フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか | トップページ | 「秘密保全法は大罪悪」ですが、行政府には罪悪感がないようです。 »

2012年2月21日 (火)

無題― 判決

あんまり書く気にはならないけれど、昨日からマスメディアで盛んに報道されている、いわゆる光市母子殺害事件。これを考えると、非常に重い気分になってしまう。

毎日.Jp

山口県光市で99年に母子を殺害したとして殺人や強姦(ごうかん)致死罪などに問われた当時18歳の元少年(30)の差し戻し上告審判決で、最高裁第1小法廷(金築誠志(かねつきせいし)裁判長)は20日、被告側の上告を棄却した。小法廷は「何ら落ち度のない被害者らの尊厳を踏みにじり、生命を奪い去った犯行は冷酷、残虐で非人間的。遺族の被害感情もしゅん烈を極めている」と述べた。無期懲役を破棄して死刑を言い渡した広島高裁の差し戻し控訴審判決が確定する。

まず最初に。リンクした毎日新聞は、犯行時18歳だった被告の立場を考慮し、いまも匿名報道をしているようだ。その他のメディアは実名と顔写真を出している。そのことについて多くを割かないけれども、やはり私は『マスゴミ』と言って差し支えないと思う。

この事件は13年を経過してなお、議論が沸騰するケースのように思う。被害者家族がテレビに出て、非常に「整然」と自己の感情を語るのを、私も何度も拝見した。彼の感情は理解できる。それは世間一般にもそういった認識が広がっているからだろう、被害者感情に多くの人が思いを寄せるのを見ていても分かる。
別の面でも、いま政局の中心にいるのかどうか知らないが、大阪のハシモト某がこの裁判をめぐって被告の弁護団に懲戒請求を出すようにテレビ番組で発言し、その結果多くの懲戒請求が出て、余計なことでも世間を煽るという、尾ひれまで付いてしまう。

被害者の感情は理解できる、がしかし、最高裁の判決は「法と証拠」に基づいて冷静に判断されたのだろうか、という感じがする。一人の裁判官が反対意見を出したそうだが、裁判長の「精神的成熟度を判断する客観的事実はあるだろうか」、ということで退けられたそうだ。であるなら、少年という概念はないに等しい『法治国家』だということを表明したようだ。

厳粛に受け止めたい、と被害者の家族が語っていたけれど、ここでもさらに複雑な心境になったであろうことは想像に難くない。ここで私が思うことは、真摯な反省と謝罪もなく、というあたりだ。表面上謝罪と反省を口にすれば情状酌量があるが、それが見られなければ極刑だ、という事ではないかという危惧だ。であるなら、心底反省などしていなくても本当にずる賢い振る舞いをすれば極刑を免れるのか。そんなことで死刑判決を出していいのか、という思いが澱のように重なって募っていき、朝から気分が落ち込んでいく。
命を持って罪を償わせたとしても、被害者が帰ってこないという事実だけは間違いがない。
たとえ、検察が言う「なんの落ち度もなく幸せだった親子を迷いもなく殺したのは許しがたい」にしても。

« 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか | トップページ | 「秘密保全法は大罪悪」ですが、行政府には罪悪感がないようです。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54038551

この記事へのトラックバック一覧です: 無題― 判決:

» 光市母子殺害事件被告、死刑確定へ [虎哲徒然日記]
山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件の差し戻し後の上告審判決が20日あり、最高裁第一小法廷(金築誠志裁判長)は、殺人と強姦(ごうかん)致死などの罪に問われた大月 ... [続きを読む]

» 司法と社会の敗北宣言 (2) (光市母子殺人事件の最高裁判決) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
   光市母子殺人事件の最高裁判決が出ました。 亡くなった二人の母子のご冥福を改めてお祈りし、たいへんに辛かったであろう、被害者母子の遺族である男性個人の心痛が少しでも鎮まり、普通の人として...... [続きを読む]

« 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか | トップページ | 「秘密保全法は大罪悪」ですが、行政府には罪悪感がないようです。 »