フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 火を見るより明らか、橋下は決して脱原発依存ですらない | トップページ | すべての人間は事故を起こし得るのだ »

2012年4月21日 (土)

問責二閣僚は資質に欠けるが、野田首相以下は適材適所だとでも?

この二人は閣僚としての資質が問われるのだそうです。

東京新聞

野党が前田武志国土交通相と田中直紀防衛相の問責決議案を参院に提出した。問責で政権を揺さぶる国会戦術は問題なしとしないが今回はやむを得ない。閣僚としての資質が厳しく問われている。

 問責理由は、前田氏が岐阜県下呂市長選で特定候補支援を依頼する直筆署名文書を告示前に送付した問題、田中氏が北朝鮮のミサイル発射をめぐる対応の混乱や閣僚としての自覚、知識の欠如だ。

 問責決議に法的拘束力はなく、可決されても閣僚辞任の必要はないが、実際にはいずれ辞任を余儀なくされている。

なるほど「昼行燈(ひるあんどん)」を画に描いて、額縁に入れたみたいな。
そんな、田中直紀防衛相を見ていると気の毒なくらい資質に欠けているんだろうなあ、とは思います。奥さんの尻に敷かれすぎて、きれいに折り目のついた無気力さは、今日一日が無事過ぎればいいや、といったアンバイのようにも見えます。実際はどうか知らないけれど。会ったこともないし。

あと、八ッ場ダムの工事を「予定通り」再開させたい、「人からコンクリートへ」先祖帰りの、元建設省出身の輩とかは、公職選挙法が云々ではなくても、即刻辞めさせてもいいんだろうけれども。

この二大臣が資質に欠け、適材適所だったかどうか?なんて、そんなもの。
政治家はすぐに国民目線(いちいち恩着せがましい言い方だ)と言いますが、問責を受けていない、その他のお大臣様はさぞかし立派な資質をお持ちなんでしょうか?
国民から見て、そのような方はお見受け致さない点が悲しい所です。問責に値する連中は他にも沢山いるはずなんだけどもね。

なんと言っても、いの一番に野田ソーリ自身を問責をするべきだとは、言うまでもないことでしょう。つまり総辞職か解散になる訳ですが、そんな事している無駄な時間は無い、という話もありますが、かといって、拙速に何でもかんでも、無為無策官僚主導のこの連中が決めてしまって良いのか?という問いにはどう応えるのでしょうか。

ま、空転国会にするんなら、議員歳費は返上するのはトーゼンでありまして。なんならとっとと、どいつもこいつも全員、議員辞職してほしいものです。

ジミントーがまたぞろ問責大臣が出席する委員会の審議拒否をするとか喚いていて。これにはナンミョー党が反対意見を出しているんですけれども、結局どちらも政争の具にしたいだけで。
「国民目線」からは程遠いのでしたね。

« 火を見るより明らか、橋下は決して脱原発依存ですらない | トップページ | すべての人間は事故を起こし得るのだ »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

国民の寿命は長くなったが、内閣は短命である。
政治に継続性がなくて困っている。
大臣の資質を問う者は多いが、それを選ぶ国民の資質を問う者はいない。

試験は、成績で序列順位を定めるためのもの。
選挙は、得票数の結果で序列順位を定めるためのもの。
世界の頂点を目指すのか。それとも、どんぐりの背比べか。

この世は仮の世。
まっとうな世の中は、この世の外にある。


http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

nogaさん、コメントありがとうございます。

>それを選ぶ国民の資質を問う者はいない。

仰る通り、政治を見れば、国民の民度が分かると、よく言います。であれば「この程度の政治は、その程度の国民」ということでしょう。それは私を含めてのことですが。何しろ「この民主党」に投票したんですから。その他、地方の首長を見れば、(例えば大都市においての)その民度の酷さが実感できるというものでしょう。しかし、政治に継続税がないと仰いますが、自民党の政治とどこが違うのかよく分からない、間違い探しのようなミンシュトウ政治を眺めれば、見事に継続性があるようにも思います。靖国に首相が参拝するかどうかという点を、マスコミが騒がない程度の差こそあれ、結局のところ、官僚が全てを掌握していることに収斂していくような気がいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54526252

この記事へのトラックバック一覧です: 問責二閣僚は資質に欠けるが、野田首相以下は適材適所だとでも?:

« 火を見るより明らか、橋下は決して脱原発依存ですらない | トップページ | すべての人間は事故を起こし得るのだ »