フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ショックドクトリンとは? | トップページ | 東電の2018年度の値下げ話のマユツバ度 »

2012年2月29日 (水)

コメ作付け基準、去年500Bq以下今年は100以下の条件付き

福島第一原発の事故を受けて、今年における新たなコメの作付け基準を農水省が示したそうです。

早川何某教授とかいう専門バカが農家を「サリンを作るのと同じ」と酷いことを喚きましたが、農家を批判する前に、行政府と自治体を責めろっつーんだよ。カス。
そして、現場の生産農家の苦悩はまだ続くのです。

NHKニュース

農林水産省は、食品の放射性物質の新たな基準を受け、ことしのコメの作付けの方針を発表しました。
この中では、去年収穫されたコメの検査で、1キログラム当たりの放射性物質が100ベクレルを超え500ベクレル以下の地域では作付制限を行うことを基本とする一方、自治体の検査などで、基準を超えるコメが流通しないことを条件に作付け自体は一部認めるとしています。

農林水産省は、食品に含まれる放射性物質の新たな基準値が1キログラム当たり100ベクレルと大幅に厳しくなることを受けて、ことしのコメの作付方針を新たにまとめ、28日に発表しました。
それによりますと、去年収穫されたコメの検査で1キログラム当たり500ベクレルを超えた地域では、作付制限を行います。
制限の対象は「旧市町村単位」を基本にしますが、地域の事情に合わせて、さらに狭い範囲にできるとしています。
一方、100ベクレルを超え500ベクレル以下の地域では、新たに作付制限を行うことを基本とする一方で、市町村が水田ごとに生産を管理することや、出荷前に全袋検査を行うなど基準を超えるコメが流通しないことなどを条件に、作付け自体は一部認めるとしています。

100ベクレルを超えて500ベクレル以下の水田は市町村が管理し、全袋調査を条件として付けて作付けを認める方針だそうで、それについても100ベクレルを超えるコメは流通させない体制が構築できるかなどの指摘もあるそうです。

私の感想と致しましては、行政の玉虫色の判断がここでもまた、という感じでしょうか。作付けして、もし100ベクレルを超えては出荷させませんが、それでも良かったら「お米を作りなはれ」ということなんでしょう。

それに何より、去年は500ベクレル以下と云う基準で、今年は100ベクレル以下だという、その根拠がさっぱり理解できないのですね。
去年は原発からドンドン放射能が出ていたし、まあ、500ぐらいは仕方がないでしょうか。だけど、今年は一応政府が終息宣言出していることだし、100以下にしてくださいね
、とゆーか。

テキトー、お手盛り基準出して、ハイお終い。
そこには、消費する国民の安全だとか、生産農家の苦悩なんて1ベクレルも入ってはいないのですな。

« ショックドクトリンとは? | トップページ | 東電の2018年度の値下げ話のマユツバ度 »

ニュース」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/54105858

この記事へのトラックバック一覧です: コメ作付け基準、去年500Bq以下今年は100以下の条件付き:

« ショックドクトリンとは? | トップページ | 東電の2018年度の値下げ話のマユツバ度 »