フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 野田首相、得意の街頭演説で理解を得られると思っていたバカさ加減 | トップページ | ハシズムに恥も外聞もなく群がる各政党の「実力者たち」 »

2011年12月20日 (火)

総括原価方式 東電は年8.5%の財形貯蓄も発電原価に

総括原価方式っていうものは社員の福利厚生をも、発電原価として計上するものなんだ。

東京新聞

東京電力が、保養所や接待施設の維持管理費、年8・5%もの利子が付く財形貯蓄などさまざまな社員優遇に必要な費用を、電気料金を決める際の原価に算入し、電気料金で回収していたことが本紙の調査で分かった。こうした事実を東電も認めている。東電の手厚い福利厚生は、電力会社を選ぶことができない消費者の負担によって維持されてきたことになる。

 電力料金は「総括原価方式」と呼ばれる方法で算出される。施設の修繕費や燃料費など発電に必要な費用を積み上げ、電力会社の利益を上乗せし、その総額を電力料金で回収する仕組み。

 ただ、費用に何を計上するかは電力会社の判断に任されている面が強い。既に、官庁OBを受け入れている財団法人への拠出金や広告宣伝費など発電とは関係のない費用に入れられていたことが判明している。経済産業省の有識者会議(座長・安念潤司中央大教授)は今後、これらの費用は計上を認めない考えを示し、同省もその考えに従う方針だ。

この低金利時代に、驚くべき、なんと、年8.5%の利子が付く財形貯蓄があれば、そりゃ、社員は忠誠を誓うってものです(笑)。今年入社の新入社員が「誰のおかげで電気を使えると思っているんだ」と、言い切るほどの即戦力「社畜」を(笑)、育成する費用も発電の原価に組み入れていたのですな。

http://news.livedoor.com/article/detail/5505295/

「東京電力の批判をしてますが、今電気を使えてるのは誰のお陰ですか? よく考えてから批判するように!!!文句あるなら電気使うな! あなたみたいな陰湿な事をいう人間がいるから日本人の質が問われるんです」

上記は以前見た記事ですが、こんな素晴らしい「社畜」を育成することすら、消費者に転嫁するんだから、電力会社ほど楽な商売はありませんね。
などと、妙に納得したのです。

« 野田首相、得意の街頭演説で理解を得られると思っていたバカさ加減 | トップページ | ハシズムに恥も外聞もなく群がる各政党の「実力者たち」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53528374

この記事へのトラックバック一覧です: 総括原価方式 東電は年8.5%の財形貯蓄も発電原価に:

« 野田首相、得意の街頭演説で理解を得られると思っていたバカさ加減 | トップページ | ハシズムに恥も外聞もなく群がる各政党の「実力者たち」 »