フォト
2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« TPP参加で危惧されるであろう諸問題のひとつ | トップページ | レイバーネットの原発御用大賞、候補者一覧 »

2011年11月 6日 (日)

野ダメ暴走モードに入る

対米従属・官僚システムの忠犬ポチのミンシュトウ政府。そのポチぶりをいかんなく発揮し出した野ダメ首相が「暴走モード」だとか。G20で2010年代の半ばまでに消費税を10%までに引き上げると「国際公約」してしまったと、マスゴミ報道。

国内では「ワタクシ、ドジョウだもの」と安全運転に徹していると言われてるが、海外へ行けばなぜか豹変してしまい、気が大きくなる成金親父と同じでして。ギリシャ問題で頭がいっぱいの、欧米各国首脳の気を引くつもりで「ニッポンはキチンと財政再建しますもの」と良いカッコしたかったか。

もうひとつ、10日にはTPP参加を表明するとのこと。
腐った肉団子みたいな顔してますが、官僚の手先となって、そのファシズム性を露わにし出した野ダメ首相は消費税の増税も「法案が可決されてから国民に信を問う」などと『決まってしまえばこっちのモノ』と、どこまでも姑息・厚顔で、国民不在で無礼極まりない。そんなことを平気でノタマウ野ダメ首相、はっきり言って正気の沙汰とは思えません。

官僚の走狗、・・もとい、「走豚」となって、アメリカ様のご機嫌をうかがう太鼓持ちに徹しているようだ。TPP問題では、与野党、右から左まで「参加反対・阻止」の声を上げている。だけど、そんなものどこ吹く風。民主党内の慎重派の取り崩しに自信があるのか、最終判断は私がする、と独裁臭プンプンしています。

浅非新聞

環太平洋経済連携協定(TPP)への交渉参加に慎重な民主党議員や団体でつくる「TPPを考える国民会議」は5日、東京・JR有楽町駅前で街頭演説会を開き、拙速な参加表明への反対を訴えた。アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を前に、反対の世論を広げて推進派を牽制(けんせい)する作戦だ。

約25人の国会議員が参加したそうだ。なんだ?たった25人?というのが素直な感想。TPP反対署名数は200人とか何百人とか言ってなかったっけ?どうせ、権力のうまみを知った以上、権力から離れがたい、っていう連中が多いのではないのか?

「絶対阻止!ガンバロー」と、街頭演説のパフォーマンスね。そんなかったるいことやってないで、さっさと不信任を突きつけて、野ダメ政権をぶっ潰せよ。
国民との約束を、ことごとく反故にしてきたくせに。あんたらミンシュトウの政治屋が責任をとって、とっとと離党するなり、新党でも造ればどうなんだ。それがせめてもの罪滅ぼしだろう、と思いますな、ホンマ。

« TPP参加で危惧されるであろう諸問題のひとつ | トップページ | レイバーネットの原発御用大賞、候補者一覧 »

居酒屋政談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530410/53178072

この記事へのトラックバック一覧です: 野ダメ暴走モードに入る:

« TPP参加で危惧されるであろう諸問題のひとつ | トップページ | レイバーネットの原発御用大賞、候補者一覧 »