フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 夢が「正社員」だとはね | トップページ | 【消費税増税】『慎重派』との対立は民主党内のプロレスか »

2012年3月15日 (木)

原発事故を経て「国破れて産業あり」、か

経済ばかりが優先するニッポン。私がよく言う「守銭奴国家」ですが、最近ますます、その感を強く持ちます。私たちの父母の年代が戦後復興で努力したことが、仇になっているような。
もっと言うと、高度成長なんか無かった方が、と、さえ。

愛媛新聞社説  3月12日(一部抜粋)

現状の停滞を平穏と錯覚してはなるまい。政府による一方的な「収束宣言」の後、情報がますます少なくなった。
 多くの国民が日常を取り戻した今、最も恐れるべきは忘却だ。経済論理と惰性が事故の恐怖と緊張を「なかったこと」にしようとしている。
 政府は「脱原発依存」を打ち出したはずだが、地震国で原発を動かす不確実性の評価を曖昧にしたまま、大胆なエネルギー政策の転換を導き出せないでいる。財界などの圧力に押されて原発輸出を再開し、止まった原発を再稼働させる理屈探しに躍起だ。
 原子力という一つの分野を終わらせることの難しさを示していよう。しかし「国破れて産業あり」では話にならない。産業の空洞化を心配する前に、未来にわたる国民の命と安全を語るべきだろう。

一度、成功体験もつと、その呪縛から逃げることはなかなか容易ではありません。

過去の栄光にすがるのは人間だけではなく、国もそうなんでしょうな。
いつしかゼニカネだけのコッカ。「国民不在」と言う陳腐な言葉がぴったりです。

この社説にも書いてあるように「国破れて産業あり」とは言い得て妙です。
そして、最近ますます、国民には忠誠だけを誓わせようという動きだけが突出しているようです。

« 夢が「正社員」だとはね | トップページ | 【消費税増税】『慎重派』との対立は民主党内のプロレスか »

原発」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54226795

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故を経て「国破れて産業あり」、か:

« 夢が「正社員」だとはね | トップページ | 【消費税増税】『慎重派』との対立は民主党内のプロレスか »