フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 原発再稼働に血眼なマスゴミ | トップページ | 稀代の三百代言・ハシモト市長 »

2012年5月12日 (土)

声の大きいもんが勝ちみたいな― イシハラ都知ジーさん

イシハラ都知事閣下さんは、原発再稼働の是非を住民投票ですることに対して「軽々に判断するものではない」などとぬかして、住民の判断を「軽々しい」ものだと断じているようです。
まあ、独裁排外極右政治家らしく、住民ごときが何を判断できるか、と言いたいのでしょう。
そう言えば、イシハラさんを為政者に祭り上げたのもその住民・都民だったので、確かに「軽々しい」誤った判断をするのも住民・都民かもしれません。

ところで、国の領土問題にまい進する「地方自治体の長」のイシハラさんは、尖閣諸島を都で購入すると、国が守らなければオレが守るんだと、強い口調でアメリカへ行って喚いたのは記憶に新しい。

ヨミウリ新聞

尖閣購入は都単独、「石垣市と共同」断る意向

尖閣諸島(沖縄県石垣市)の買い取りを目指している東京都の石原慎太郎知事は11日の記者会見で、石垣市の中山義隆市長から提案された共同購入について「一元化しないと混乱する」として断る意向を示した。

一方、都が4月27日からスタートさせた購入資金の募金は、11日正午現在、4億6979万6129円に達した。石原知事は、これとは別に知人の企業家から1億円の寄付の申し出があることも明らかにした。

今現在も、誰か(しかも日本国民)が、その島の所有者であるにも拘らず、領土問題を抱えているのに、なぜか東京都が島を購入すると、領土問題が解決するかのような、或いはそれが解決策のような言い方をしているんですね。
ということは、誰かが(法人個人、自治体、国)土地を所有して、国の領土が確定するのなら、例えば東京の土地を外国の資本が購入して、ここは我が国の領土だ、と宣言することもアリなんでしょうね。

それに、もう既に購入資金としての募金額が4億円以上も集まっているそうです。さらに、イシハラ都知ジーさんの知人の企業家から1億円の寄付の申し出があるそうです。この島の評価額が如何ほどのものか知りませんが、そんな大金が集まってるのに、未だ、この島の所有者は首を縦に振らないのでしょうか。いったい、いくらなら売買に応じてくれるのでしょうか。
うーむ、素人には理解不能な愛国者様方々のお考えのようです。

« 原発再稼働に血眼なマスゴミ | トップページ | 稀代の三百代言・ハシモト市長 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

イラストありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。
---
>今現在も、誰か(しかも日本国民)が、その島の所有者であるにも拘らず、領土問題を抱えているのに、なぜか東京都が島を購入すると、領土問題が解決するかのような、或いはそれが解決策のような言い方をしているんですね。
---
実は、島嶼部防衛に託けて、州兵ならぬ都兵を募り私設軍隊を保持する妄想を膨らませているのかも・・・と邪推してみる(笑)。

野良猫≒のらにゃんこ さん、コメントありがとうございます。
いつもお世話になっています。拙いイラストに、お礼を言われますとかえって恐縮いたします。
ありがとうございます。
そうですか、州兵ならぬ都兵を派遣する、そんな深謀遠慮(笑)があるのでしょうか。
うーむ、それに応募する人間もかなりな数に上りそうな昨今ですね。
あーいやだいやだ。

somethingさん、おはようございます。

住民投票は、先進国では常識の民主主義を直接実現する制度として常識のものです。
選挙は間接民主主義で、住民は直接、此処の政策に対する意志を伝えられません。
包括的に、住民の意思を代表しているのに過ぎません。
住民は何も全てを、首長に任せたわけではありません。
だから、重要な政策については、住民が意志を反映させたいと思うのは当然で、首長も民主主義を認めるなら、住民投票を否定するのでは無く、政策は違っても積極的に肯定すべきです。

日本では官僚主導政治が横行しているので、住民投票は自分たちの権利を阻害しているもので、認めようとはしません。
石原都知事のように、ワンマン首長の場合は、自分のやりたいようにやるから、都民は口出しするなと言うことなのでしょう。
原発再稼働に賛成の都知事は、再稼働を問う住民投票は自分に楯突く人々と目に映り、こう言う重要な判断は首長が判断するものであった、都民が軽々に判断するものではないと考えているのでしょう。
住民が軽々しいという意識は上から目線そのものです。
官僚主導もそうですが、お任せ民主主義こそ、日本の体たらくの要因であり、政治不信・政治離れの要因と思います。
そういうことを本人は分かってらっしゃらない、時代遅れの頭の持ち主です。
彼を選んだ都民も、強い者に身を預ける、お任せ民主主義にどっぷり漬かり、その域を出ようとしない人ばかりです。

愛てんぐさん、コメントありがとうございます。
東のバカ殿、石原みたいな、ごう慢が服を着て歩いているような輩は、お上意識丸出しで見下しているので、アホ住民なんかに判断をさせるか、ということでしょうね。
一方、西のバカ殿・橋下は、原発の是非なんておいしいところはオレが決めるんだよ、という理由だそうです。かくして、東西両陣営のバカファシスト右翼は独裁の道をまい進するのです。ノダメ政府にもなんにも望めないし、ニッポンはもうダメだすよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54690859

この記事へのトラックバック一覧です: 声の大きいもんが勝ちみたいな― イシハラ都知ジーさん:

« 原発再稼働に血眼なマスゴミ | トップページ | 稀代の三百代言・ハシモト市長 »