フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 米軍基地の固定化は今に始まったことじゃない | トップページ | 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか »

2012年2月13日 (月)

絶対独裁戦隊ゴーマンジャー

久しぶりの更新です。

まあ、アクセスが壊滅的でして。この連休2日間合計でページビューが、77(笑)。ユニークだと52(爆笑)、ということですから、正味20人の方もいるのかどうか疑わしいですな。ほとんど誰も見ていないので、気楽なもんですわw。
前回の記事で書いた普天間基地問題は沖縄防衛局長の「講話」が功を奏したらしくって、ジミンなどが推す候補が、元宜野湾市長・伊波さんを破って当選だとか。暗い世情に拍車をかけてくれます。

ところで、イシハラシンタロー、ハシズム徹、などが政局の中心だそうで、最早ニッポンの行く末は風前の灯火の様相を呈しておりますね。ハシズム徹などは市職員に対して思想調査ともいえるアンケートを実施する、だとか。

朝日デジタル

大阪市は10日から、すべての市職員を対象に、市長選などの選挙活動に関与したかについて、記名式のアンケートを実施する。橋下徹市長は9日、職務命令でアンケートへの回答を義務づけ、拒んだ職員の処分も検討すると表明した。地方公務員の政治活動は地方公務員法や公職選挙法で規制されているが、強制的に政治関与の有無を問う調査は波紋を広げそうだ。

アンケートでは『あなたは組合活動をしたことがありますか』という設問もあるそうで、組合活動をすることを憚るような内容のものもあるようです。しかも記名の上、回答拒否すれば処分も有り得るそうです。
こうなると、恐喝と言って差し支えないですね。これに対して、市職員労組などは「団結権の侵害だ」と反発を強めているようです。

調べますと、公務員の政治活動は違法だそうで、さらに地方公務員法で労働三権のうち、団結権のみ認められていて、団体交渉権は市バスの運転などの現業職員のみ、団体争議権は全て否定されているのです。

しかしこれですね、橋下が実施するアンケートは組合に加入していることを、不当に圧力を加えていることは間違いない訳です。公務員の労働組合は一般企業の労組と違い全ての労働組合法は適用されないようですが、やはり、これなんか「組合に入ったこと、あるいは入ろうとしたこと、またはやめることを条件に不当な扱いをすることを禁じる」という組合法は適用されると思うのですがね。
労働組合法第7条第一号には、組合員である事、加入したこと、又は結成しようとしたこと、組合の正当な行為をしたことを理由に解雇すること、不利益な扱いをする事を禁止しています。

なにしろ最低限の「団結権」を認めているのだったら。だけれど、仮に裁判になった場合でも、裁判所はすべからく行政側の味方ですから、勝てる見込みは限りなく低いでしょうが。

これに先立つこと、橋下と平松氏の一騎打ちとなった先の大阪市長選挙で組合の選挙運動が俎上に上がっていて「組合に非協力的ならば、不利益を被ることもある」という文書が出回った、とかで組合にも批判が集中したそうです。だけれど、実際に組合が政治活動をしたかどうかはともかく、橋下市長の下、「不利益を被っている」ことは間違いのない事実ですな。

« 米軍基地の固定化は今に始まったことじゃない | トップページ | 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53971713

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対独裁戦隊ゴーマンジャー:

« 米軍基地の固定化は今に始まったことじゃない | トップページ | 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか »