フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 原発事故を経て「国破れて産業あり」、か | トップページ | 入試会場の監視と君が代口元チェック監視が同列のハシゲ »

2012年3月16日 (金)

【消費税増税】『慎重派』との対立は民主党内のプロレスか

民主党のいわゆる「慎重派」と言われる連中が、消費税増税に反対の立場で執行部と対立しているように「見える」訳です。その人達の論旨というのは、「今は景気に悪影響だからやめといたほうが良い」というもので、絶対反対だということでは無いみたいです。つまり、国民向けのポーズであって、振付付の殺陣みたいなものです。まあ、プロレスですね。・・と私は感じますが。

NHKニュース

安住財務大臣は、閣議のあとの記者会見で、消費税率を引き上げるための法案を巡って、景気が悪化した場合などに引き上げを見合わせることができる規定に、民主党内から経済成長率などで具体的な数値を明記するよう求める意見が出ていることに対して、そうした対応を取るのは難しいという考えを示しました。

ま、『慎重派』と言うだけあって「やめといた方が良いんじゃない?」と言ったアンバイでしょうか。よく見る顔に山田元農相だとか川内氏とかいるんですが、TPPの時も慎重派だったわけです。
その時も「TPP参加に向けた関係各国との協議に入るだけです」といった野田ソーリの発言で「ほっとした」としますからね。
政治家って訳わからんね、と思うのが我々国民です。出来レースというか、初めからシナリオが有ったんじゃなかったかと思いますがね。

いまも、消費税が「全世代に公平で安定的な財源だ」と言う野田ソーリを筆頭に、フランケン岡田副ソーリなどは「所得に比例して徴収できる意味でも消費税は最も優れている」とイケシャーシャーとぬかす訳で、コイツらの頭の中は消費税が公平だという財務省の「ご説明」を心底信じきっているが如くの有様です。総務省の家計調査でも低所得者層の負担率は2.8%で高所得者層は2.4%だという統計が出ているにも拘らず、へー然とノタマウ神経を疑いますが、ペテン師ですから、カエルの面にションベンなんでしょう。

景気が良くなれば消費税を上げても構わないというのは、消費税の問題点そのものを先送りしているに過ぎず、結局のところ、主流派・反主流派の民主党内の権力争いである訳です。
仮に『慎重派』が権力に就いたとしても、「社会保障の財源担保、将来世代への負担を避ける意味で消費税を上げざるを得ない。国民の皆様にはていねいにご説明したい」と言うのでしょう。そんな『慎重派』を、期待感もって見守るというのは、私から言わせれば残念ながら「学習能力がないですね」と言うしかないのです。

« 原発事故を経て「国破れて産業あり」、か | トップページ | 入試会場の監視と君が代口元チェック監視が同列のハシゲ »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54234550

この記事へのトラックバック一覧です: 【消費税増税】『慎重派』との対立は民主党内のプロレスか:

« 原発事故を経て「国破れて産業あり」、か | トップページ | 入試会場の監視と君が代口元チェック監視が同列のハシゲ »