フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 小沢裁判被告人質問 | トップページ | 東電 発送電分離に憮然として反論 »

2012年1月12日 (木)

イランの原油輸入量を削減するアメポチニッポン

イランが核開発を一向に止める気配がない、ということで、アメリカはイランに対する経済制裁を強めるようです。アメリカの、なんといっても一番の悪癖は、自分の国の判断基準を他国に押し付けようとするところに問題が集約されますね。つまり、アメリカ様の「同盟国」にもその判断を同意させ、さらには同一歩調を取るように、その「同盟国」すら恫喝するところにあるようです。同盟国といえば聞こえはいいけれど、我がニッポンなど彼らにとってみれば、未だに、マッカーサーが降り立った、あの、占領地そのものでありまして。「オキュパイド・ジャパン」なんでしょうね。言うこと聞かなけりゃ、ゲンコツの一発や二発お見舞いしたるけんねと、心の奥底で思っていることでしょうか。実際、ゲンコツどころか「原爆」を落としますからね。

毎日.Jp

政府は12日、核開発を続けるイランへの制裁を強める米国の方針を受け、イランからの原油輸入量を削減する方針を決め、安住淳財務相が同日、来日中のガイトナー米財務長官との会談で表明した。具体的な輸入削減幅は米国と調整する。日本側は、米国がイラン産原油取引の決済を担うイラン中央銀行と取引のある外国銀行に制裁措置を講じる際、邦銀を適用除外にすることを条件に求める方針で、今後、日米両政府間で調整に入る。

外交的手腕なんて、これっぽっちも持ち合わせていないニッポン政府はそーゆーことだけは、しっかり分かっておりまして。アメリカ様のご意向に逆らわないようにするだけで精一杯であります。
「イランのバカヤロから原油は買いませんので、どうか、どうか、日本の銀行だけはお目こぼしを~」てな事ですね。そりゃ、アメリカ様のご機嫌を損ねてしまえば、サー大変。ションベンでもなんでも引っかけられてしまいます。ですから、ここはお手柔らかにおねげーしますダ、アメリカ様、つーことでしょうね。

だがしかし、ここで姑息な、我がニッポン政府はそれだけに留まっちゃいません。アメリカ様に押し切られたふりをしながらも、タダで転んだんじゃ面白くないってんで、起き上がる時は何か掴んで立ち上がりたいのですね。

そこで、イランからの原油輸入量が削減されます。
ということは、全国あまねく原発停止で電力需給量がひっ迫しております故、どうか国民の皆様、ここはひとつ。耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、原発再稼働にご協力を~、つー、深謀遠慮が透けて見えるのではと。そう睨んでおります。ワタクシ、間違いない(こないだに引き続き、古い)、と思っているんですがね。

« 小沢裁判被告人質問 | トップページ | 東電 発送電分離に憮然として反論 »

ニュース」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53719952

この記事へのトラックバック一覧です: イランの原油輸入量を削減するアメポチニッポン:

» 安住財務相 イラン原油輸入削減を表明 [王様の耳はロバの耳]
安住財務相、イランからの原油輸入削減を表明(読売新聞) - goo ニュース ガイトナー米財務長官が来日するのは年初から判っていました。 昨日12日その長官が安住財務相と会談したそうです。 表に出てきた結果は「日本はイラン原油の輸入を計画的に減らしてゆく」と米国...... [続きを読む]

« 小沢裁判被告人質問 | トップページ | 東電 発送電分離に憮然として反論 »