フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 絶対独裁戦隊ゴーマンジャー | トップページ | 無題― 判決 »

2012年2月16日 (木)

「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか

連合・自治労との「仁義なき戦い」ダシに「橋下総理」確実?

http://www.janjanblog.com/archives/62699

さとうしゅういち

御自身が主催する政治塾に志望者が殺到しすぎて困っている橋下徹大阪市長。

彼は、近いうち(大阪市長の任期が切れる前)に歴史的必然として、市長の座を放り出し、まんまと総理大臣になるでしょう。そして、日本国を滅ぼすでしょう。

そして、その責任の多くは、連合(自治労や電力総連)とその傀儡(かいらい)たる民主党(野田総理、橋本博明衆院議員、柳田稔元法相ら)にあると言わざるを得ません。彼らが腐っているからこそ、橋下市長がバカ受けするわけです。

と、危惧する筆者のさとうしゅういちさん。
停滞四面楚歌劣化著しい政府への不満を「橋下」という、今現在大阪市長に過ぎないこの男を中心に政局は回っている、と言っても言い過ぎではないでしょう。マスゴミはこの男の言動を逐一報道し、まるで救世主のような扱いです。既成政党の体たらくをしり目に、ハシモト現象というか、政界は橋下にかき回されています。
詐欺師政権がことごとく公約をひっくり返し、官僚・アメリカ様の言いなりに動く。その鬱屈した不満を、ヒーローである橋下が成敗してくれるかもしれない、という従順無垢、つまりバカな国民は期待しているようです。

■総理になった瞬間が「終わりの始まり」

しかし、「総理」になった瞬間が「終わりの始まり」です。

なぜか。府知事の時は、成果が上がらないのを市長のせいにすればよかった。

そこで、府知事を腹心に任せつつ、平松市長を自らカチコミで倒した。最後に残された手段は国政=民主党・連合・自治労・電力会社傀儡政権のせいにすることです。

しかし、府政、市政(おそらく腹心の誰かに任せる)、国政すべてを制覇した段階で、橋下さんに逃げ道はなくなります。

まず、TPP推進の「橋下総理」では日本は沈没するでしょう。ISD条項により日本はアメリカ企業に損害賠償攻勢をかけられ、にっちもさっちもいかなくなります。

また、日本の金融機関がアメリカ企業に買収され、日本国債がアメリカの手に落ちれば、大変なことになる。今までは財政赤字と言っても日本人が国債を持っていれば問題はなかった。しかし、アメリカ人の手に落ちれば、日本政府はアメリカに首根っこを掴まれる。そして、ギリシャのようになりかねません。

筆者の懸念を「そんなもの、杞憂だ」と言える人は、よほど能天気か、それともハシモト信者でしょうな。そしてそれが現実になったとき、またもや「だまされた」と言って、いつか来た道。それでお終い、のニッポン国民の姿が今から想像できてしまうところが、空恐ろしい。さらに、憲法改正、核武装も言い出しかねないこの橋下を野放図に煽るマスゴミの罪はとてつもなく深くて暗いでしょう。まあ、もうすでにノダ首相から、「終息宣言」出されていますんで、オワタようなもんですがね。

ところで、さとうしゅういちさん、キャラ変わったかな?

« 絶対独裁戦隊ゴーマンジャー | トップページ | 無題― 判決 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53997476

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハシモト現象」への心配、それを杞憂と言い切れるのか:

» 全ては憲法9条が原因だと思っていますw [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
   「語尾に『全ては憲法9条が原因だと思っています』をつけると橋下徹」というのが、そのあまりの論理の飛躍ぶりから、ネット界隈で流行っているのだそうです。 ●Afternoon Cafe バ...... [続きを読む]

« 絶対独裁戦隊ゴーマンジャー | トップページ | 無題― 判決 »