惑だろうが、それは、論外であると言わざるを得ないですね。それを見ている国民の民度にもつながります。

まあ、あまり期待しすぎるのは良くないということです。
よくあったでしょ。眠れないほどワクワクして待った、その当日に雨が降るっていう、小学校の時の遠足みたいな。

あ、そうそう。

拙ブログのサブタイトル「国民の生活は二の次」ですが。これはなにも小沢新党を揶揄したものでは無くてですね、去年から掲げていまして、つまり、民主党のぐだぐだを批判しているものでして・・・、とかなり言い訳してみるのです。小沢ファンからの批判に備えてのエクスキューズですけども(笑)。

« 経団連のゴタクを改めて眺めてみる | トップページ | ヤラセだと批判されるまで取りあえず「これで行っとけ」という想定だったのね »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55179968

この記事へのトラックバック一覧です: 参詣珍聞:「国民の生活が第一」は破綻したスローガンだとか:

« 経団連のゴタクを改めて眺めてみる | トップページ | ヤラセだと批判されるまで取りあえず「これで行っとけ」という想定だったのね »