フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« お得意の詭弁・強弁の橋下市長閣下 | トップページ | 憲法二十五条に「健康で文化的な最低限度の生活」って書いてあるだろうが »

2012年5月25日 (金)

おっ、森永卓郎がたまにはまともな事を

あまり時間がないので、よそ様のブログを引用してお茶を濁します。

BLOGOS

「自民党憲法改正案の本質」 - 森永卓郎

 自民党の憲法改正草案が発表された。日の丸を国旗、君が代を国歌と定め、自衛隊を国防軍と位置づけるなど、従来からの主張を鮮明に打ち出している。それはそれで大きな問題なのだが、私が一番気になったのは、基本的人権を守ろうとする姿勢が大きく後退していることだ。

 例えば第21条は、「集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する」との現行規定に「前項の規定にかかわらず、公益及び公の秩序を害することを目的とした活動を行い、並びにそれを目的として結社をすることは、認められない」という条文を追加したのだ。

 これだと権力者が「公益及び公の秩序を害する」と判断したら、表現の自由が許されなくなってしまうことになる。ファシズムもはなはだしいのだ。

中略

日本も、この動きと無縁ではない。国民の圧倒的支持を得ている橋下徹大阪市長は、「君が代斉唱の際の口元チェックは行き過ぎではないか」との記者の質問に対して、「君が代は公務員の社歌だ」と開き直った。また、市職員の入れ墨をアンケート調査し、調査に応じなかった職員は、在任期間中は昇進させない方針を明らかにした。

原発問題では「原発再稼働なければ経済が破たんする」という妄言を吐く、モリタクにしては、近来稀に見る正論ですね(笑)。

« お得意の詭弁・強弁の橋下市長閣下 | トップページ | 憲法二十五条に「健康で文化的な最低限度の生活」って書いてあるだろうが »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54795388

この記事へのトラックバック一覧です: おっ、森永卓郎がたまにはまともな事を:

« お得意の詭弁・強弁の橋下市長閣下 | トップページ | 憲法二十五条に「健康で文化的な最低限度の生活」って書いてあるだろうが »