フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 最高検の調査報告も「捏造」か | トップページ | 【画像保管】鹿児島県指宿市山川地熱発電所 »

2012年7月 3日 (火)

政務調査費の使途について、いつもの詭弁で口を尖らせる橋下市長閣下

久しぶりに、ハシモトトオルを取り上げます。
コヤツのいう事をいちいち、まともに取り上げてはいけないと知りつつも、なんですが。
本当に不毛だと思う昨今。

昨日から、大阪維新の会の政務調査費の使途について、盛んに報道がなされています。まずはそこから。

毎日.JP

大学院の入学金から高級椅子まで−−。大阪市議の政務調査費の領収書には、たびたび問題になってきた親族への家賃支出などが記されていた。昨春の統一地方選で当選し、今回初めて使途が明らかになった「大阪維新の会」の新人議員20人にも、問題視されかねない支出は続出している。

 京都大大学院への入学金(28万2000円)の半額を政調費から支出したのは1期目の維新市議(27)。今春、経営管理教育部に入学した。市議は取材に、「当選後、経済の知識がないことを痛感し、政策力を身に着けたかった。自治体も経営感覚が重要になっている」と話し、授業料も半額支出することを検討しているという。自民市議(45)も大阪市立大大学院の入学金を全額支出した。

 2期目の維新市議(34)は備品への「こだわり」がにじむ。「プレミアムチェア専門店」で購入した高級椅子(6万8000円)を8割計上。英国製サイクロン式掃除機(5万8800円)も8割計上した。また、別の維新市議(34)は、氏名や住所、電話番号などを彫った印鑑3式(約7万9500円)を購入、9割を計上した。

政務調査費といえば、地方中央問わずに今までも度々そんなものまで「政務」かよ?というツッコミがあり、政治家のモラルも問われてきました。なのにです。橋下徹率いる維新の会でもこんな杜撰な調査費の使途がされていたなんて。やっぱ、そうだったか(笑)。しかもテメエの大学院の入学金まで「調査費」として計上してたとか。それは一生ついて回る自分への投資だろが。なんでそれが政務調査なんだろうか?
政策力を身につけたかったと、ぬかしたそうで。だいたい政策力もないのに、政治家に、市議になんかなるなよ、と思いますがね。

その他、英国製の掃除機を購入だとか。なんだ「ダイソン」か。
おまえらのおかげで、市民は「大損」だね(笑)。まあ、こんな連中が政治を食いものにしているんでしょう。

ところで、ハシモトトオルちゃんも維新の会市議団の政務調査費の使途で、問題が勃発しているようです。

BLOGOS  橋下のツイッターまとめ

議員が政策を訴える、また有権者から意見を聴く集会には政調費は使える。そしてその集会は呼びようによっては全て政治集会である。ゆえにそもそも政治集会に政調費を使うことは可能なのである。これは朝日ツイッターが指摘する条例に基づく規則の通り。

ただし政治集会であっても選挙活動に使うことはダメだろうとういのが解釈。では選挙活動とは?これは基本的人権として最大限に保障される政治活動を一定制約する公職選挙法に定めがある。本来選挙活動も政治活動として最大限保障されなければならない。

維新の会に問題があるとすれば、その区民会議はダブル選挙間近であって選挙活動と疑われるのでは?ということ。選挙活動でないことは明らかだが、疑われるかどうかということ。

しかしこうなれば維新の会の話だけでなく、他会派の議員も含めて市議会全体の話となる。対立候補の平松市長を応援していた議員の政治集会を全てチェックしなければならない。ダブル選挙前の政治集会は選挙活動でなくても政調費を使えないというルールにするかどうか。

とまあ、ハシモトトオルちゃん、口を尖がらして反論しております。政治活動なら政務調査費はOKなんですよ、と。しかし選挙活動はアウトだとツイートしています。ところが、ところがです。

朝日新聞の橋下番によりますと、上記の如くでして。
東淀川区民会議で「市長に立候補します」と発言していたそうですから、これは立派な選挙活動ではないですか。
これについて、このBLOGOSの記事の最後の方にありますが、さらに朝日新聞・橋下番から。

@asahi_hb: 橋下氏は「区民会議で選挙活動をすれば政調費を使えないが、選挙活動をやるということは、僕自身が公職選挙法にひっかかる。政調費の問題だけにスポットがあたっているが、今回、政調費を出すのがダメだよとなれば、僕が公職選挙法違反になる」と主張。しかしこれは、苦しい論理だと思います。

などと、ダメを押されています(笑)。

まあ、ハシモトトオルちゃん、バカ殿なりの(なんだか可哀そうになってきて、ちゃん付けになってしまいますw)底の浅さと言いますか。詭弁を弄して煙に巻こうとするんですが、こうして鋭いツッコミが各方面から飛んできます。
ハシモトトオルちゃん自身が言ってるように、選挙運動には「政務調査費」を使ってはいけないのですから、「市長に立候補します」などと、高らかに宣言する「選挙活動」にはその使途はふさわしくない、という結論のようです。

なにしろ、御本人がそう言ってんですからね、間違いないかと。

« 最高検の調査報告も「捏造」か | トップページ | 【画像保管】鹿児島県指宿市山川地熱発電所 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/55112064

この記事へのトラックバック一覧です: 政務調査費の使途について、いつもの詭弁で口を尖らせる橋下市長閣下:

« 最高検の調査報告も「捏造」か | トップページ | 【画像保管】鹿児島県指宿市山川地熱発電所 »